この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
843件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 44 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 74 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 52 件)

はだしのゲンとは描き方がまったく違う。直接的に凄惨なものを伝える...

はだしのゲンとは描き方がまったく違う。直接的に凄惨なものを伝えるか、間接的に表現するか。禁じられた遊びに近いと感じた。

jyouehara
jyoueharaさん / 2018年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

個人の内面を描くのに戦争は額縁として大きすぎる ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

町山さん、宇多丸さん、岡田斗司夫さん、山田玲司さん絶賛。なので絶賛・・・。で良いんだろうか?
見て2、3日は圧倒されていた。段々落ち着いて来て自分の理性の奥の方でこれを肯定して良いのかという気持ちがあるのに気付く。
主人公は肉親、初恋の男、姪を戦争で無くす。そして下界とのコミュニケーションツールである右手も。主人公の内面世界を構築するものが下界の暴力によって潰されていく。
これは戦争という暴力によって内面世界が潰されていく女性の物語になっていて最後に養子をもらうことで内面世界が下界と通じるように感じた。
が、戦争をそう捉えて良いのか?この点が俺がこの映画に持った疑問。戦争ってもっともっと悲惨なんじゃないだろうか。
主人公は結局、世間に怒りをぶつけられぬまま、気持ちをしまったまま落としどころを見つけた話だと思った。それは社会で色々うまくいかなくても生きている世間一般の観客が視聴する物語の主人公として弱すぎるのではないか。
この内面世界と下界が分かれているのはアニメ作家の作品に多い気がする。『絵』ってそもそも内面世界を表現するものだから。
戦争が内面心理を描く道具として使われていることに対する違和感。個人の内面を描くには戦争は額縁として大きすぎる気がする。

ヒロ
ヒロさん / 2018年1月14日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

エンディングテーマ たんぽぽ

人って強いなと思いました。
選択肢として生きるか死ぬかが存在しなかった時代。失くしたくないけど気づいたらすぐそばに迫ってて、日常になって、無くなることを忘れた頃に亡くしてしまって。敵は見えないのにいつの間にか戦いに参加してて、勝っても意味を感じにくいけど負けたら色々なものに意味をつくれなくて泣いて。それでも前向きに生き続けるのすごいなと。
一所懸命の積み重ねが一生懸命と感じました。

7rancha
7ranchaさん / 2018年1月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

淡々と…

戦時中の暮らしを淡々と…
少しのユーモアがよりリアルに描かれた作品。
ラストに少し救われました。

chaimama
chaimamaさん / 2018年1月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

あたたかさの正体とは

映画館へは5回足を運び、Blu-rayディスクも購入した。何度観ても、あたたかい気持ちにつつまれ、涙がこみ上げてくる。

一番最初に鑑賞した帰り道で、世界が愛おしく、優しく映って見えた不思議な感覚を今でも忘れられないでいる。
鑑賞後、ふとすずさんを思い出して涙がぼろぼろと溢れてきた。

感動と余韻をそのまま引きずり、この映画の感動を人に伝えようとしたのだけれど、困ったことに言葉にできなかった。どう伝えようとしても陳腐になりすぎて…。

(個人的な話で恐縮なのですが…)
私は遠くに住んでいる祖母に会いに行ったあとや電話で話したあとで、愛おしさで胸がいっぱいになって泣いてしまう。
「この世界の片隅に」を観たあとの涙は、祖母と会ったあとの涙に近い気がする。

この映画は、やさしさや愛おしさ、そしてあらゆることへの尊さを気づかせてくれる。

まちがいなく、私の中で人生一番の作品

katie
katieさん / 2018年1月11日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦時中の夫婦

ほぼ初対面で結婚し、女房は旦那の家族を支える。旦那もそれに答えて感謝する。お互いに好きだから結婚する。という最近のスタイルもいいけど、すずとシュウサクさんのような結婚も、良いなと思いました。だんだん愛が深まっていく様子がとても羨ましかったな。

たっき
たっきさん / 2018年1月9日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

なんだか涙が止まらない

なんでだろ。今までの戦争映画とは違う観点で描かれている。当事者なのに第三者的な、リアルな生活。もの、食事、生活、細かく描かれていて、色々初めて知ることがたくさんあった。のんの声がすごくよかった。

いつこ
いつこさん / 2018年1月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

戦争中の日常を間接的に描写する

時代考証やアニメーション表現が学術研究レベルでなされていることにも注目が集まりがちだが、事実の羅列から物語や感情を生み出すことが上手い映画だと思った。その点で本作は、単に「歴史的事実」や「日常生活」を描くのではなく、脚色も多くされていることには注意が必要かもしれない(そもそも登場人物はフィクションの存在だし)。また、個人の視点もあれば社会全体から見た視点もあり、語り口についても考えさせられる所がある。その上で、なぜすずさんという人に感情移入ができるのか、ということなどを改めて考えたいと思った。

サンセット
サンセットさん / 2018年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的 難しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごいのを見せられてしまった…

原作からこの作品のファンなのですが、映画を見終えて「なんだこの精緻な作りは」と驚きました。あとでブラックラグーンやエースコンバットのストーリーパートを担当した監督さんだとかMemoriesや鉄コン筋クリートと同じスタッフが脇を固めていると知り納得しました。

繰り返される対比の構造や挟まれる笑いのタイミング、ホントに微妙な方言の違いなどよく練られていると感じました。

色んなことを考えさせられる物語でした

それにしても、朝の連ドラの時も思っていたんだけど、のんという人は(声優として)良い悪い、上手い下手という評価をぶっちぎって存在感ある人だなぁ

ZDM916
ZDM916さん / 2018年1月6日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

この世界の片隅に、うちを見つけてくれて ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映画「この世界の片隅に」(片渕須直監督)から。
学校の歴史では学ばないが、太平洋戦争で被害を受けたのは、
原爆投下された「ヒロシマ」や「ナガサキ」だけでなく、
全国各地で、空襲を受けた海軍・陸軍の拠点は、凄まじいものがあった。
作品舞台の「広島県呉市」は「戦艦大和」を造り上げた海軍の拠点として、
敵国から集中砲火を浴びた場所である。
終戦直前の空襲は、特にはげしく、1日に何十回と繰り返され、
その様子は市民らの「警報、もうあきた」の台詞で表現されている。
そんな中、タイトルの「この世界の片隅に」の意味が知りたくて、
メモ帳片手に、観続けた。
主人公の「すず」に、こう投げ掛けた幼なじみの台詞がある。
「お前だけは、最後まで、この世界で普通で、まともでおってくれ」
戦争で、いままでの生活も人間関係も少しずつ荒んでくるが、
そんなことに負けず、お前らしく生きて欲しい、
それが、みんなの励みになるから・・と、言いたげだった。
しかし、タイトルの「この世界の片隅に」は、作品の最後に現れた。
「この町では、皆誰かを亡くし、探している」
「周作さん、ありがとう。この世界の片隅に、うちを見つけてくれて。
ほんで、もう離れんで、ずうとそばにおってください」
この時代、どの国に産まれ、誰と出会うか、ではなく、
この世界の片隅で、誰かに見つけてもらえて嬉しい、という気持ちが
伝わってきて、ホッとした。
いろいろな大切なものを失ってきた「すず」が呟いた台詞、
私の心にも響いたなぁ。

shimo
shimoさん / 2018年1月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まぁまぁ

悪い映画ではないが、高レビューの割に自分の好みではない。
のんの声優は良かったです。

SICK_JOY
SICK_JOYさん / 2018年1月1日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ファンタジーは人を強くする

すずさんは強いなぁ。
人のことを考えて、人のために働いて、人のために泣く。
悔しナミダを一度だけ、すずさんの心が自分の心に入ってきたように、胸が苦しくなった。
絵も音楽もキャストも、これ以外ないと思える、完成された作品。

あきゃきゃってね
あきゃきゃってねさん / 2017年12月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

すずさんの世界

まとめてレビューの2作目。

えーっと、まとめてちゃちゃっとレビューするには、まったく馴染まないですね、この作品は。延々と語り続けたい、そういう映画でした。

何か語ろうとしても、どうにも難しいですね、これは。

ただただ、すずさんという人が、そこに、そうして、生きていた、そのことだけでなんと尊いことかと感じたですよ。

チャーリー
チャーリーさん / 2017年12月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

のん

のんの広島弁が素晴らしすぎる。冒頭のナレーションから、もう。ネイティブでないひとが使う方言に嫌味がないって凄いことで、あまちゃんがヘタウマじゃなくて、ちゃんと誠意ある仕事してて、素直に感動する。声優なんて基本上手くて、気にならなければ誰でも良いのだけれど、これはちょっと違う。すずとは呼べなくて、すずさんと呼ばせる尊厳がキャラクターに宿っていて、絵で描いた人が動いているだけなのに、びびる。こんなにキャラクターが立った映画最近観た記憶がないし、アニメだからキャラクターが立っているのかは分からないが、観ていて恥ずかしくなるくらいキチンとした誠実な作品。
塚本晋也のコメントにある、空襲がどんなものか初めて実感出来た、というのが、ほんと正しい。

ssspkk
ssspkkさん / 2017年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

後味は決してよくない、でも二度と忘れない作品

戦時中の広島…から少し離れた呉にスポットを当てたアニメーション映画。

こんなにすごいアニメを久しぶりに見ました。
登場人物はフィクションですが、
ここで起こっていることは確かにあった真実です。
戦争がどうのではなく、当時を生きていた人々の
真実が描かれています。

この映画のすごいところは、
笑ったりドキドキしたり、のんびりしたりできるところですね。
ゆったりした雰囲気で、でもものすごいスピードで進んでいくストーリーは、主人公のすずさんの人生を追っています。

あまりに辛くて見続けることに耐えられず、そろそろと映画館を出てしまいました。
そのあと、漫画で続きを読みました。
ブルーレイでいいから、もう1度最後まで見届けたいです。

矛盾しているようですが、
ずっと見続けていたい幸せな映画でした。
間違いなく人生のベスト映画入りです。

tomai
tomaiさん / 2017年12月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣ける笑える。戦時に想いを馳せる。

泣けるし、のんの天然な感じがマッチしてる。声を出して笑えるシーンもある。ほっこりしたり、かわいいなぁって思ったり。悲しくて泣く時も。感情を揺さぶられる。単なる戦争ものではない。歴史の一ページを切り取ったものであり、終わった後も、見てよかったとなる。素晴らしい。戦争物をエンターテイメントの域まで高めた素晴らしい映画。これは素晴らしい。星五つです。

Kentaro
Kentaroさん / 2017年12月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テーマは重いですが、親近感をもたせるキャラクターで見やすいです。 ...

テーマは重いですが、親近感をもたせるキャラクターで見やすいです。
戦争を見つめ直す上で、いい映画だと思います

くま
くまさん / 2017年12月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

843件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi