火の山のマリア
ホーム > 作品情報 > 映画「火の山のマリア」
メニュー

火の山のマリア

劇場公開日

解説

過酷な境遇に置かれながらも力強く生きるマヤ族の女性の姿を通し、グアテマラが抱える様々な社会問題を浮かび上がらせたヒューマンドラマ。グアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテ監督が長編初メガホンをとり、2015年ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞、さらにグアテマラ映画として初めて米アカデミー賞の外国語映画賞にエントリーも果たした。農業を営む貧しい両親のもとに生まれ育った17歳のマヤ族の少女マリア。作物を収穫できなければ借地を追い出されてしまうため、両親は地主のイグナシオにマリアを嫁がせようとしていたが、彼女はコーヒー農園で働く青年ペペに惹かれていた。その頃、農場は蛇の被害に悩まされており、農薬も効かず困り果てていた。やがて、マリアがペペの子どもを身ごもっていることが発覚する。

作品データ

原題 Ixcanul
製作年 2015年
製作国 グアテマラ・フランス合作
配給 エスパース・サロウ
上映時間 93分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第65回 ベルリン国際映画祭(2015年)

受賞
アルフレッド・バウアー賞(銀熊賞) ハイロ・ブスタマンテ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

遠くグアテマラの高地で生きる母娘の姿が、根源的な命題をはらんで間近に迫る
火の山のマリアの映画評論・批評

グアテマラ映画としては日本初上映となる「火の山のマリア」。本編と資料から、活火山を含むグアテマラ高地に先住民のマヤ族が風習を守って暮らしていること、その多くが公用語のスペイン語を話さずメスティーソ(先住民と欧州系の混血)との格差がある...火の山のマリアの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.4 3.4 (全7件)
  • マリアはどうなるんだろう グアテマラという国のことを知らなくても、娯楽作品として楽しめる。でも観終わった後で、いろいろな疑問が湧いてくる。主人公の気持ちになって、思い出して腹の立つシーンもあるのだった。 ...続きを読む

    むむみ むむみさん  2016年6月27日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 色々な?¿ 両親は多分、字が読めない。 彼らの言葉はスペイン語ではなく、外の人とは話ができない。 水道なし、電気なし、学校は? 性教育もヒト、ブタなどの実地教育? 彼女は連れて行って、と言ったがその意味は何... ...続きを読む

    Momoko Momokoさん  2016年6月21日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 他人ごとであり、また、他人ごとでない 無知であることがどれほど不利益を生むのか、 また、一見「頼りがいのある」実は「ならず者」を のさばらせることになるのか、 これを観て、痛いほどよくわかった。 個人レベルでも、社会レベルでも、 そ... ...続きを読む

    bomb1978 bomb1978さん  2016年3月21日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

火の山のマリア 火の山のマリア 火の山のマリア 火の山のマリア
火の山のマリア 火の山のマリア 火の山のマリア 火の山のマリア
2016年9月3日 2016年9月2日 2016年9月2日 2016年9月2日
¥540 ¥540 ¥500 ¥500
DMM.com GYAO!ストア U-NEXT ビデオマーケット
※600円分無料 ※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「火の山のマリア」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi