たかが世界の終わり
ホーム > 作品情報 > 映画「たかが世界の終わり」
メニュー

たかが世界の終わり

劇場公開日

解説

「Mommy マミー」「わたしはロランス」などで高い評価を受けるカナダの若手監督グザビエ・ドランが、「エディット・ピアフ 愛の讃歌」のマリオン・コティヤール、「アデル、ブルーは熱い色」のレア・セドゥー、「ハンニバル・ライジング」のギャスパー・ウリエルらフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ。劇作家ジャン=リュック・ラガルスの舞台劇「まさに世界の終わり」を原作に、自分の死期が近いことを伝えるため12年ぶりに帰郷した若手作家の苦悩と家族の葛藤や愛を描き、第69回カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた。若手作家のルイは自分がもうすぐ死ぬことを知らせるため、長らく疎遠にしていた母や兄夫婦、妹が暮らす故郷へ帰ってくる。しかし家族と他愛のない会話を交わすうちに、告白するタイミングを失ってしまい……。

作品データ

原題 Juste la fin du monde
製作年 2016年
製作国 カナダ・フランス合作
配給 ギャガ
上映時間 99分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ グザビエ・ドラン
出品
コンペティション部門
出品作品 グザビエ・ドラン

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

この地球という「家」とともに、われわれはどこに行こうとしているのか?
たかが世界の終わりの映画評論・批評

映画の冒頭、暗闇の中で走行音らしきものがじわじわと聞こえてくる。それが大きくなるとともに画面も明るさを増し、ノイズの中から穏やかなピアノの音が聞こえてくる。そしてようやくそこが飛行機内だと分かる。それまでどれくらいの時間が経っただろう...たかが世界の終わりの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全89件)
  • グザヴィエ・ドラン、今回の挑戦は……。 上映中、緊張を強いる作品。 それはスクリーンに映るものを一分たりと見逃すまいと 神経を研ぎ澄ます緊張ではなくて、 発せられる或いは発せられない言葉による緊張。 作品ごとに、あざとい画面をぬけぬけ... ...続きを読む

    るり るりさん  2017年5月13日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 首筋の汗。 首筋の汗も家の中の空気も4人の会話もじっとりしてて、苦しかった。 余計な人物が一切出てこない。4人だけ。 一人一人がしっかり丁寧に描かれているから飽きなかったしそれぞれに感情移入できた。 邦題も... ...続きを読む

    masupan masupanさん  2017年5月11日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 家という閉じられた空間のなか、 会話のやり取りだけで状況が変わって... 家という閉じられた空間のなか、 会話のやり取りだけで状況が変わっていく。 誰かの一言に一言が重なり、 場の雰囲気が変わっていく。 会話というものへの理解力、 観察力に圧倒された。 母の息子への思... ...続きを読む

    ka-nya ka-nyaさん  2017年5月9日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「たかが世界の終わり」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi