この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
568件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 26 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 52 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 33 件)

泣けると思ってたが泣けなかった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

いい意味で。
かわいそうな部分とか
経験したことのない恐ろしさ
トラウマになってしまうほどのことがありましたが、

すずの、明るいところとか
家族の思いやり、
あたたかさ
のほうが大きくて

気持ちがほっこりさせられて
見終わりました。

最後の一人取り残されてしまった子供さんを
優しく家族にしていたところとか
その後をエンディングにしていたところとか
なんだか、嬉しく思いました。

何度もみたいですね。
戦争映画でしたが、明るくなれる映画でした。

日々無駄にせず、頑張らなきゃなと
色々と思わせてもらえました。

ありがとうございました。

感想が下手ですいません。

DVDになったら日本語字幕になってますよーに!!
字幕になるアプリのやり方がわからなかったので…

くまさん
くまさんさん / 2017年1月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 怖い 悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

ほんとうに観てよかった

ほのぼのしてるパートがあるぶん、後半の展開が心に残りました。
戦争系の映画はわりと観ていましたが、それでもどこか自分と切り離して観ていたなあって改めて感じさせられました。
これはすごく身近に感じられて、忘れちゃいけないなって思わされる。学校で習ったりドキュメンタリー番組見るよりも分かりやすくて、すごい作品でした。

長々と書いちゃいましたがそれ以前に、主人公のすずさんをはじめとするキャラクターがみんな可愛かった!!!!

AO
AOさん / 2017年1月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大人の事情で隠れた名作にしないで欲しい

ほのぼのとした雰囲気で、ごく普通な日常として物語が進んで行きます。(もちろん現代とは生活が大きく異なりますが、当時の平時としてはごく普通なんだと思います。)その当たり前の日常として戦争が描かれている事に恐ろしさを感じました。
我々若者は、戦争とはとても怖いものであり、とても特別な我々の生活とはかけ離れた遠い存在であるかの様に教えられています。しかしながら、戦争の悲惨さを伝えることを意識しすぎ、「戦争」に焦点が当たりすぎているのではないでしょうか。悲惨さを訴えるために一辺倒な内容になっているのではないでしょうか。戦争とは特別な事で、我々の日常には起こり得ない事であると、まるで空想の世界での出来事であると、どこかでそう感じていました。
しかし、戦争を体験した人々にとっては当たり前の日常の中で起きた出来事の一つであったこと。その人々は我々となんら変わらない人々であったということ。坦々と進む物語の中でそんな事をふと感じたとき、我々の当たり前の現実にも起こりうる事であると実感し、同時に寒気がしました。

hxsjnvduj
hxsjnvdujさん / 2017年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

_φ(・_・秀作 見逃してたよ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

先日キネマ旬報の2016年 年間ベストテンで一位にこの作品が出ていましたので視聴してみました。
戦時中の北条すずという絵をかくことが好きな女性の半生を描いた作品です。すずの半生は結婚も衣食住も満たされたものでなく、幸福とは程遠いものでありましたが、そんな中で彼女は力強く淡々と生きていきます。近しい人がなくなったり、自分の右手が空襲の爆風でなくなってしまいますが彼女は悲しみを乗り越えて力強く生きて行きます。現実の場面でも塾に行って勉強できたらとか、家が金持ちだったらとか現実ではないタラレバノ場面を想像し、そうでない自分はついていないとか、不幸とか思ってしまう事が多々あると思いますが、これはナンセンスな話で、与えられた状況でベストを尽くすのが人の素敵な生き方なんだと感じました。一生懸命生きるん事。
私も世界の片隅でチョットは抗って生きてみようと思います。

おにっち弐号
おにっち弐号さん / 2017年1月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

半々やね

2時間ちょいの作品。はじめは、のんさんの世界観に「なんだなんだ?」と衝撃をうけた。そのうち睡魔に襲われて1時間経過。後半はテンポが上がりおもしろかった。その為か後味は悪くない。前半もったいない……
私はのほほんより、強く生きる姿や、勢いを映画から学び、鼻息荒く映画館をあとにしたい。だから星2つ半(^^)

あつ♪
あつ♪さん / 2017年1月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

日本人なら

観なければいけない作品

しげぼん
しげぼんさん / 2017年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一番観なければならないのは。。。

大きな宣伝もなくとも、客席はほぼ満席であった。何故?と思いながら観始めると、戦後一桁世代として、遠くない過去の生活を垣間見ることになり、テンポの良い展開に思わず顔が緩む。あの、すずが叫ぶ、最期は玉砕じゃなかったかに!これが国の首脳部と庶民の大きな違いなのだろう。何も知らされず、殺し殺され、侵略を聖戦と決めつけた決着をはかりる。恥ずかしくもあり、情けなくなる我が戦後一桁世代である。あの一番観て欲しいあべ君とは同級生であった。。。。さて彼は同観るのかな?

ぽっくん
ぽっくんさん / 2017年1月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不思議

戦時中を舞台にした映画は、戦争の渦中にいる人物が描かれることが多いが、この作品は違う。
すごく普通の人物に焦点が当てられている。だからこそ、どの映画よりもリアルを感じるし、恐ろしさがある。おそらくこの映画を見て感動するシーンは人それぞれ違うんじゃないだろうかと思う。

たんたん
たんたんさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

若い人に観てもらいたい

あまりアニメ、観ないんですが、友達に誘われて観に行きました。観て良かった。
のほほんとした主人公が戦争の不合理を知ってしまう過程を描いています。

kaisei
kaiseiさん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

胸に沁み入る映画

祖父母達の生きぬいた戦争を、まるで自分の体験のように感じられ、アニメとはいえ現実感がありました。
細やかな生活描写の中に、一人一人の心の揺れをさりげなく上手に表現していたと思います。
それだけに、胸に沁み入りました。
声優とキャラクターがよくマッチして、音楽も良かったです。

113/cocoro
113/cocoroさん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作も読んだことがなく、大した前知識もないままに見ました。 悪い映...

原作も読んだことがなく、大した前知識もないままに見ました。
悪い映画でないことは、世間様の評価ほどにはなりませんでした。心がすさんでますかねぇ・・・?

他の方のレビューを見ると、人生でベスト映画とまで称賛される方がいらっしゃるのですが、私にとっては普通にいい映画でした。ちょっと間延びしてる感も感じたくらいですが、苦痛になるほどではなかったです。

ねりまっくま
ねりまっくまさん / 2017年1月20日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

のんも最高ですが。

ストーリーがよかったです。
義理の長女の姉役の声とタイミングの取り方が
よかったです。

maruma1970
maruma1970さん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

すごかった。

"誰もが見たことある名作アニメ映画"っていくつかあるけど、この作品もそこに加わること間違いなし。歴史に残る映画。すごかった。

好きな部分はたくさんあるけど、私はキャラクター性が特に好き。登場人物1人1人が物語の中で生きているように感じられた。

コイキング
コイキングさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

三丁目の夕日の呉・広島編

確かに、タイムスリップして、あの時代を体験した感覚になる。三丁目の夕日の呉・広島編だね。
それから、画力が凄い。日本のアニメーションは進化してる。フツーの絵のように見えて、いろいろな技術を駆使してるのが素人にもわかる。
精神年齢が若いなら、「君の名は。」の方が面白いと思うだろうけど、戦中・戦後派ならこの映画でしょう。
2016年、2017年はアニメの当たり年だね!

ともくん
ともくんさん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

和やかな感動

終わってから、どこか空いてた穴が埋まった気がした。展開にワザ有り。当時の生活がわかる。素晴らしい。 難は、一瞬で分からせようとしてるシーンに強引さあった。

たかナナ
たかナナさん / 2017年1月20日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

絶対に

絶対にもう一回見に行きます
私情もあって大泣きでした
実家もあんな感じだったんだよなあ、、
のんは本当にハマり役です

f
fさん / 2017年1月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しい

観終わって、しばらく悲しい気持ちが拭えなかった。空襲が何度も来る毎日を過ごした人たちがいたことに改めて気付かされた。終戦直後のシーンは計り知れない悲しさ・悔しさを感じた。激動の時代をすずさんが持ち前のほんわかさで前向きに生きていく姿がすごく印象的だった。

チンプイ
チンプイさん / 2017年1月19日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

568件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi