IT イット “それ”が見えたら、終わり。のレビュー・感想・評価

IT イット “それ”が見えたら、終わり。

劇場公開日 2017年11月3日
290件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

通過儀礼をモチーフにした青春ホラー

ホラー映画としての恐怖感もさることながら、青春映画としての完成度が高い。原作者スティーブン・キングの恐怖要素とジュブナイル小説の要素がバランスよく合わさった作品で、ホラーが苦手な人でも鑑賞可能なのではないか。

ルーザーズ・クラブ(負け犬クラブ)と銘打った少年たちのグループが街を恐怖に陥れる超常的な怪物、ペニー・ワイズに勇気を持って立ち向かい成長していく姿に恐怖よりも爽やかな感動が勝る。ペニー・ワイズは、どもりやぜん息など様々なコンプレックスを抱えた少年少女たちの、克服しなければならないものの象徴であり、通過儀礼をモチーフにしたホラー作品といえるだろう。

前回映像化されたのは1990年、作品上での設定同様27年後に公開されたというのもニクい演出だ。

ローチ
ローチさん / 2017年12月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

良くも悪くも今様のホラーということか

米国ではホラー映画として異例の大ヒットとのこと。元々欧米文化圏にピエロ恐怖症というものがあって、そうした部分を刺激する要素と、CGと派手な音響を駆使した盛り沢山な今どきの映像体験がうまく当たったということか。

気になったのは、ITの高すぎる特殊能力。相手の子供の怖がるモノに姿を変えるのは、まあありだ。心に直接働きかけて、相手に幻想を見させるのならそう難易度は高くない。だが、ある子にとって恐ろしい姿が、別の子にも見えるのはやりすぎ。魔法使いか悪魔みたいな存在になってしまう。

もともとS・キングの小説には想像力豊かに恐怖を描く魅力があるのだから、ばかでかい音で驚かせる凡庸な演出に頼ってほしくなかった。

ただ、ペニーワイズ役のビル・スカルスガルドの端正な顔立ちは凄みがあった。あと、眼球をぐるっと動かして斜視のようになるシーン、あれはCGじゃなくて自分で動かしているそう。なんという能力!

AuVis
AuVisさん / 2017年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:試写会
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

チャプター2早く

チャプター2の上映は1年以上先のようですね。早くみたいです。

ヒイロ
ヒイロさん / 2018年1月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まあ、要するにピエロと… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

スタンドバイミーなのね。
原作未読
思ってたより、青春ドラマですね、これ。
イケてない少年少女グループのひと夏の(ホラー)冒険ストーリーと言えば概要としては正しいだろうか。
少年たちのキャラクターもどこか懐かしさやこんなやついたかもみたいなのを感じさせる。
個人的にはベンの頑張りと報われなさそうなあの感じにグッときた
モチロン、”ソレ“は恐ろしく子供たちを誘惑・洗脳・強襲・拉致するのだが、思ってたよりはビックリしなかったし、巨大化して出て来るのはギャグのよう笑
少年少女ゆえの無鉄砲さでも勝ててしまうのもご愛嬌と言えば聞こえはいいが、おいおいみたいな気もする。
それぞれのトラウマや恐怖に姿を変えるというのも心の隙を作りたい感じか。
そこに途中までは頑張ってたけど、最後の実力行使感!笑
というか物理的にフルぼっこかよ!笑
みたいなツッコミもしたりしたので、そこまでの高評価ではないかな
アメリカのホラーの割にジワジワとくる感じだな。結局自己主張激しく出て来るけど笑
大人たちはまったくこの件に触れてこなかったが、実は知ってる人もいたりするのか?それとも演出的に大人は排除したほうが良かったか笑(大人介入したらとっちらかるからかな)

第2章は大人になってからだろうが、どのような展開へと向かうのか、ソレの正体はわかるのか?みたいな感じだろうか?

他の人のレビューも読んでから↓
ホラー要素と青春要素、どっちも中途半端と言われればそうかも。

テツ
テツさん / 2018年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白いけども

音響は大事。大事だが、音に頼りすぎの驚かせ方が多数。最近のホラー映画によく見られる演出。個人的には「う〜ん、ペニーワイズとか、スティーヴン・キングとか関係なしに、無条件で驚かしにくるなぁ」という感じ。ビル・スカルスガルドの演技は良い。『アトミック・ブロンド』で興味が出たため、そして他とは遅く近くの映画館で上映するため、観た。青春映画としてもホラー映画としてま決して悪くはない。

ショー
ショーさん / 2018年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ザ・少年少女の一夏

人に勧められて観ました。

遊園地のお化け屋敷のようなノリで楽しめました。
演出上、怖さ・不気味さ・グロさ・ハラハラ感はもちろんあるのですが、根底にあるテーマは少年たちの成長。
子供の頃毎年劇場で見た大長編ドラえもんのような後味でした。
ちょっと照れちゃうくらいベタな感じですね。ホラーの絵面はさておき、ストーリーは大衆向けだと思います。

たぴ子
たぴ子さん / 2018年1月12日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

人々の中に根付く"IT" ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作未観賞、監督の前作は観賞済。

基本ホラーを劇場で観ると(声を出してしまう、ビクッとしてしまうなど)リアクションしてしまうのが恥ずかしくて余程好きな作品・監督じゃないと観に行かないんだけれど、「『IT』はホラーだけではない現代社会の風刺作品で、スタンド・バイ・ミーに近いジュヴナイル作品になっている」と聞き、観よう観ようとは思っていたものの、ようやく観に行けた。

観終わった後、前評判で聞いた通り、ホラーなのにとても清々しい気持ちで劇場を出れた。

観終わってから調べて気付いたけど、「MAMA」の監督の作品なのね。
「MAMA」もホラーとしてのルックが良く、思い返してみると確かに今回の「IT」もその監督らしさも感じられる良い作品だった。
昨今80年代を舞台にした作品を多く見掛けるのは(「シング・ストリート」、「エブリバディ・ウォンツ・サム」など)それが現代の映し鏡として使い易いからなのかな?

今再び映像化された「IT」だけど、今見るとただ単に"恐怖を象徴する怪物とそれに立ち向かう子供達"ってだけじゃなく、ビルに対する吃音の差別や、ベンに対しての体型差別、マイクに対する人種差別、ベバリーに対しての女性差別=パワハラやモラハラ、セクハラ(一昨年のアカデミー賞授賞式までの事や、今年のme too運動などを見ると)などの"差別する者=差別意識"に対して立ち向かう、立ち向かう時が来たって言うメタファーに見えた。

子供だけが見えて大人には見えないって構図も、既に"差別意識"を当たり前として受け入れている今までの人を大人(過去の象徴)、その"差別意識"を変えようと立ち向かう人々を子供(未来の象徴)として描いている様に見える。

90年版のイットを観た後だとユダヤ人の子がいなくなってたり、27年の周期が30年になっていたりとちょこちょこ変わってる部分があるけれど、90年版と比較すると、大人になって解決される出来事や明かされる事実を大半描いているのが解る。

chapter2の公開も決まってるみたいだけど、ルーザーズクラブが大人になった時にペニーワイズが"どういう様に"見えて、ルーザーズクラブは"どういう風に"立ち向かうのか、今からとても楽しみ。

神社エール
神社エールさん / 2018年1月10日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  怖い 知的 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

注意!ピエロ恐怖症

スティーブン・キングの『 IT 』の映像化です。この一本の映画で描かれるのは、主人公たちの少年期までです。
前半はわざとらしい演出が気になりました。突然の効果音といかにもホラー映画的な劇伴が煩くしかもそのパターンの繰り返しです。うんざりしながら鑑賞していました。
しかし後半で印象が変わりました。最初にお化け屋敷のような廃屋に入ってからは、それまでやられっぱなしだった少年たちがペニーワイズに立ち向かう意思を見せ始めます。クライマックスでは一転攻勢に出た少年たちが、ペニーワイズをサンドバッグのようにボッコボコにする光景は気分が良かったです。悪霊を物理的にタコ殴りすることができるんですねぇ。
ペニーワイズの芸達者ぶりも観ていて楽しかったです。ホラー映画にノレないことが少なくないのですが、この映画の気味の悪い画は出色のできばえです。
作り手が真摯に少年たちを描いたドラマ性の高いホラー映画でした。

カーニバルの騎士™
カーニバルの騎士™さん / 2018年1月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

おー

ペニーワイズがビルだと思っても怖かった。
27年後が楽しみ

サウスK
サウスKさん / 2018年1月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私はピエロ恐怖症になりました。

フォロワーさんに薦められ、生まれて初めて劇場鑑賞したホラー映画。

だから、ダメだって言ったのよ。
私はホラーがイヤなのよ。
怖くないって言ったじゃん。
もう、嘘つきーー。

ホラー上級者なら…
〝ははーん、子供騙しね〟くらいにしか思えないかもしれないけど、
私は20回くらい鳥肌立った。
変な冷や汗もかいた。
息も苦しかった。

しかも135分って長くない?
日本のホラーみたいに、じんわり怖いならまだしも…
うわーー!!って、いきなり来て
でっかーい音までつけて脅かすから。
何度もシートから飛び上がりそうになった。

さすがアメリカ映画!って感じに派手派手な演出で、
…あーんなに可愛い子のお手手が〜
…部屋中、真っ赤で夥しい血で〜
オェーって激グロだったし、目眩もした。
これでもかーこれでもかーと私を怖がらせて来た。
お化け屋敷方式は心臓に悪い。
寿命が縮んじゃったかもしれない。

そして、そんな窮地に立たされながらも私は分析した。
私は何に鳥肌を立てているのか?
何が嫌なのか?と。…そして分かった!
犯人は〝お前だーーー!〟
そうです。鳥肌の原因はヤツ。
嫌いだから名前を書きたくないのですが…ペニー・ワイズ。
もともとピエロが苦手だったのに、完璧にピエロ恐怖症認定がくだりました。

ヤツに立ち向かう7人の子どもたちは一人ひとりのキャラが立っていて良かったし、かわいい。
ヤツに打ち勝つために必要なことも学んだ。
という成長ぶりに拍手。

最後は…ハテナ???
行方不明の子どもたちはどうしたの?という疑問が残ってモヤモヤしたけれど。

アメリカでは歴代のホラー&キング原作映画のオープニング興行収入記録を塗り替え、続編が作られるらしいですが…
私は劇場ではもう観られません。

余談ですが、英語の〝IT〟の意味を調べてみた…
〝人間でないもの〟とか、鬼ごっこなどの〝鬼〟って意味らしいです。

それにしてもヤツも怖いが、子どもたちの周りいる大人たちもかなり怖い。
人間って怖いです。

あらりん
あらりんさん / 2018年1月4日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

観て良かった

ホラー映画は苦手なのですが、
おもしろい と噂だったので観ました。

観た直後の感想としては、正直、怖かったです。
でも、少し日が経った今はもう一度観ようかな…とすら思うほどに、後味の良い、惹き込まれるような作品でした。

ホラー映画なので怖いのは当たり前ですが、それ以上にストーリーの面白さが病みつきになる映画です。

naaa
naaaさん / 2018年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界最恐のピエロ復活

異常な件数の子どもの行方不明事件が発生している1989年のアメリカ、メイン州デリーを舞台に7人の少年少女たちが各々のトラウマや家庭環境に悩みながらも結束し、諸悪の根源である「それ」へと立ち向かう姿を描いたピエロ映画の傑作である「IT」のリメイクにあたるジュブナイルホラー作品。

TVドラマ版「IT」から27年余りたった2017年、最新の映像技術によってペニーワイズが帰ってきた。
スティーブンキング原作の実写映画化作品として歴代No. 1のオープニング記録を始めとした数々のホラー映画の記録を乗り換える特大ヒットを博し、日本でも想像以上の興行収入を叩き出したらしい。

内容的にはかなり良かったと思う。
前作は189分という長尺で主人公たち「ルーザーズクラブ」の過去と現代でのペニーワイズとの対決を一気に描いていたが、今回は前後編?に分けたようで今作は少年時代を描いた内容だった。
個人的には前作の登場人物1人1人の過去のペニーワイズ恐怖体験をクドイぐらいに同じ構成で描く演出が好きだったが、今作の方が各々のキャラが際立っている印象を受けた。
主役のビルを演じる少年の吃音の演技?(演技でなかったらごめんなさい)ももし演技ならすごいなと思ったし、もちろん多くの方々同様にベバリーことソフィアリリスに釘付けでした笑。
あの雰囲気で15歳か。。もはや罪だろ笑。。

んでやはり注目されるはITと呼ばれるペニーワイズ。
ペニーワイズ本人?笑自体は悪くなかったと思う。あの気味の悪い甲高い声とか何しでかすかわからない間の取り方とか不気味さを体現してたと思うけどやっぱり気になるのがその演出。
時代もあるかと思うが前作は映像の質の荒さや全体的に溢れる薄暗い雰囲気とかも相まって単純にペニーワイズが登場したときの画が怖かった。
今作はやっぱり音でビビらす演出が過多。
それと今回R指定にしててちょいグロ演出がちょっぴりあったが、個人的には今作はペニーワイズが子どもを攫った後に何をしてるのかがわからなかったから怖いと感じるとこがあった。
だから冒頭の排水溝からのペニーワイズシーンでジョージーの腕喰い千切るシーンとかで割と早々に冷めた笑。いやわかってんだけどそこはいんだよ描かなくて笑。攫われてくジョージーの絶望の声とかだけで充分だよ笑。

あとはラスト手前!下水管まで追い詰められていよいよ決戦感溢れるあの感じ!
まさかの!まさかの!ペニーワイズを7人でリンチ!笑
長回しで殴られる蹴られる叩かれる無残なペニーワイズ!笑
ホラー映画のラストにしてはあまりにも肉弾的!正直爆笑した!笑
このラストを称して皆さん口々にオヤジ狩りと称される!正直大爆笑した!笑

と文句言いつつも全体的に溢れるスタンドバイミーチックな友情物語やベバリーを女の子として意識しちゃう野郎どものソワソワした感じとか青春要素はかなり良かった。
あとソフィアリリスが続編の大人になったベバリーをジェシカチャスティンにやってもらいたいと発言したことから始まったキャスト予想遊びが面白い笑。
クリプラにジェイクギレンホールにクリスチャンベールにジョセフ・ゴードン=レヴィットなどなどMCUも真っ青の豪華俳優陣笑。
是非とも半分くらいは採用していただきたい笑。

とにもかくにも続編次第な作品。
果たしてかの伝説のクソエンドが復活してしまうのか笑。。

オレ
オレさん / 2018年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これはジュブナイル要素を含んだれっきとしたホラー映画

遅蒔きながら鑑賞しました。
いやーホラー映画じゃないとか全然怖くないとかレビューあったので気楽に観ていたら、、、ふつーに怖かった(笑)
ホラー映画はけっこー観てて呪怨とか貞子とかは怖くな過ぎて途中で寝ちゃうくらいでしたが、
本作品は(人形やピエロ嫌いっていう個人的な視点を抜いても) ホラー映画として楽しめました。

ストーリーは至ってシンプルなもの。見る人によってその姿を変える「それ」は、ハリーポッターで出てきた「ボガート」に似てる能力を持っていて、加えてけっこー能力高くて、実際対峙したら泣いちゃいますよねあれ。
子供たちのブレイブハートっぷりが素晴らしすぎて感銘受けました。

自分は本作はれっきとしたホラー映画で、ジュブナイル要素はあくまでサブテイストとして盛り込まれているだけだと解釈します。
アメリカ本国でヒットしてるのめっちゃわかるわー、というか日本でもっと評価されてもいいのでは?
映画の演出も全体的に好きな感じではありましたが、確かにびっくりさせる系が多すぎたのでこちらは次作に工夫と進歩を期待

みっく
みっくさん / 2018年1月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

忠実何だと思う

2本目。
そういや観てなかった。
怖いの苦手だし、上映時間長いしと思い避けてたんだけどね。
まあ怖いちゃ怖いんだけど、長いから慣れててきて、ちょっとだれてしまったかな。
原作未読だけど、多分忠実何だと思う。
アメリカ映画で好きなのは子供にもあんなセリフ言わせてしまう事。
俺は好き。
あそこまで言った記憶はないけど、子供って覚えちゃうからね。
でも一夏の思い出って思いながら観ると、意図は変わってしまうけど羨ましい。

ひで
ひでさん / 2018年1月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これぞ子供時代!!

探求、無駄口と友情、いじめ、初恋等これぞ子供時代!!と言う感じですが、長尺の割にどの要素も薄味に感じました。男の子が多すぎる印象で、親友グループと言うよりは「班」に見えたので、4人くらいで良かったのではと思います。決戦で何もしなかった子もいたと思います。女の子は一人だけ大人びていました。ピエロは自撮り好きな感じで、とにかく構って欲しいオーラが出まくっていましたが、まさか物理攻撃が利くとは思いませんでした。ピエロの出現により、何人かの子供は自身の壁となる大人を打ち破っていくという展開は良かったです。

アンジェロ
アンジェロさん / 2017年12月31日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 怖い 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

昭和的。

スティーブン・キングの原作が出版されたとき、読もうかと思ったことを覚えている。キングの集大成めいた気がしたのだ。
その後ドラマになったが観る機会はなかった。

アンドレス・ムシェッティ監督は、おそらく原作のムードを維持しつつ、サスペンス演出を高めている。ホラー色が薄まって見やすくなっている。

各エピソードはまことにキングらしくて、子どもが恐れているものにつけこむペニーワイズのやり口、子どもたちが遭遇する幻視のイメージなど、日本のたとえはどうかと思うが昭和的である。

本作を観るかどうかきわどい状況だったのだが、観てよかった。これで原作を読むのが楽しみになった。

mg599
mg599さん / 2017年12月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ドッキリ映像

ホラーはあまり観ないジャンルですけどフリーパスもらったので観てきました!

登場人物のキャラがしっかりしてて意外に面白かったです!

ドキッとするシーンが多くてびっくりした回数も結構ありました(^^;

行方不明の子供の話でしたが続編にどう繋げるのか楽しみです^ ^

heran
heranさん / 2017年12月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょうどいい

怖いけど、怖がらせるだけの内容では無くてちょうどいい。
子供達の友情物語でもある。

ペニーワイズが、襲って来る時にぶるぶるするのは笑ってしまった。怖さが半減。

不気味さはテレビ版のペニーワイズの方があるなと思った。

ポン酢
ポン酢さん / 2017年12月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

恐怖の根源

「それ」は、ひとりひとりが抱えるトラウマの姿を帯にびて現れる。
「それ」は、相手がひとりのときに現れる。
恐怖の根源は常に自己の内部にあり、きっとそれは限りなく孤独に近い。

全体的な恐怖のシンボルは、おどけた踊るピエロと子供たちの歌声や笑い声。楽しいはずのものがぐるりと反転して恐怖に変わるところに、人はより一層の恐怖を見出すのかもしれません。

作中では、イジメや差別、虐待などの痛々しいリアルが描写されます。現実の恐怖と幻想の恐怖とが交錯し、人間の残酷さを印象づけようとしているようにも感じました。

そしてホラー以外の大きな要素である、「負け犬」仲間に芽生える爽やかで甘酸っぱい友情。最高に青春でした。登場人物は多かったものの、各々のキャラクターの個性がハッキリと描かれていたため、混乱せずに見ることができました。
ビルとジョージーの兄弟愛には、思わず涙します。

細かな伏線回収も全体に施されていて、目が離せません!

出会いと別れの季節、9月。河原でのエンド。ホラー映画らしからぬ後味の良い終わり方で、素敵でした。

デリーの他の事件との関連など、まだまだ解明されていない謎が多くあるため、第2章に期待します。

最後に、ホラー映画における音響の効果の大きさを思い知らされました。音に感情を誘導されているといっても過言ではないくらい!

Hitomi
Hitomiさん / 2017年12月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

うーん

怖かったけど、ピエロがありえなすぎてちょっと怖さが半減。もう少しリアリティーだったら最高でした!!

りーた
りーたさん / 2017年12月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

290件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi