この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
764件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 38 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 68 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 46 件)

数少ない日常の戦争映画

戦争とは、ほとんどの日常に時々の残酷なのではないかと想像していますが、多くの戦争映画は残酷ばかりで日常が乏しいような気がしていました

しかしこれは平凡な日常が戦争で壊される様子が描かれていました。ストーリーは飛躍があるかもわかりませんが、平凡な家族でも誰かが亡くなると涙がとまらなくなります

しんのすけ
しんのすけさん / 2017年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

機銃掃射と天気雨

普通ではない日常を、普通であるかのように過ごすこと。機銃掃射を天気雨かのように、空襲をゲリラ豪雨かのように、戦艦や駆逐艦をクジラかイルカかのように。
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍」んで生きること。とてもやりきれない悲しみと、やさしさと安堵と、時折の本音。サトウハチローの詞と加藤和彦の曲が歌い継がれてきた理由を、この作品に教えてもらった。
今年は「真田丸」「シン・ゴジラ」「君の名は。」「逃げ恥」「この世界の片隅に」の5つを押さえておけば、日本のいまを語れる、少なくともそのふりができそうだ。僕は真田丸はまだ見てないけれど。

hideaqui
hideaquiさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

四コママンガのようだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観ていて、展開が「四コママンガのようだなあ」と思った。いくつもの話を一つの作品にしたような感じで、構成は「ホーホケキョとなりの山田くん」を思い出しながら観ていた。
しかし、「ホーホケキョとなりの山田くん」には「適当」というテーマがあったのだが、この映画のテーマが何であったのか、それが訴えて来るものが今ひとつ見えてこなかった。それは自分の歴史認識の甘さだったり、考え方の浅さだったりするのかもしれない。
街並みだったり、人物だったり、描きこみの深さはあったと思う。
そして声も良かった。
ラストの展開、束ね方というのも夢うつつのようで、ファンタジーのようなところもあったように感じる。
しかし自分は、戦争はファンタジーでは無いと思っている。
謎めいた作品だったという印象が深い。

とけい
とけいさん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ぐぬぬ…

掘り出し物だからこそ輝いた作品!と思っていたけれど、ここのレビュー見て驚いています。これだけの人の心を動かしたとは…!

当時の時代の風情が手に取るようにわかって素敵で、親戚同士の会話も誇張することなくリアルに感じられて素晴らしく、いいアニメ映画です。しかし、人の生死の描き方に賛同できず、ラストの主人公の慟哭には既に置いてけぼりになってしまいました…。

なんの広告もなしにこのアニメにたどり着けば確かに地味なのにしっかりしてるなぁと思ったと思います。

nod.inc
nod.incさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ごてん

今まで見た反戦映画の中で1番穏やかで1番激しい映画だった。

もりもとしませふ
もりもとしませふさん / 2017年5月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

故郷に思いをはせる

広島弁が心地よい。
生きる!を強く感じた。

マイコンジャー
マイコンジャーさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

少し悲しい作品

戦争の悲壮感では無く、当時の生活感を表しており何故かほのぼのと見れました。

おっさん
おっさんさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

最高です

色々なキャラクターも、色のタッチも、物語も全て大好きです。作ってくれた人達に感謝です。

Raraismama
Raraismamaさん / 2017年5月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

大人向けのアニメーション

ストーリーについては、ほぼ原作通りなので評価は割愛。強いて言うなら原作ファンで議論となったリンの登場シーンについて、自分はいっそのこと全部削った方がストーリーが繋がるんじゃないかと思ったくらい。
あと登場人物皆いい人ばかりw。まぁ悪者出されたら作品が変わっちゃうか。
ただ、少なくとも戦前戦後史を知らないと理解できない内容も多々あり、そういう意味でも、大人向け、若くても中学生以上向けの作品かと思います。

あと、絵についても原作のアナログチックな画風を見事に昇華し、かつリアリティや逆にアニメならではの表現技法を効果的に使用し、まさに「アニメで良かった、アニメだからこそ引き込まれた」作品です。
「良さげなマンガは実写化」の流れに一石を投じたのでは無いでしょうか?

ポンポコピー
ポンポコピーさん / 2017年5月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  泣ける 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何回も観たい!

ずっと観たいと思いながら行けず、昨日やっと本懐を遂げました。
内容についてはもう今更語ることもないですが、感想を一言。
『素晴らしい!」。私はひねくれているので、泣かせに来られると逆に冷めてしまうというめんどくさいタチなのですが、第二次世界大戦という悲惨な時期を一人の女性の目を通して淡々と切り取られていくこの
作品はリアリティが感じられ、涙がとめどなく溢れました。本当に後世に残すべき作品です。BD早く発売されないかな。

Akivoh
Akivohさん / 2017年5月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

2017-19

レビュー見てからどうしても見たくなって見たけど、本当に見れてよかった!
ロングランしてるのもわかる気がする。
たくさの人が見てくれるといいな😻
のん(能年玲奈)ちゃんの声、素敵。本当に上手いし可愛い。特に語尾がちょっと息が抜ける感じがなんとも可愛くて。
悲しいことがあっても、終わったあとすごく幸せでほっこりした気持ちになれる。
戦争映画というと、戦争の悲惨さを酷いほどに伝えたり、反戦というメッセージを打ち出していたりすることが大半だと思う。でも、この作品は戦争下に生きた、どじっ子でのほほんとした女の子が、小さなことに幸せを見つけたり、苦手なことにチャレンジしてみたり、旦那さんにドキドキしたり、自然と周りを笑顔にしたりして生きてきた話。現代と変わらない心情で生きてるんです。
前にお兄さん二人組が座ってたけど、エンドロール終わったら、一人のお兄さんが隣を見てにっこり微笑んでたのを見て、なんだかほっこりした。

海里
海里さん / 2017年5月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

子供に見せたい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

大好きな絵を描く事も出来ない戦争時代。

生きててよかった。という意味で伝えた ヨカッたという言葉が主人公にはなにがヨカッたのか、、分からないという悲しさ。

何年何月何日、、、と遡る時の映像、印象深い。

知らなかった戦争のことがたくさん知れた映画でした。

これはとてもリアルなのかな?生きていたら、祖父母に聞いて見たかったです。

ひ
さん / 2017年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ようやく、観た。

ようやく、観た。
すごい。
未だに公開劇場がなくならないわけが少しわかった。みんなが見終わるまでかけ続けてほしいと思える。
普通の、少し抜けた少女が呉に嫁に行った2年間が中心。その生活をユーモアまじりに描き続けるのだが、主人公があまりにも普通で純粋なので、対比によって周りの環境の激変が際立つ。戦時中の疑似体験として、最高峰ではないか。それも、それを体験しようと観に来た訳ではないのに、体験するという凄さ。こういう作品が、戦争を風化させない映画なんだろうな。
戦争というシチュエーションを「使う」映画はあまたあるが、ほんとうに「伝える」だけの映画、それでいて誰でも興味をもてる映画という点が凄さ。

硬いことばかり書いたが、ほんとうに楽しめる映画。楽しめるという言い方は、気が引ける気もするが、逆にそこが一番重要な気もするのであえてこう言います。

のんの声は、ぴったりだった。この主人公の声優に関しては、天職だったね。

CB
CBさん / 2017年5月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

悲しい話しなのに。。。

すごく悲しい話しなのに、本人たちには日常なんだ、大げさにせずに淡々と進む生活の描き方が、印象に残りました。
胸が苦しくなりました。
素晴らしい作品ですが、自分にも子どもがいるにもかかわらず、1滴の涙も出なかったので、★2つ。

マシェリ
マシェリさん / 2017年4月29日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

原作ファンでしたが

とても楽しめました。
話題になっていた通り、のんちゃんは非常に主人公の声にはまっていて良かったと思いました。

アボカドうさぎ
アボカドうさぎさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公の大事な右手が爆発で吹き飛ばされる。

Takashi
Takashiさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大したことない映画

大げさに褒め称えてる人もいるけど大したことない
この時代の映画好きの多くがこの映画を絶賛してたわけじゃない事実をここに記しておく

卍麻光
卍麻光さん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 12 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

764件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi