キャロル
ホーム > 作品情報 > 映画「キャロル」
メニュー

キャロル

劇場公開日 2016年2月11日

解説

「ブルージャスミン」のケイト・ブランシェットと「ドラゴン・タトゥーの女」のルーニー・マーラが共演し、1950年代ニューヨークを舞台に女同士の美しい恋を描いた恋愛ドラマ。「太陽がいっぱい」などで知られるアメリカの女性作家パトリシア・ハイスミスが52年に発表したベストセラー小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」を、「エデンより彼方に」のトッド・ヘインズ監督が映画化した。52年、冬。ジャーナリストを夢見てマンハッタンにやって来たテレーズは、クリスマスシーズンのデパートで玩具販売員のアルバイトをしていた。彼女にはリチャードという恋人がいたが、なかなか結婚に踏み切れずにいる。ある日テレーズは、デパートに娘へのプレゼントを探しに来たエレガントでミステリアスな女性キャロルにひと目で心を奪われてしまう。それ以来、2人は会うようになり、テレーズはキャロルが夫と離婚訴訟中であることを知る。生まれて初めて本当の恋をしていると実感するテレーズは、キャロルから車での小旅行に誘われ、ともに旅立つが……。テレーズ役のマーラが第68回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。

作品データ

原題 Carol
製作年 2015年
製作国 アメリカ
配給 ファントム・フィルム
上映時間 118分
映倫区分 PG12
オフィシャルサイト  

受賞歴

第88回 アカデミー賞(2016年)

第73回 ゴールデングローブ賞(2016年)

ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演女優賞(ドラマ) ケイト・ブランシェット
最優秀主演女優賞(ドラマ) ルーニー・マーラ
最優秀監督賞 トッド・ヘインズ
最優秀作曲賞 カーター・バーウェル

第68回 カンヌ国際映画祭(2015年)

受賞
コンペティション部門
女優賞 ルーニー・マーラ
出品
コンペティション部門
出品作品 トッド・ヘインズ

特集

映画ファン、評論家たちも素晴らしすぎてため息 アカデミー賞をにぎわせる超・話題作──60年以上封印されていた愛の名作、ついに解禁!
特集

ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラがそれぞれアカデミー賞主演女優賞、助演女優賞にノミネートされた話題作「キャロル」が、2月11日に公開される。「太陽がいっぱい」で知られるミステリー作家パトリシア・ハイスミスが1952年に出版し1...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

眼差しや控えめな身のこなしに秘められた、ふつふつとした思い
キャロルの映画評論・批評

トッド・ヘインズの作品はしばしば、外観と中身のギャップというか、上辺からは想像もつかない、その奥で静かに進行しているドラマを描いている。平凡な郊外の主婦が薬に溺れ神経を病んでいく「SAFE」(1995)、華やかなロック・ミュージシャン...キャロルの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全147件)
  • 普遍的な愛のスタンダードは、悲しいから美しい。 ネタバレ! 美しく切なく悲しくも神々しい。「キャロル」はそんな映画だ。美しいからと言って求め合う二人の愛のエネルギーや、悲しみの深さや、痛みの切実さが美しく偽られているかいうとそんなことは全くない。出会う瞬... ...続きを読む

    vintage1983 vintage1983さん  2016年5月30日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 40代半ばの子持ち既婚者が若くてNoと言えない女の子を引っ掻けて旅するお話 同性愛という要素を取り払えば「40代半ばの子持ち既婚者が若い女を引っ掻けて旅するお話。」いい大人なのにまるで責任感のない行動。不倫を純愛だって言われてもなぁ。個人的には合いませんでした。 映像は... ...続きを読む

    アキ爺 アキ爺さん  2016年5月29日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 愛とは? ただ好きになった。人が同姓だった。 それだけの映画です ただそれだけがすごく難しくて、切なくて美しい。 誰にでも起こりうることなのではないでしょうか。心から好きになってしまったら、そこには性別な... ...続きを読む

    りえいな りえいなさん  2016年5月23日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「キャロル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi