サウルの息子
ホーム > 作品情報 > 映画「サウルの息子」
メニュー

サウルの息子

劇場公開日

解説

2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。ハンガリーの名匠タル・ベーラに師事したネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作。

作品データ

原題 Saul fia
製作年 2015年
製作国 ハンガリー
配給 ファインフィルムズ
上映時間 107分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

受賞
外国語映画賞  

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

受賞
最優秀外国語映画賞  

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞
コンペティション部門
グランプリ ラズロ・ネメス
出品
コンペティション部門
出品作品 ラズロ・ネメス

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

歴史の1ページに収まりかけた事実と人人人の息づかいを“現在”のこととして体感させる
サウルの息子の映画評論・批評

年明けに飛び込んだヴィルモス・ジグモンドの訃報。「ロング・グッドバイ」「未知との遭遇」「ディア・ハンター」とアメリカン・ニューシネマを支えた撮影監督は、祖国の動乱をフィルムに収めアメリカに渡ったハンガリー人だった。そのハンガリーから世...サウルの息子の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.5 3.5 (全95件)
  • いつまでも語り継がれるべき衝撃作 あらゆる瞬間に息が詰まりそうになる。特に冒頭から延々と続く長回しで、人々がガス室へと送られていく様子、感情を枯らした人間がその手で無慈悲に扉を閉める無駄のない流れ作業は、本当にこの世の地獄と呼ぶ... ...続きを読む

    ぐうたら ぐうたらさん  2016年12月31日  評価:5.0
    このレビューに共感した/1
  • 雰囲気はいい 雰囲気はいいと思うけど、視点のせいでとにかくわかりにくい。 ...続きを読む

    素子 素子さん  2017年8月22日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • オジサマの顔と後ろ姿ばかりが映っている ゲームで言う三人称視点。 それを筆頭に、技巧的な描写のオンパレード。 没入感がすごい!とはいいますが、 どうしたって、全体的にわかりづらいでしょう。 話の内容も合わなかった。 極限状況の中ではあ... ...続きを読む

    もりり もりりさん  2017年7月15日  評価:2.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

DVD・ブルーレイ

サウルの息子[Blu-ray/ブルーレイ] サウルの息子[DVD]
サウルの息子[Blu-ray/ブルーレイ] サウルの息子[DVD]
発売日:2016年8月2日 最安価格: ¥3,581 発売日:2016年8月2日 最安価格: ¥3,254
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

サウルの息子 サウルの息子 サウルの息子 サウルの息子
サウルの息子 サウルの息子 サウルの息子 サウルの息子
2016年7月3日 2016年12月6日 2016年8月1日 2016年8月1日
¥300 ¥300 ¥300 ¥432
Amazonビデオ Google Play dTV ビデオマーケット
ポイント制

他のユーザーは「サウルの息子」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi