グザビエ・ドラン

ホーム > 俳優・監督 > グザビエ・ドラン
メニュー

グザビエ・ドラン

グザビエ・ドラン
英語表記: Xavier Dolan
誕生日: 1989年3月20日
出身: カナダ/ケベック州
Twitter
グザビエ・ドラン グザビエ・ドラン グザビエ・ドラン グザビエ・ドラン
グザビエ・ドランの写真・画像グザビエ・ドランの写真・画像をもっと見る

カナダ・ケベック州出身。6歳の頃から子役として映画やTVドラマに出演。19歳で完成させた監督デビュー作「マイ・マザー」(2009)が、第62回カンヌ国際映画祭の監督週間に出品され、若者の視点賞、C.I.C.A.E.賞、監督週間のSACD賞を受賞。続く「胸騒ぎの恋人」(10)、「わたしはロランス」(12)もカンヌ国際映画祭のある視点部門に出品され、前者で再び若者の視点賞を受賞、後者では主演女優のスザヌ・クレマンに最優秀女優賞をもたらし、カナダの俊英として脚光を浴びる。前3作は自身のオリジナル脚本だったが、監督4作目「トム・アット・ザ・ファーム」(13)ではミシェル・マルク・ブシャールの同名戯曲を映画化し、第70回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門で国際批評家連盟賞を受賞。続く「Mommy マミー」(14)は第67回カンヌ国際映画祭のコンペ部門で、ジャン=リュック・ゴダール監督の「さらば、愛の言葉よ」とともに審査員特別賞に輝いた。「わたしはロランス」以外の監督作で自ら主演しているが、シャルル・ビナメ監督の「エレファント・ソング」(14)でも主演を務めた。監督6作目「The Death and Life of John F. Donovan(原題)」で女優ジェシカ・チャステインを主演に迎え、初の英語作品に挑戦する。

作品

たかが世界の終わりたかが世界の終わり

2017年2月11日公開予定
評価 -
監督/製作/脚本

神のゆらぎ神のゆらぎ

2016年公開
評価 3.73.7
出演

エレファント・ソングエレファント・ソング

2015年公開
評価 3.43.4
出演

Mommy マミーMommy マミー

2015年公開
評価 3.93.9
監督/製作/脚本/衣装/編集
監督/製作/脚本/編集/出演

胸騒ぎの恋人胸騒ぎの恋人

2014年公開
評価 3.63.6
監督/製作/脚本/編集/出演
グザビエ・ドランの作品グザビエ・ドランの作品をもっと見る

受賞歴

第69回 カンヌ国際映画祭(2016年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ たかが世界の終わり
出品
コンペティション部門
出品作品 たかが世界の終わり

第67回 カンヌ国際映画祭(2014年)

受賞
コンペティション部門
審査員賞 Mommy マミー
出品
コンペティション部門
出品作品 Mommy マミー

第65回 カンヌ国際映画祭(2012年)

出品
ある視点部門
出品作品 わたしはロランス

第63回 カンヌ国際映画祭(2010年)

出品
ある視点部門
出品作品 胸騒ぎの恋人

関連記事

ニュース

特集

映画評論

  • エレファント・ソング : 映画評論・批評 グザビエ・ドランが、役に自分自身を重ね出演を熱望した。失踪した精神科医ローレンスの行方をめぐり、彼の患者であるマイケルと病院長グリーンが心理戦を繰り広げる戯曲の映画化作品にそ... 続きを読む
  • Mommy マミー : 映画評論・批評 グザビエ・ドラン作品に共通するテーマは、“変容を強いられる人間の苦悩”なのではないだろうか。しかし、各々アプローチが異なる点が秀逸で、母親とゲイの息子が行き着く共闘(「マイ・... 続きを読む

コラム

グザビエ・ドランの関連記事グザビエ・ドランの関連記事をもっと見る

他のユーザーは「グザビエ・ドラン」以外にこんな人をCheck-inしています。

  • グザビエ・ドラン
  • グザビエ・ドランの作品
  • グザビエ・ドランの受賞歴
  • グザビエ・ドランの写真・画像
  • グザビエ・ドランの動画
  • グザビエ・ドランの関連記事
  • グザビエ・ドランのDVD
  • グザビエ・ドランのWikipedia
  • グザビエ・ドランの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi