マヤ族少女の不遇と力強い生き方描くグアテマラ映画「火の山のマリア」監督に聞く : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2016年2月12日 > マヤ族少女の不遇と力強い生き方描くグアテマラ映画「火の山のマリア」監督に聞く
メニュー

マヤ族少女の不遇と力強い生き方描くグアテマラ映画「火の山のマリア」監督に聞く

2016年2月12日 17:00

ハイロ・ブスタマンテ監督「火の山のマリア」

ハイロ・ブスタマンテ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2015年ベルリン映画祭銀熊賞受賞作で、日本初上映となるグアテマラ映画「火の山のマリア」が2月13日公開する。実話を基に、過酷な境遇に置かれながらも力強く生きるマヤ族の少女マリアの姿を通し、グアテマラが抱える社会問題を浮かび上がらせたドラマだ。ほとんど演技経験のないキャストを起用し、電気も水もない火山地帯で撮影した。来日したハイロ・ブスタマンテ監督が、作品に込めた思いと完成までの道のりを語った。

貧しいマヤ族の夫婦の一人娘マリアは17歳。作物を収穫できなければ借地を追い出されてしまうため、両親は娘を地主の息子に嫁がせようとするが、マリアはコーヒー農園で働き、米国への移住を計画する青年ペペに惹かれる。やがて、マリアがペペの子どもを身ごもっていることが発覚する。

ブスタマンテ監督の長編第1作だが、過去に発表してきた短編作品でも自身のルーツを描き、そこには共通する主題がある。「私は、自分のルーツを持つ場所を題材とした作品を作り、いつも人間の愚かさをテーマにしています。映画は表現の窓口なので、持たない人に声を与えることも映画の役割だと思うからです。先住民族の置かれている状況を描くことがこの映画の核で、政治、社会的な批判を行っています。今回、マリアが受けている3つの差別を描きました。ひとつはマヤであること、もうひとつは女性であること、そして貧困という苦しみです」

本作はもともと計画されたものではなく、実在する女性の話にインスパイアされたことが製作のきっかけとなった。構想から資金集め、演技経験のなかった俳優陣のためのワークショップ開催などに4年以上を費やし、劣悪な環境の中、6週間で撮り上げた。「彼女の話を聞いた時に、どうしても伝えなくてはならないという責任を感じたのです。撮影は、電気もなく、水もなく活動中の火山がすぐそばにある場所。資金もありませんでしたが、すぐに(製作側から)許可が下りました。やはりそれは、物語に力があったからだと思います」

現在のグアテマラにおいて、マヤの人々が置かれている立場について問うと「グアテマラには植民地化のひどい歴史と大きな格差があります。マヤの人たちは社会の大多数を占めています。白人との混血であるメスチソの人々は少数ですが、権力を持ってきました。その例として、マヤの人々がどれだけ差別をされているか、それを表す一番侮辱的な言葉が『インディオ』です。今でもマヤの人々は最下層に置かれています」と説明する。


画像2

(C)LA CASA DE PRODUCCION y TU VAS VOIR-2015
[拡大画像]

そして、「スペインからの独立運動を進めたのは、メスチソが中心で、彼らの政治的な思想に基づいた運動が行われました。マヤの人々は、選挙の票集めのためだけに、利用されてきました。また、近年の内戦は、アメリカの経済的な利益のために起きたものです。そこでも、マヤの人の声は無視されてきました。メスチソのマヤの人に対する上位意識、グアテマラ社会にははっきりとした人種差別があり、その価値観はなかなか変わるものではありません。私たちは、少しずつマヤの人々にも表現してもらおうとしていますが、非常に難しいという状況です」と自国の差別の構造を嘆く。

同国の映画業界については、雇用が守られるような産業は存在せず、グアテマラの映画製作者はすべてインディペンデントだそう。富裕層の住む大都市だけに映画館があり、国の大部分に映画館は存在しない。「映画館で上映されるのはハリウッドの作品で、グアテマラの配給会社というのは自分たちで、上映作品を決められません。アメリカから送られてくる作品を上映するサービスを行っているだけなのです」

本作は劇場公開され、本国でも大成功を収めた。「6週間のロングランです。外国のメディアと、国際映画祭の影響が大きく、公開前に、この作品はグアテマラの誇りのような扱いをされていました。映画館に足を運べる人はメスチソです。この映画にはメスチソを批判する意味が含まれますが、今まで彼らが見ないふりをしてきたことを認めなければならなくなった。それが、私にとって重要なのです。また、非常に興味深いことは、メスチソたちがグアテマラ映画を見て、字幕を読むことになったのです。これまで、この国のものはすべて自分たちのために優遇されているという生活を送っていた彼らが、初めて苦労しなくてはいけない経験となったのです」と誇らしげに語った。ブスタマンテ監督は現在、映画館に行くことのできないマヤの人々に映画を届けるために、古いバスを改装して作品を上映するプロジェクトを進めている。

火の山のマリア」は2月13日岩波ホールほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

火の山のマリア[DVD] 火の山のマリア[DVD]最安値: ¥3,201
Powered by 価格.com

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi