たかが世界の終わり : 映画評論・批評

たかが世界の終わり

劇場公開日 2017年2月11日
2017年2月7日更新 2017年2月11日より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほかにてロードショー

この地球という「家」とともに、われわれはどこに行こうとしているのか?

映画の冒頭、暗闇の中で走行音らしきものがじわじわと聞こえてくる。それが大きくなるとともに画面も明るさを増し、ノイズの中から穏やかなピアノの音が聞こえてくる。そしてようやくそこが飛行機内だと分かる。それまでどれくらいの時間が経っただろうか。30秒くらい? あるいは1分? そのほんの少しの間が、果てしなく長く感じる。その不安と期待。私はどこにいるのだろう、どこに向かっているのだろう。そんな揺れる思いが、映画の始まりを決定づける。ああ、こんな映画の始まりの感覚を味わわせてくれる映画は1年に何本あるだろう。主人公の旅に、私たちも確実に付き合うのだ。その緊張感に、身体が静かに震える。いや、飛行機の振動に体が反応しているのか?

画像1

主人公は家に戻るところである。12年ぶりに戻るのだと、ナレーションが語る。もうすぐ死ぬのだという。お別れの帰郷である。だが彼を待つ家族はそんな感傷をあっという間に吹き飛ばす。いったいどんな暮らしを彼らはしているのだろう。普通では考えられない言い争いの数々。むちゃくちゃである。しかし彼らはそうやってもう何年も共に暮らして来たのだ。争いだらけ。どうして彼らはそこに一緒に暮らすのか、主人公の兄夫婦もどうして離婚しないのか、映画を最後まで見ても誰も説明できないだろう。そこに家があるからだとしか答えることはできない。

しかし画面に映るのは、主人公と家族の顔ばかりである。いやもちろん顔以外のショットがないわけではないのだが、罵り合う彼らの言葉とはこの顔なのだと言わんばかり。そしてそれを静かに聴き続ける主人公の微笑み。家という枠の中に顔が溢れている。それをみる映画館という枠の中にも顔が溢れている。さらに枠を広げると地球という枠の中にも顔が溢れている。そこからは誰も出ていくことができない。死ぬことでしか。いや死んでも出て行けないかもしれない。この地球という「家」とともに、われわれはどこに行こうとしているのか? 冒頭の飛行機シーンの期待と不安と緊張が、映画を観終わった後、再び静かに身体を震わせた。

樋口泰人

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全89件)
  • グザヴィエ・ドラン、今回の挑戦は……。 上映中、緊張を強いる作品。 それはスクリーンに映るものを一分たりと見逃すまいと 神経を研ぎ澄ます緊張ではなくて、 発せられる或いは発せられない言葉による緊張。 作品ごとに、あざとい画面をぬけぬ... ...続きを読む

    るり るりさん  2017年5月13日 14:52  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 首筋の汗。 首筋の汗も家の中の空気も4人の会話もじっとりしてて、苦しかった。 余計な人物が一切出てこない。4人だけ。 一人一人がしっかり丁寧に描かれているから飽きなかったしそれぞれに感情移入できた。 邦題... ...続きを読む

    masupan masupanさん  2017年5月11日 09:53  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 家という閉じられた空間のなか、 会話のやり取りだけで状況が変わって... 家という閉じられた空間のなか、 会話のやり取りだけで状況が変わっていく。 誰かの一言に一言が重なり、 場の雰囲気が変わっていく。 会話というものへの理解力、 観察力に圧倒された。 母の息子への... ...続きを読む

    ka-nya ka-nyaさん  2017年5月9日 11:31  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • LOGAN ローガン LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマン 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi