この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
860件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 45 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 75 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 54 件)

やっと見れた

壮絶なはなしをドラマのように作り込むのでなく。
静かなあるひとつの家族のように。

てん
てんさん / 2018年4月15日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いつもの日常に

戦争映画ではないです。いつもの日常に戦争がやってきました。そんな日々の中で暮らす人達の物語です。素晴らしい。

ma_jp
ma_jpさん / 2018年4月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  幸せ 泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

世界の片隅の小さな物語

前半は和気藹々とした今と変わらない日常。しかし、だんだんと戦争に突入するにつれて日常が崩壊していく様を描いたメッセージ性の強い作品。音声のコトリンゴさん、声優ののんさん、片渕監督すべて原作との相性が良かったです。老若男女楽しめる映画でした。
※片渕監督曰く、戦争映画ではありません。よって歩兵や戦艦の撃ち合いなどはないのでアクションシーンは期待しない方がいいです。(空襲や対空砲、空中戦はあります)

ひで
ひでさん / 2018年4月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

気づいたら肩に綿毛が

日曜の朝、何の気なしにNetflixを物色してたら眼に留まった。
(あ、なんか前に話題になってたアニメだなぁ…でも戦争物って擦られすぎたテーマで古くさいからどーかなぁ)と、ハードル低めで鑑賞。

ひと言だけ、、、ありがとう。

あなた方が飛ばしたタンポポの綿毛は時間はかかったけど辿り着きましたよ。私の肩に。

おたごん
おたごんさん / 2018年4月1日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

素晴らしい

泣かせる演出はないのに、自然と泣ける映画。感動の涙ではなくよくわからない感情の涙。実写ではなくアニメだからこそできる細部までの演出が効いている。

90's
90'sさん / 2018年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ありきたりだし、普通

なんでこんなに話題なのかと思えば色々裏があるんですね
火垂るの墓の方がいいと思うのは幼少期の補正なのか?
能年玲奈もキャラと合ってるだけで演技上手くないし何を評価して良しとしてるのかも分からない

kanade.sou
kanade.souさん / 2018年3月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

地元の話だけにどうしても・・・

戦時中で物がなく、表現の自由もなく、空襲でいつ死が訪れるかもしれない中でも、悲観的にならず生きている当時の人々の生活を淡々と描いている。
戦争の恐さ、人々の逞しさを改めて認識させられる映画。
親世代や祖父母世代の苦労が良く解り頭が下がる気分になった。

トラ吉
トラ吉さん / 2018年3月28日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

のん演じるすずさんに感動

原作者のこうの史代さんが太平洋戦争当時の資料を細かく収集し、監督自身何度も現地に足を運び当時の記憶が残っている方の話を聞いて6年がかりで制作された映画。
戦艦や航空機、爆弾などもリアルに描かれていて、映画を通して当時の状況をリアルに感じました。
また、映画やテレビ番組、マンガや写真集で戦時中の悲惨な状況は知っていましたが、本作の主人公すずさんのようなほのぼのとした暮らしを中心に据えたことに驚きました。
のんさん演じるすずさんは主人公たる魅力にあふれていて、現実のぼくの人生観をも(良い意味で)変えてくれそうです。

じゃ
じゃさん / 2018年3月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あなたの居場所

映画を観ているというより、夢をみていた気分。
自分よりも、少し昔の時代を生きていた女の子になる夢をみていた。

語る言葉は特にない。最高とも言わない。この物語に最高という言葉はふさわしくないと感じたから。
この物語によって私の今後の人生が変わるとは思わないけれど、私の人生の中でも特に豊かな時間を過ごしたことには違いないと思う。

いい映画です。

Mary
Maryさん / 2018年2月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

強く生きる

戦時中の生活の描写など、とても心に響くものがありました。自分もしっかりと生きなくてはいけないと思いました。

鈴木 翔太
鈴木 翔太さん / 2018年2月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ほぼ初対面で結婚なんて現代では考えられないけれど、そういう結婚もい...

ほぼ初対面で結婚なんて現代では考えられないけれど、そういう結婚もいいかもしれないと思えました。

すずさんが工夫して料理を作るシーンが良かったです。

goen
goenさん / 2018年2月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後世まで語り継ぐべき作品

いまごろになって鑑賞。

これは間違いなく後世まで語り継ぐべき作品。
感動も笑いも涙もあり、ちゃんと映像作品としても成立している。その上で、日常生活を通して戦争に対して語っている素晴らしい作品。

・・・でも、私には合わなかった。観た後になんとなく残るモヤモヤ感。なんでかはよくわからない。

作品としては間違いなく素晴らしい、とは理論としては理解できる。でも、感情という意味では合わなかった。

まさまさ
まさまささん / 2018年2月23日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  泣ける 笑える 悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

もう一度

観たいような、もうあえて観たくないような。すずさんは言葉で表現できないぶん絵で気持ちを表現してたけど、それができなくなって言葉にできるようになった。のかな。

engo
engoさん / 2018年2月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

左翼のプロパガンダに利用されるのがオチ

塚本の「野火」同様、反安保法制一派のネタにされて終わるだけ。

映画王
映画王さん / 2018年2月18日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

高評価につられるとガッカリ

我慢を強いられる映画です。

メリハリの有るストーリーといったものはなく、淡々と起伏のない日常が描かれる。
嫁いびりもなく、唯一義姉が嫌な感じなだけで、キャラクターは総じてノンビリ、ノホホン。
主人公はただ日々に流されるだけ。

のんの素人臭い声優ぶりも、なおさら退屈に輪をかける。
いい加減、芸能人を声優に使うのはやめにしませんか?

空襲が始まって突然不発弾やら腕を失うやらあるけど、「だから?」といった感じ。
悲惨さをアピールするでもなく。
何を伝えたかったのか?

大和のナレ死もなんだかなー。
1フレームも描写がない。

この映画は、例えるなら1.5倍に薄めたコーンポタージュ。
味気なく、我慢して飲んでも後味がスッキリしない。
期待しすぎたのか、その反動なのか、私には時間の無駄でした。

ぢょにぃ7566
ぢょにぃ7566さん / 2018年2月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

最高のフード映画!

もう、最高ですね!

食事が特に素晴らしい。家族の関係性が食事シーンで伝わりやすくなっている。また、戦争の状況も食事シーンで明確に伝わる。そして、スイカにまつわる女性との意外な関わり(座敷童じゃなかった⁉︎)。食事を活用した魅せ方がここまで上手くバリエーションに富んでいると、とても感心する。これは素晴らしいフード映画だ!

内容だけじゃなく、映画表現、アニメーション表現も声優の演技も、もろもろ含めて最高に素晴らしい映画だと思います。
歴史に残る傑作でしょう。

サケビオース
サケビオースさん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

普通に生活を送っている人達に酷い災難をもたらす戦争を心から憎む。 ...

普通に生活を送っている人達に酷い災難をもたらす戦争を心から憎む。
戦争が天災ではなく人災による物である事に憤りと哀しみを感じます。
この映画をトランプと将軍様に見せてやりたい。
何も感じないかもしれないが………

フリップ
フリップさん / 2018年2月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

860件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi