デスノート Light up the NEW worldのレビュー・感想・評価 (10)

デスノート Light up the NEW world

劇場公開日 2016年10月29日
300件中、181~200件目を表示 映画レビューを書く

人間って面白いだろ?

つまらんわ

お金欲しさに
人が作った最高の食材で
最低な料理を作ってしまった

エンディング後の
あるシーンでは思わず
苦笑してしまった

映写機おじさん
映写機おじさんさん / 2016年11月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

無能な竜崎、謎に凄腕な紫苑 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「デスノート」見てまいりました。一作目は最高にエキサイティングな作品だと思いますけど、二作目とLのスピンオフはイマイチだった記憶があります。今作はそんなデスノートシリーズでも一番の駄作な気がしました…。

まず作り手の方々は、デスノートがどういうもので、どうして人気があるのかを理解していないんだと感じました。その理由がこれから述べる今作の欠点の数々です。

これは今作の致命的な部分だと思うんですけど、キラとエル、キラと東出の直接対決がほとんどないんですよ。今作で延々と騙し合いも何もないストーリーを見せられて気づいたけど、やっぱりデスノートの面白さはキラとエルの頭脳戦なんだなって。
それでいて池松竜崎の凄さが分からないし、菅田キラが凄腕なのかの説明もない。松ケン竜崎が凄いのは分かる。けど、竜崎の後継者=凄いという理屈を我々観客は持ち合わせていません。松ケン竜崎がキラを追い詰める場面はすごく爽快でしたけど、池松竜崎はチャチャを入れるだけで捜査にはクソの役にも立ってない。

細かい部分の端折りが酷いのは今作の特徴だけど、特に菅田将暉周りはダメでしょ。どうやって他のノートを探した?どうやって戸田恵梨香の車に乗った?そしてどうやって外に出た?恐らくこれを1人でやってのけた菅田キラはホントにすごいよ。

これも細かいけど、菅田将暉がデスノートを千切ってそれを置き手紙にしてる。それをやったら、菅田将暉はすごく不利になりますよね。だって単純に、死神を目視できる人が増えるわけですから。少なくとも藤原竜也は、千切ったデスノートはかなり慎重に取り扱ってましたよね。バスの中でも急いで拾ってたし。

こんな感じで、原作のデスノートにあれやこれやと”面白そうな要素”を足してった結果がこれです。冒頭の外国のシーンはまったく不要だけど、その次の東出昌大の追跡劇とかはスゴく面白かった。けど、そこで急に現れて池松竜崎がバンッとやるのもよくないよね。こちらが期待している竜崎はあれではないし、世界的な大探偵がする事じゃないでしょ。

あとこれだけ言わせてください。
東出三島は恐らく極刑確実だろうに、すんなり出れてよかったね。ホントに嬉しい。ホントに。はい。

とても残念です。せっかく豪華と言われるキャストを揃えてるし、予算もそれなりにあったと思うし、しっかり考えて欲しい。今後明かされるであろう藤原竜也の計画とやらに期待するしかない。

三遊亭大ピンチ
三遊亭大ピンチさん / 2016年11月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

けっこう面白かった

意外と飽きずに見られた。1番最初に出てきた川栄がいい雰囲気出してたからちょっと驚いた笑笑

流れ的には無理やり感ないと言えば嘘になるけど、キャストが上手なおかげでそんなにそこは気にならなかった。
それにしても菅田くんは本当に本当にかっこいい!!

Mahhy__*
Mahhy__*さん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ミサミサ❗

戸田恵梨香サイコーでした。
でも偉大な前作を越えることは難しいと思います。月とLとミサミサ、この3人のキャスティングと演技力には今後も優るものは現れない。
でも、是非映画館での鑑賞をオススメします。

タイガー力石
タイガー力石さん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作と映画前作に失礼な内容 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

デスノートは、漫画版・前映画版・ドラマ版を視聴済みです。
Huluで配信されていたスピンオフは見ていません。

レビューを見てかなり不安でしたが、やはり「デスノート」という題材である以上、見るまではずっと気になるだろうと思い、地雷っぽいなと思いながら映画館に行ってきました。

他の方も仰っているとおり、私も設定自体は面白いと思いました。
見る前は6冊(6人の所有者)がどのように交差していくのだろうと期待していたのですが、宙ぶらりんなデスノートが多すぎます。
「地上で効力を発揮するデスノートは6冊まで」という設定を使いたいがために、無理矢理6冊ねじこんだだけなのだろうと思います。
この6冊という制限が作中のドラマに関わることは大してありませんので、最初からこんな設定なければよかった。

あと、この映画は、3次元的に表現したいのか、2.5次元(アニメの延長線)的に表現したいのかハッキリしませんでした。
現実的のような要素が出てきたかと思えば、これ実写でやっちゃうの?とドン引きするような表現なども…。

役者さんの演技ですが、東出さんの演技は役にハマっていたと思います。
淡々とした表情や演技ですが、それが三島=キラだと発覚したときにとても映える材料となっている気がしました。
菅田さんは、いい意味でいつも通りの菅田さんでした。

最後に池松さんですが、この方だけキャラクターが「アニメから出てきたキャラクターなのかな?」と思うくらい、台詞やイントネーション、動作などといった何もかもが実写で表現するには胡散臭く、痛々しいというか、とにかく見ていて寒くてドン引きでした。
※池松さんが悪いのではなく、キャラクター自体の話です。
他の方のレビューを見ると、こちらのキャラクターは好評なようでとても驚きました。
こういうキャラってアニメじゃないと見てられないなー…というか。
この新生Lのキャラ作りというか台詞や一挙一動が寒くて、とにかくこの人が何かする度にウッとなっていまった。とにかく三島・紫苑のキャラと比べて悪い意味でかなり浮いてました。

印象タグとして「笑える」にチェックを入れましたが、これは上記の竜崎の寒々しい一挙一動、及び、紫苑が全身を銃で滅多打ちにされるシーンです。
特に紫苑のシーンは心の中で爆笑するとともに寒いなーと思いました。
このシーンをやるなら、もっと紫苑というキャラの掘り下げ、もしくは三島との繋がりが必要でしたね。

前キラ・前Lは完全に踏み台にしか見えませんでした。
監督がこの映画を通して何を表現したかったのかも分かりません。
あとラストの三島・竜崎の入れ替わりのくだりで発生するとある台詞を聞いて、「監督(もしくはライター)はどうしてもこの台詞を使いたかったんだろうなw」としか思えなく、なんだか萎えました。
スタッフクレジット後のキラの「計画通りだ」という台詞も、前キラを馬鹿にしているようにしか思えませんでした。
とにかく、全シーン通して、原作へのリスペクトというか「これは大場・小畑タッグが原作のデスノートという作品の実写映画版だ」という意識が感じられませんでした。
単にデスノートという商業的に便利な題材を使えるwというオーラしか伝わってきません。(もちろん実際はそうではないかもしれませんが、この映画を見ただけでは、そうとしか捉えようがありません)

見ていておっと思ったのは、ミサが「ライトの腕に抱かれて死亡」とノートに書き死亡したことと、EDのスタッフクレジットで、役名が偽名→本名に書き換わっていったことでしょうか。見ていて面白かったです。

corc
corcさん / 2016年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 悲しい 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

頭脳戦を期待してたんだけど、ほとんど無かった。月やLのような天才的...

頭脳戦を期待してたんだけど、ほとんど無かった。月やLのような天才的なカリスマも不在で魅力のあるキャラがいないように感じた。
ただし死神のデザインはよかった!そういやノート6冊なのに出てきた死神3人しかいなかったな。

デスノートとしてではなく刑事モノとしてなら、まぁフツーにおもしろい。
でも、デスノートととして観ると物足りないかも。やっぱ頭脳戦!が観たかったなぁ。。。あとLも出てくると思ってたのに、画像しか出てこなかったのは残念だった。

はるか
はるかさん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

残念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

前作が大好きだったので楽しみにしていましたが、残念でした。

まずデスノートの醍醐味である頭脳戦がない…
Lの後継者だというのに新生竜崎の行動は天才とは思えない…
正直キラ(月)が遺伝子を残してるとは思えない…
キラと竜崎の関係性が中途半端…
松田はなんで偽名使ってないんだよ…
てか死神大王ってなんだよ…
結局なにを伝えたかったのか…

他にもあったかもしれませんが、忘れました…エンドロール後の月の映像もよく分からなかったですね。

ゆう
ゆうさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

デスノート最新作! ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

はい、2ヶ月ぶりに映画見に行って来ました~!テストとか学校行事で映画見に行けずレビューも全然かけていませんでした。そして今日デスノート最新作ということで見に行って来ました。前作とは違う全てが新しい物語でLの後継者やキラの後継者、キラそのものを受け継ぐ、3人の人物が出てきました。この3人の関係性については後半でわかります。6冊のデスノートが出てくるから、6体の死神が出てくると思いきや、出てきたのは3体の死神だけで残念でした。今回の物語で思ったことは、Lの後継者とキラの後継者がとにかく敵対心が薄く助け合っていて絆が生まれていましたが最後はLの後継者が死んで、キラの後継者が生き残る結果になります。原作と逆の結末になりましたがこれはこれでありかなと思いました。ネタバレになりましたが皆さんも是非劇場でご覧下さい。最後まで読んで頂きありがとうございました❗

Ray Jeau
Ray Jeauさん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白かった!

なんでこんな低評価なのか??
単純に面白かったです。
個人的には原作を中途半端になぞった前作より遥かに面白かったです!

yurinao
yurinaoさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

天才登場人物ゼロ

地球に落とされた6冊のノートを巡って
オタクと後継者と崇拝者が争う話。

「正当な続編」として謳っているものの
肝心の頭脳戦が全くない!なんじゃこれ!

頭脳戦なんてなくても面白い!よね!
とか思ってたけどなかったら
ただの超能力者を倒す話で
全くデスノート感がない!残念です

Huluのエピソードは結構わくわくしたのに〜

あと腑に落ちない所がたくさん
ラストは特に腑に落ちない

でも!

ミサのシーンはかなりグッときた
可愛いとかそういうんじゃなくて。

そして終盤になってやっと驚きの展開!
伏線あったけど前半面白くなさすぎて
ぼーっと観てたから驚いただけかも。笑

やっぱり東出くんは寄生獣の役がぴったし

マスノブ
マスノブさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

前作は超えられなかった

レビューを見て観るのやめようかと思ったけど、観てしまった。
長い上映時間の中、引き込まれる要素に乏しい。
デスノートを使って犯罪者を粛清していく是非に様々なジレンマを感じつつ、各々の正義のもとで繰り広げられるストーリーってとこが面白かったのに、本作の罪もない通行人を殺害していくシーンは違和感しかなかった。
息詰まる頭脳戦とか皆無。
MOZUから注目している池松壮亮、auのCM鬼ちゃんの菅田将暉、東出くんをスクリーンで見ることできてよかったけど(笑)エンドロールでデポが松阪桃李だと知って、ちょっとびっくり。
やっぱり藤原・松崎コンビ超えは至難かなぁ〜

antares_ako
antares_akoさん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

池松君と菅田くんは良かった!

とおもいます。小物とかっておっしゃる方も
いましたが、そんなことはないです。
実力のある2人なので危うい演技を必要とされる
場面でもしっかり存在感を出していました。
お遊戯会でも学芸会でもなかった、観てよかった!
これはこれの良さのあるデスノート。
別物ですね

The music
The musicさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

みんな、デスノートに厳し過ぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ドラマも散々叩かれた。愛し過ぎて、みんな厳しい。普通に面白い。ただし、普通。でも、ファンなら、松田が松田で嬉しい。見てよかったです。

しのたん
しのたんさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  萌える
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ノート自体のルール無視でストーリー以前の問題 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

まず、huluにアップされてるオリジナルドラマを見ないと意味がわからないと思います

漫画、アニメ、前作の映画全て見てるデスノファンからの感想になります。

デスノートの1番の要素である心理戦は全く無いです。
ただひたすらノートで殺しをしてる人を捕まえるだけの映画でした

ノートのルールにある、名前を書かれた人間は40秒後に死ぬ
死因を書けばその通りになる
ってのがまずそもそも守られてないことに驚きを隠せません
映画の中で死因に即死とありましたが、即死は死因ではないと思いますけど
40秒というルールがああいうシーンでは邪魔になるのはわかるがルール無視にも程がある
人間界にノートを落とした死神はノートの行方又は所有者を最後まで見守らなければならないというルールも無視。ノートが6冊あるのに死神は3人しかでててこない、上に1人はノートを放置して死神界に帰ってるし、もうめちゃくちゃです。
細かなこと言えばまだあります

個人的に一番気になったのはライトにさえ手を貸さなかったリュークが紫苑に殺しのために手を貸したこと。リュークはあくまで傍観者
そのため月がリュークを頼った時リュークは月の名前を自分のノートに書いた。そのリュークが!ほんとに紫苑に手をかすでしょうか?

あと、ライトが先の事を考えて子孫を残してるという設定も個人的に絶対ありえないと思います。
自分を新世界の神だと言ってたような人間が本当に自分が死ぬことがあると考えていますかね?
ありえないですね。

ミサミサを捨て駒としか考えてなかった月が、みさに約束の場所なんて教えるとも思えないし、月じゃないキラのためにミサミサが行動するとも考えられない。しかも死神の目で月がもうこの世に存在してないのを確認した後で!

と、いろいろとツッコミどころが多いです

しかし、ストーリー構成は悪くないのでデスノートをそこまで好きじゃない人は楽しめると思います。

May.
May.さん / 2016年11月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

キラが・・・。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

キラが○○(伏字で)だとはなんたる禁じ手!
・・っと思ったけど、そもそも藤原じたいが鹿賀丈史の息子だったわけで、まあありっちゃありか。
でもって、続編ありと思わせるラスト、あんだけ殺しちゃっちゃ、また新しいキャストが出てくるわけだな。こりゃあやろうと思えばシリーズ何作もできるな。だけど6冊は多いよ、6冊は。

作品じたいは可もなく不可もなく、期待通りの普通。
個人的には東出は嫌いじゃないし、「せとうつみ」コンビはなぜか微笑ましく見守ってしまうし。

栗太郎
栗太郎さん / 2016年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

小学校の学芸会

つまんない。金の無駄。
推理要素ないし、迫力もない。

ラッパッパ
ラッパッパさん / 2016年11月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

それなりに楽しんだ

自分の中でそこまで期待していた訳ではないので、ハードルがそこまで上がらなかったからか、普通に楽しめました。

ただ、ノート6冊のルールがあまり活きていなかった感じはあるのと、終盤の力業がちょっと物足りなさも感じた。

黒兎
黒兎さん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Hulu ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

Huluのオリジナルドラマ観てないと意味不明です。死神がですのーとに名前書いていいの?笑っ続編作る気らしいですが、監督はいいです。スリルもあってホラー感出てたので。脚本が悪いですね。

井上 雅仁
井上 雅仁さん / 2016年11月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待して行った分、残念 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いろいろな方が低評価に書いている内容にうんうんとうなずける映画でした。辛口で言うとデスノートの名前と設定を借りた別物です。

私は池松、東出、菅田の3人が与えられた役をどう演技するかを楽しむことに気持ちを切り替えました。それぞれの見せ場があり相手の演技に対してどう返すかで楽しめました。
3人とも良い役者さんですね。
3人の中では個人的に池松さんの演技が良かったです。
あと、川栄さん、戸田さんも良かったです。

なべ右衛門
なべ右衛門さん / 2016年11月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

意味を履き違えた死神(作り手)たちの遊び ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

10年振りにデスノートが人間世界に落ちてきた。
原作ファンには目に余る実写化だったかもしれないが、原作未読の自分は前二作の実写版は非常に面白かった。予習で気楽に見るつもりだったのに、ついレビューも書いてしまったくらい。
TVドラマ化もされたが、今回の新作は以前の映画版のその後。
何だかんだ言って、どんな話が展開するか気になる所。
率直な感想。
あちこちでボロクソ言われるほどつまらなくはなかった。
でもやはり…、前二作には及ばず。難点、消化不良、落胆の方が多かった。

まず、キャスティング。
日本棒演技代表・東出には端から期待していないので、今回話を盛り上げてくれるのは池松壮亮と菅田将暉。
現若手を代表する実力派だけあって、その独特の個性はしっかり発揮。特に池松の不敵さはなかなか。
でもやはり…、芝居がかっても藤原竜也の狂気を孕んだ熱演、松ケンの存在を超える事は出来なかった。

戸田恵梨香演じるミサミサ、松田捜査官、リュークだけじゃなく、月やLも意外な形で登場、前二作好きには嬉しい。
でも…、月やLやミサミサの扱われ方、ちょっと酷くない?
ミサミサは唯一の生存者なのでどう物語に関わるか特に気になる点だったのだが…。また、ラスト、デスノートを手に取った行動の理由がいまいち不可解だった。
尚、リュークはさすが10年の間にCG技術は向上しただけあってリアルになっていた。

話や設定は指摘したら多くなりそうなので、幾つかだけ。
今回の特筆すべき設定である6冊のデスノート。それらが巧く活かされた話が展開するのかと思ったら、ある理由の為だけに6冊必要ってだけで、何冊かそれほど活用されてないノートもあり。故に、せっかく所有者にベテラン船越英一郎や最近女優として活躍著しい川栄李奈を配しておきながら、勿体ない。
前二作の最大の見所だったのが天才対決。今回もLの後継者とキラの意志を継ぐ二人の天才が登場するが、あの相手の裏をかくハラハラドキドキワクワクの天才対決は無かった。最後には一応どんでん返しが用意されているが、前二作の焼き直しに過ぎず、察しがついてしまう。二人の新たな天才は設定上の肩書きだけで見かけ倒し。
対策チームの無能ぶり。ミサミサを監視してるのに、プライベートな部分は監視出来ないって、そこが一番重要なんだよ!
Lの遺伝子を持った後継者は、まあLならあり得そう。でも、月の方は…。自分が神だと言ってた月がそんなの残すかな…?

本作最大の落胆は、メッセージ性が薄かった点。
前二作が好きだった一番の理由は、人を死に至らしめるノートを通して、正義の矛盾や法の在り方といったメッセージがしっかり描かれていたから。
今回も一応登場人物の信念は描かれる。が、どうも考えさせられるには程遠い薄っぺらい信念。
そして、何かの駒のようにただ無駄に人が死んでいく。
きっと今回の作り手にとってデスノートは、死のサバイバル・ゲームの遊び道具に過ぎないのだ。
これは自分だけの感じ方かもしれないが、デスノートはただの殺しの道具じゃない。作り手側の意味の履き違えを見ていたら、無性に虚しくなった。
人の欲がある限り、デスノートによる死神たちの遊びも終わらない。
一応メッセージを含んだ物言いであるが、この場合の死神とは、作り手。
まだまだデスノートで質の低い死のゲーム遊びが作れる…安易な欲が見え見えだった。

近大
近大さん / 2016年11月3日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 単純 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

300件中、181~200件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi