この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
822件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 43 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 74 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 50 件)

悲しいと切ない

この映画を見る前に少し戦争を知っていた方がより映画を楽しめると思います!まず戦争映画と聞くと「悲しい」「怖い」っと思う人が多いと思います。ですがこの映画は戦争の中でも一緒に笑ったります。だんだん戦争を体験し決して悲しいことばかりでないと教えてくれた方が少なくなって来ている中でこの映画は戦争中の日本を細かいところまで再現していました。戦争映画には興味がなかった自分もこの映画を見て戦争中の日本について詳しく知りたいと思える作品でした。

普通のゲームファン
普通のゲームファンさん / 2017年11月18日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 怖い 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争の中を生きるすず。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

第二次世界大戦の中を生き抜いたすずの物語。
広島に住んでいたのんびり屋でマイペースなすずは、ある日呉の嫁として嫁ぐこととなる。
知らない土地での生活の中でもすずのマイペースは変わらないと思っていたけど、幼馴染の男が来たシーン。久しく自分の気持ちを隠していたのにそれが自然と溢れ、それを察した夫の行動に人間模様を感じた。
それぞれの気持ちが切なかった。
そして空襲が勢いを増し、すずははるみちゃんを救えず右手を失い、辛い生活は続く。大好きな絵も描くことも出来ず、義姉に責められ、辛い。辛い中遂に夫に気持ちを吐き出し、そんな中広島に原爆投下。
自分の故郷が目の前であんな風になる事を想像したらもう、想像できない。
でも最後には自分の場所を手に入れ、生きていく。

初見は思ったより微妙な感じだったけど、1シーン1シーンを振り返ると凄くグッと来る、心に残る。照れたり笑ったり、心が揺れたり好きになったり、当たり前の事が当たり前である幸せを感じさせられる。
単純に面白いからみて!とは言えない、スルメ映画。

4811
4811さん / 2017年11月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動。

「感動」という言葉の捉え方は、人それぞれかもしれない。泣けるとか、奮い立つとか、また観たくなるとか、この作品に関しては、そんな甘いものではない。

劇場で観て、ブルーレイを購入したが、まだブルーレイで観ることができていない。この作品を観るのは膨大なエネルギーを消費するからだ。

劇場で観たときの素直な感想は、ものすごいものを観てしまった、どんな感想を持っていいのか分からない、という類のものだった。

圧倒的な現地や暮らしのリアリティとアニメーションの細かさ、動きのしなやかさ、絵の具のような演出、そういったことも素晴らしかった。

「戦争の中の暮らし」「暮らしの中の戦争」この2つが切り離されているものではなかったのだと思わされた。

戦争に対して肯定も否定もしない。前を向いて終わったが、失ったものが大きすぎる。忘れられない映画、忘れてはいけない映画。同時に、とらわれすぎてはいけない映画。

ちゃーはん
ちゃーはんさん / 2017年11月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

私が見るべきではなかった

色合いが悲しい。
薄すぎる。
(個人的な好みの問題だけど)

ほとんどの人が今までの
戦争映画とは違うと書いて
いたけど、この時代の暗さは
耐え難いものがある。
できれば、蓋して閉じ込めて
おきたい。
私にとっては火垂るの墓に
感じるものと同じ…。
暗い。

先入観かなぁ〜。

見なきゃ良かった。

Angela222s
Angela222sさん / 2017年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

78点 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

すずちゃんが可愛すぎた!妹ちゃんも!
大切な人が次々と亡くなって
戦争の残酷さを再確認した
それでも前向いて助け合って強く生きる部分に感動!
おれはこんなに強くなれるかな

コウセイ
コウセイさん / 2017年11月7日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

これは戦争映画ではない。歴史哲学映画だ。

大東亜戦争時に生きていた人たちは、日本政府に騙されていた可哀想なバカな人たちだったのか?
そうじゃないだろ。その瞬間を一生懸命に生きていたに違いない。
アメリカ軍に敗北し、歪曲した政治思想が現在まで続いているこの日本という国で、よくぞこの映画を作ってくれた。
・・・と思わせるほど、映像と音による表現がすごい。
あの時代にタイムスリップしたように、引き込まれるのは、絵と音の凄さがあるから。
この映画の監督の前作マイマイ新子でもそうだったんですが、とにかく絵がいい。
ただ単に絵が上手い、というのではなく、その時代を表現する絵(音も含めて)の側面の切り取り方が、非常に上手い。

あと、これは原作漫画の功績なんですが、その時代に生きていた人たちの悩み、葛藤、闘い、幸せ、無念、を、何も装飾することなく、そのまま描いてくれている。

戦争があろうがなかろうが、不幸な生まれであろうがなかろうが、金があるかどうか、政治思想が右であろうが左であろうが、全ての人間のステータスなど全く関係なく、
その瞬間を一生懸命生きている全ての人を賞賛してくれているのがこの映画。

この映画は、戦争映画というよりも、非常に良くできた、ノスタルジー映画だと思っている。

t
tさん / 2017年11月4日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

今までとは全く異る戦争の映画

今までの映画は「戦争は怖い」だけを題材にしていたような気がします。
だから、私も「戦争は怖い。怖い映画だから楽しむことはできない」と思うようになり、戦争物は見なくなってました。

けど、この映画は違う。
戦争の中に日常があり、その中で沢山の我慢と制限、怖さ。生活がそこにはあった。
そして、今の僕たちのように家族や異性へ愛もあった。

そう、戦争はおとぎ話ではなく現実にあったことなんだと気付かされる。
僕たちのような遊びたい、食べたい、騒ぎたい人がそこにいて戦争時代を生きていた。

戦争にリアリティを感じ、悲しさと、怖さとを感じるとともに平和への価値が心から離れない。

僕はこの映画を見て本当に良かった。
素晴らしい映画をありがとう。

戦争は現実にあるんだ。
おとぎ話でもない童話でもない。
愛する人が亡くなってしまう現実なんだ。

Taito69
Taito69さん / 2017年10月31日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

映像表現もシナリオもすごくよかった! ただのノストラジードラマでは...

映像表現もシナリオもすごくよかった!
ただのノストラジードラマではなく、要所要所にファンタジー的な伏線もあって何度か観て楽しめる内容になっている。

じゅんぺい
じゅんぺいさん / 2017年10月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

レビュー

これは確かにすごい映画です。場面に適した作画とすずさんの複雑な心象すら全く違和感なく入ってくる映像とストーリー。歴史でもドラマでも今まで見たことのない戦争を感じることができた。関わった様々な人がいるからこそ難しい『戦争』をこの形にして発信した想いや技術には感服です。

ニックネーム
ニックネームさん / 2017年10月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

神作品。原作漫画も超名作ですが、それに輪をかけて良い作品。超傑作。...

神作品。原作漫画も超名作ですが、それに輪をかけて良い作品。超傑作。

すずさんと径子ねえさんの声がキャラにピッタリで、ふにゃ~っていう感じとハキハキ言い放つ感じの二人のやり取りが本読んでる以上に良い。

戦時下の庶民の暮らしを描いているのに、ほっこりと笑わせる話がふんだんに入っているところが、やっぱりスゴイと思う。どれも可愛らしい笑い。憲兵の話も「素直に笑えんのはウチだけか」と部屋のすみっこで瓶づき精米してる様子がかわいい。

物言いがきつくてイジワルそうに見える径子も、戦争という状況がそうさせているだけで全然イヤな人じゃない。そして誰もがみな傷ついているのに、みんなが思いやりを持って生きている。

広島に帰るというその日の朝「径子ちゃん、今なんか光ったかね?」の前後の場面はなんど観ても胸がじんわりと熱くなる。

戦争映画に分類されるとは思うのだけれど、スポットを当てているところが最初から最後まで日常。
最後の最後までやさしい作品。

yonda?
yonda?さん / 2017年10月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

現実だったんですもんね

友人に勧められ、鑑賞しました。

広島の原爆メインというよりは、戦争メインのお話でした。
あの時こうしていれば、もっとこうだったら、
終わった事を悔やんで後悔して。

亡くなった右手への想いや、
皆が言う良かった。に納得がいかないすず。

純粋で真面目なすずちゃんの貰い手が、
人さらいとの体験の時に出会ったしゅうさくさんで良かった。

戦争が終わり、日本は負け、
悔しかっただろうと思います。
うちの、亡くなったひぃばあちゃんも、
戦争の話をしてくれましたが、旦那さんを亡くしていて、日本が負けたって聞いた時は、
悔しかったんや。って言っていたのを思い出しました。考えると心がとても痛いです。

しかし、戦争映画にしては、まだハッピーエンドのように終わった珍しい作品ではないでしょうか。

戦死してしまった子達の分も強く、そして幸せに長く生きてほしい。
そう強く思いました。

現実に起こった出来事、信じ難いですが、こういった作品はどんどん後世に残していくべきだと思います。

Re
Reさん / 2017年10月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

シンプルな画面 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

でこんなに印象的な演出ができるものなのかと驚きました。

すずがどんどん色んなモノをなくしていく中、最後に失った手でも掴める者があるというのはくるものがある…

れお
れおさん / 2017年10月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

言葉にできない何かを感じた。

少しのあいだ映画からは離れていたのだが、同居してる親が借りてきてたのを気になって鑑賞した。

映画は映画なのだが、なんと言えばいいのか、ドキュメンタリーのようにも感じた。
この作品は主人公であるすずの半生を描いた作品であり、その進行がまるで彼女自身が語ったかのような形で、否が応でも彼女の生き様を感じとることが出来るようになっている。そのせいか話が進むにつれてすっかり彼女に心を入れ込んでおり、久しぶりに真剣になって見てしまったのだ。
絵面は割と特徴的。特にキャラが横を向いた時の顔が独特だ。これに関しては原作にあわせている可能性もあるのでこれ以上は突っ込まない。
BGMだが、ボーカルありの曲が儚く染みる。ほかのインストゥルメンタルに関しては普通だった。

戦争よくないとか、悲惨だとか、そういうことは語る気はない(そもそも自分は武力を持つことを否定しない)。この映画が見せたのは紛うことなき「生き様」なのだ。そんな強くももろいすずの半生を、私は自身を持っておすすめしたい。

それでも4.0な理由は、とあるシーンにある。必要なのかもしれないが、個人的にはこれさえなければ評価を上げていたところがある。詳細は自分の目で見てほしい。

皆友
皆友さん / 2017年10月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

色々な物が大切に丁寧に作り込まれて

絵が凄い

視点や観せ方が凄い

話が凄い

と言うことでアニメが好きな人も映画が好きな人もドラマが好きな人も全ての人が心に残る映画だと思う。

戦争が背景にある映画は土色や灰色が残る物が多く、
悲しみを背負ってしまってテーマが何かしら強く頭を打たれたり絞められたりする。

でも、この映画は色とりどりの物が目に残りつつ、
頭でなく胸が感情で浸されたように悲しいものもあるけど潤う。

小さな仕草

風景

小物

人物全てが細やかに自然に描かれてる下地がより一層『感じ』させてるんだと思う。

原作者の方の話の作りも素晴らしいけれど、映画化にする上で映画監督、スタッフの力が素晴らしく

観て良かったと温かく泣ける映画だと思います。

しゃっくり
しゃっくりさん / 2017年10月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

衝撃

すごい。
戦争映画でこんな感動は初めて。
いろんな思いが言葉にならない。
この世界ってなんなんやろう。

タウンマーチ
タウンマーチさん / 2017年10月12日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

脳内持っていかれる

世界観がすごくて
同じ戦争映画では
みたことのない世界観でした。

広島県民独特の空気感を本当に上手に描いていて
戦争映画なのに見ててポワポワポワワン
ハッと目覚めさせられる優しく強い不思議な世界。

海娘
海娘さん / 2017年10月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

日常のようで日常ではない

今の世の中しか知らない世代でいうと全てが非日常。
だからこそ、戦前や戦時中ってこんな生活だったのか..と調べるきっかけとなりました。
戦時中という時代はちょっと観るのも怯んでしまう時代ですが優しい絵柄と優しい声で、でも綺麗事だけではないことが描かれます。これは子供にも見てほしい。

この作品が描く様々な「再会」はなんて儚く美しいのか。
優しく、哀しく、前向きに生きる映画で涙が止まらなかったです。

すずちゃんの「ありゃー」に癒されます。

cocoまる
cocoまるさん / 2017年10月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

822件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi