マリオン・コティヤール

ホーム > 俳優・監督 > マリオン・コティヤール
メニュー

マリオン・コティヤール

マリオン・コティヤール
英語表記: Marion Cotillard
誕生日: 1975年9月30日
出身: フランス/パリ
マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール
マリオン・コティヤールの写真・画像マリオン・コティヤールの写真・画像をもっと見る

両親ともに舞台役者で、幼い頃から父の舞台に立つ。オルレアン国立高等演劇学校で演技を学び、10代で映画デビューを果たす。リュック・ベッソン製作「TAXi」(98)で注目を浴び、続編2作などのフランス映画に出演。03年、ティム・バートン監督作「ビッグ・フィッシュ」でアメリカに進出し、リドリー・スコットの「プロヴァンスの贈り物」を経て、オリビエ・ダアン監督「エディット・ピアフ 愛の賛歌」(07)でアカデミー主演女優賞など数多くの賞を受賞。その後も「パブリック・エネミーズ」「NINE」(09)、「インセプション」(10)などハリウッドの話題作への出演が続く。

作品

アサシン クリードアサシン クリード

2017年3月3日公開予定
評価 -
出演

たかが世界の終わりたかが世界の終わり

2017年2月11日公開予定
評価 -
出演

マリアンヌマリアンヌ

2017年2月10日公開予定
評価 -
出演

マクベスマクベス

2016年公開
評価 2.92.9
出演
声の出演

サンドラの週末サンドラの週末

2015年公開
評価 3.33.3
出演
マリオン・コティヤールの作品マリオン・コティヤールの作品をもっと見る

関連記事

ニュース

特集

インタビュー

映画評論

  • サンドラの週末 : 映画評論・批評 監督のダルデンヌ兄弟がリストラされる女性を主人公に選んだのは、「ロゼッタ」に続いて二度目。だが、解雇通告に対する両ヒロインの反応は対照的だ。「ロゼッタ」の主人公は、暴れて抗議... 続きを読む
  • ディオールと私 : 映画評論・批評 今、ハリウッドで最も勢いがあるファッション・ブランドと言えば、クリスチャン・ディオール。シャーリーズ・セロン、ナタリー・ポートマン、マリオン・コティヤール、ジェニファー・ロー... 続きを読む

コラム

マリオン・コティヤールの関連記事マリオン・コティヤールの関連記事をもっと見る
  • マリオン・コティヤール
  • マリオン・コティヤールの作品
  • マリオン・コティヤールの受賞歴
  • マリオン・コティヤールの写真・画像
  • マリオン・コティヤールの動画
  • マリオン・コティヤールの関連記事
  • マリオン・コティヤールのDVD
  • マリオン・コティヤールのWikipedia
  • マリオン・コティヤールの密着
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す
Jobnavi