デスノート Light up the NEW worldのレビュー・感想・評価 (8)

デスノート Light up the NEW world

劇場公開日 2016年10月29日
319件中、141~160件目を表示 映画レビューを書く

池松壮亮さんが進化!

竜崎役の池松壮亮さんがカッコ良い生き様を見せてくれた。
漫画ではなかったオリジナルストーリーにおどろかされた!
絶対 見て欲しい!

sally
sallyさん / 2016年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

マーケティングがうまい

デスノートってネットワーク効果によって集客していく毎回そんな感じで、実際のところキャストのゴリ押し感は否めない。
ただ菅田将暉というアイコニック。彼はやはり絵になる。現代が求めていた役者が彼なのかもしれない。彼が持っている、気だるさと世界観は彼にしかない魅力。それだけでも観ておく価値ある。正直な話、批評なんて気にせず話題性だけでも金を払ってもいい。デートには最適だよ そんな映画

yuche
yucheさん / 2016年11月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

デスノート六冊も要らなかった・・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

もう少し少なかったら、一冊ごとの頭脳戦が楽しめそうだったのに!と残念でした。役者さんが死ぬためだけに集められた感じがする。
あんなぽんぽんノート回収できるのか・・・

ドラマの頭脳戦のレベルが高すぎて、きっと頭脳戦についてけなくなるだろうから、役者さんのお芝居を楽しみに行こう!と意気込んでましたが、予想外にシンプルな流れで拍子抜けでした。

お前だったのか!という驚きはありましたけど、拍子抜けすぎました・・・
全体的に事がスムーズに運びすぎてて、サスペンスとしては物足りない気がします。

池松さんはこんなとこでも年上女性(風のひと)に好かれるんですね(笑)と、池松さんのお芝居好きな自分は嬉しかったです。笑

まき
まきさん / 2016年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  興奮 単純
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

盛り上げた割には。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

川栄ぐらいまではおもしろかった。

画の作り込みも、佐藤信介らしかった。
でもね!
どうやら、マスコミにも情報統制していたらしいが、そこまでのネタバレあったか?

・・・。

最後までに、ほぼみんな死んじゃうのね。

CinemaExpress
CinemaExpressさん / 2016年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  興奮 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色んな意味で予想外っ!

10年後の設定ということもあり
登場人物も新しいキャストが多い中で
前作の流れを継承した良い映画でした!

デスノートファンの人はたぶん楽しめると思います

まねじ
まねじさん / 2016年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

前作の壁は高かった。

中盤までの内容はまぁまぁ。中盤以降の内容は前作と何も変わらない感じでした。さて次はどう出るか、次があるのかないのか。不完全燃焼だったので、帰ってから購入している前作のDVDを見ようと思いました。

mKcherry
mKcherryさん / 2016年11月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

熱意感じたがもったいない感じ

いろいろ詰め込み過ぎというか、力入れ過ぎて空回り感が....^^; 一本の映画としてはバランス悪く鑑賞後消化不良かな。
でも作り手側の意気込みと試行錯誤が感じられ、個人的には好感の持てる作品でした。

ひとりずつを主人公にしたHuluの前日譚は面白かったので、きっとそれぞれのバックグラウンドや裏ストーリーなどは深く作り込まれてて、でも映画ではその表現がイマイチ、、まあ3人も主人公っぽい人がいるから散漫になってしまったのかなという印象です。

死神は全部好きでした!良く作られてて、CGもリアルで美しく、観てて心地よかったです。

評価低いですが、今までの作品への敬意と熱意が感じられるし、そこまで酷いかなあ?って思います。

なつ
なつさん / 2016年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通

設定は良かったのに。
6冊ある意味がまったくないね。

前半は良かったけど、後半がイマイチでした。特に最後の20分くらいは謎解きとかまったくない。
騙し騙されが良いのにね。

ライトオ
ライトオさん / 2016年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

普通に面白かった

普通に楽しめて面白かったと思う。ただ可哀想なのは、誰もが前作と比べてしまう事。いかんせん、前作があまりにも良かった為に、低い評価になってしまいますよね。
ただ間違ってほしくないのは、前作の良さは決して死神のキャラやノートのスキャンダラスな設定ではなく、二人の主人公の頭脳戦・心理戦の駆け引きにあったこと。今回、そこを踏襲してなかったのは残念・・・

あべしゅうさん
あべしゅうさんさん / 2016年11月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

残念すぎる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すごく楽しみにしてたのに…
残念な出来です。

まず、展開が遅ーい。
かなり早い段階で飽きてきちゃいました。
同じ映画館で見てた人たちも、途中トイレとかで抜ける人何人もいたし、いびきかいて寝てる人もいたし…
みんな、つまらないんだろうなって(笑)

デスノートは頭脳戦が面白いのに、それがないのが残念でした。

一時的に記憶なくすとこ、死神がノートに名前書いて人間助けるとことか、ほとんど前作と同じだし。
続編作る意味あったのかなあ?!

1番訳が分からなかったのは、最後です。
三島はキラですよね?ノート使って人殺しましたよね?(ノート以外でも殺してたはず)竜崎のことも三島が殺しましたよね?
なのに、なんで釈放されるのか意味がわかりません。

まあ…とりあえずお金払ってまで見る価値はないです。

naka
nakaさん / 2016年11月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

普通に楽しめる

シンゴジラとまったく逆。レビューが低くて期待しないで劇場で見たら普通に楽しかった。ラストに向けてからの流れが少し安っぽい感じもしたけど不満なレベルではない。原作や前作に特に思い入れが強くなければ楽しめると思います。

ボンボンと悪夢
ボンボンと悪夢さん / 2016年11月7日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

死神という特殊な立場の存在 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

デスノートの原作はほんの少ししか読んでおりませんが、原作の続編と呼べる今作のレビューを書いていこうと思います。

それでは、

デスノートという漫画でも映画でも特徴となるのは、ノートに名前を書くだけで人が殺せるという特殊な力と死神という存在です。
この死神は作品の中で、ファンタジー要素の強い想像上の生物というよりかはどこか我々人間に似ている部分があり、人間以上に人間味のある人物(生物)として受け止めることができます。

ネタバレにはなりますが、竜崎と竜崎の所持するノートの死神であるアーマとの間に在る絆と呼ぶにふさわしい結びつきは非常に印象的でした。(観た人は恐らくどのシーンのことかわかると思います!)

また、終盤にかけて多くなってくる激しいアクションシーンやスケールの大きい演出も見所となっております!

難点があるとするなら、やや物語の進め方が駆け足で解りづらい部分もあるのかなーという印象を受けました。
ですが、全体的にはとても上手くまとまっている映画であると感じました!

読んでいただきありがとうございました!

じゃん
じゃんさん / 2016年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

点低いから気になって見に行ったら、納得の酷さ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ストーリー
デスノートでみんなが期待するのは、頭脳戦
全くそれがなく、今回は銃撃戦、だからアクションものとして捉えないと

人もよく死ぬし
東出、菅田、池松の三人に、愛情がわかない
キャラ立ちしてない
この人たちのこの信念があるよね、みたいな共感を持てるストーリーが織り込まれてないせいか、全く一人一人の人に、思いが持てない

演技
東出さん、ひどいね
監督がひどいのか、菅田、池松すら、酷く見えて来る
心に残るシーンもないし

唯一良かったカットは、東出が、デスノートに触れるシーン
それくらいかな

あと続編あるなら、
みさと、松田は死ぬ必要ない

aya
ayaさん / 2016年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

暇をもて余した神々の遊び。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ってくらい時間に余裕があったら見ると良い映画です。(原作、前作、ドラマを見た人の感想だと思ってください。)

まとめサイトにこの映画のレビューがやばいwwwってスレがあったので、逆に購買意欲をそそられ見てしまった。原作が頭脳戦なら、本作は完全に肉弾戦。ノート対銃。銃使う人もお顔チラリズムだからどんどん死んでく。10年前の事件があったから、わざわざデスノート捜査本部まで専門組織作ったのに、何1つちゃんとした防衛策が取れてない。松田…お前は10年経っても松田のままだった…(良い意味で)

冒頭の一般人がどんどんデスノートの手にかかってく中、パトカーで駆けつけて、捜査員総動員して被疑者追っかけるのなんて、まるで踊る大走査線見てる感じ。もう「踊る大走査線 デスノートを封印せよ!」のサブタイつけたら良いんじゃない?

5分に一度はツッコミたくなる映画です。
藤原ライト、窪田ライトとは別物としてお楽しみください。
私が本作各キャラに待ったイメージもご参照頂けますと幸甚です。

三島:後半1時間で加速度的に伏線回収しすぎて、本人のキャラが整わないまま幕引きした悲しいキャラ。立ち位置主演、扱いモブ。

竜崎:馬鹿のふりした天才とみせかけての馬鹿。あと家のセキュリティがばがばすぎ。家の鍵、私の家と同じシリンダー錠とか、ワイミーズハウスの資産どこいったし。

紫苑:家族を復讐をキラがしてくれた…ってミサポジションなのに全然絡んでこない。何なら積極的に捜査本部に情報提供しちゃうなんちゃってテロリスト。もはや折り紙ニスト。

ミサミサ:原作ファンの取り込み要員。原作に最期が描かれなかったから、ファン受けは良い終わり方だったかも。扱いは残材。

松田:10年後編に登場したのは嬉しいけど、あの扱いはあんまりだ…松田ぁぁぁあ!

リューク:しゃべりすぎ。藤原ライトがこの状況ならノート燃やされて死神チェンジされてもおかしくないレベル。

アーマ:本作の主演女優賞、冗談抜きで出演シーン1番長いと思う。

ベッポ:GREENの映画からの友情出演とは思うけど、私的には松田桃太の友情出演と思ってる。(名前被り的に)

初代L:声だけの出演かつあの映像のせいで私は脳内消臭力のCMに変換されました。

個人的には最後の大どんでん返しには、ジェバンニのノートを使って、Lたちの完全勝利みたいにして欲しかった。(ちょいちょい原作のシーンを再利用してくるから、結末もこの際同じ終わり方でも良かったさー。)
俳優さんは豪華なんだけど、上映前の予告にたくさん出てて映画シーズンの中の1作品って感じになったのか、2時間だと尺が短くて薄まりすぎた印象が否めない。
次回作あるような幕引きだったけど、またノート6冊に戻してやるのだけはやめて欲しい。

のすけ
のすけさん / 2016年11月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

納得の定評です。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

こんな方向性にしたか?
で流れも想定ついた。

もったいない。

○
さん / 2016年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なかなか良かった

頭脳線は無いものと思って見たら、良く出来た映画だと思う。

どうだ
どうださん / 2016年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

思ってたよりはマシだったかな・・・? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作は連載当時に読んでいた。
映画については、前作など一切未見だが、数年前「L」が主役の文庫本(映画の続編?)を読んだ程度の知識。
また、皆さんの「結構キツイ内容のレビュー」を見た後なので、ハードルはかなり低い状態。
さて、そんな私でも細かい突っ込みどころは満載なので、そう言う部分がマイナスを大きくしていることは理解できた。

役者さんの演技に対しては、基本的に不満は「ほぼ無い」。

今回のストーリーでは、ノートが6冊ある必要が全く理解できないが(2~3冊あれば十分)、物語の大きな流れは「まあアリかな」と、個人的には思える内容。

以前とのつながりや、オリジナル設定との矛盾が気になる方には厳しい内容。細かいことを気にせず見ることができる方でないと「★3つ以上」は、ないのでは。

私の中の納得できない部分:

・「松田が死ぬシーン」
キラのアジトに突入した際にノートで殺されるが、わざわざあのタイミングで行う必要はあるのか?そもそも死ぬ必要があるのか??

・「新・竜崎」の名前がノートに書かれていたこと
いつ誰にノートに名前を書かれていたのか?また、クライマックスより先の日付で書かれていたのはなぜか。しかも今回の事件が解決するタイミングを計っていたような・・・?

・「L」がいることが分かっているのに、機関銃乱射
紫苑は「キラの秘密の場所」を探る為にミサミサまで利用したのに、(「三島」と「L」はとりあえず置いといて・・・)どうやって「キラの秘密の場所」に警察が来れた?さらに「L」ごと射殺??何を考えているの???

dstony
dstonyさん / 2016年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

だから顔を隠せと… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

何度同じ過ちを繰り返すのだろうか。デスノート所有者は死神の目を持っている可能性があり、顔を見られたら死ぬということは過去の経験から分かっているはずなのに全く学習していない。腕で顔のした半分を隠しているだけなので、少し腕がズレると顔を見られて死んでしまいます。これで今回も多くの犠牲者が出ていました。そこが気になってイライラ。せめてサングラスとマスク常備しろ!

また、Lは遺伝子を残した…とかキラは遺伝子を残した…とか…。子供作っとったんかい。無理矢理な設定で全く入っていけない。ほとんど頭脳戦は繰り広げられません。劇中で「ノートが銃に勝てるかよ」的なセリフがありましたが、まさにそれ。銃がノートに勝ちます。銃撃戦です。アクション映画と呼ぶとアクション映画界隈に怒られそうなのでそうは呼びませんが、ほとんどそれに近い感じです。

原作ファンなので惰性で観に行ったが、少し後悔しながら帰宅。唯一楽しみにしていた松ケンもほとんど出演無いに等しいし失敗したねぇ。

かん
かんさん / 2016年11月6日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  笑える 単純 寝られる
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 3 件)

うーん ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

なんだかなあ。
六冊の意味があまりなかったのと
月の子供設定はいらなかったです。

沢城みゆきさんの死神はよかったです

もん
もんさん / 2016年11月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

6冊もあるのに・・・ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

予告を見たとき、6冊のデスノートでどれだけのパラレルワールドになるのだ?と勝手に思い、勝手に期待していたのですが・・・

いつの間にやら、集められてしまい、意味がない。
どれだけの争奪戦、頭脳戦になるのかと期待したのに、かけらもない。

月(ライト)の子供??無理矢理にもほどがある。
ミサミサ、せっかく出てきたのに、あんなことするかな。

何が「計画通り」なのだ??

というわけで、デスノートファン、特に頭脳戦が好きな方にはお薦めできません。
CGや銃撃が好きな方、デスノートをあまり知らない方はどうぞ。

あさやん
あさやんさん / 2016年11月6日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

319件中、141~160件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi