この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
750件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 37 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 68 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 44 件)

原作ファンでしたが

とても楽しめました。
話題になっていた通り、のんちゃんは非常に主人公の声にはまっていて良かったと思いました。

アボカドうさぎ
アボカドうさぎさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

悲しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

主人公の大事な右手が爆発で吹き飛ばされる。

Takashi
Takashiさん / 2017年4月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

大したことない映画

大げさに褒め称えてる人もいるけど大したことない
この時代の映画好きの多くがこの映画を絶賛してたわけじゃない事実をここに記しておく

卍麻光
卍麻光さん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 4 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

本当に観てよかった

映画を観てから原作を読みました。
戦争映画という認識で観るよりも、あまり難しいことを考えず美しいアニメの世界を観に行って欲しいです。
ドン底に追い詰められたり、いわゆる泣かせにくる場面はあまりないと思います。そういったところで退屈に思えてしまう人がいるのかもしれません。
私は、ハイテンポで流れるすずさんの日常で笑い、絵と現実が混ざりあったような映像表現に驚き、ひたすらのんきに、たくましく生きるすずさんの姿にひたすら泣きました。

トメィトゥ(18)
トメィトゥ(18)さん / 2017年4月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

リンさん...

原作の最も重要なサブキャラクターであるリンさんがいない。
尺とか理由はあるのだろうが、原作の素晴らしさが失われた映画は、原作とは別の(のんさんの)作品。原作で重要な「家族の団欒」もない。視聴後の印象が薄い。

きらせん
きらせんさん / 2017年4月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

戦争が奪ったもの ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

広島で育った少女が呉に嫁ぎ、空爆で色んなものを失っていく。
戦争がなければ、好きな絵をもっと描けただろうか。好きなことだけでなく、小さな命までも奪っていく…。
失った腕が色んなことを伝える気がします。

マルコ・ヨドガワ
マルコ・ヨドガワさん / 2017年4月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

大勢のすずさん

今更だけど観ました。

胸が痛いです。学校で習って、同じ時を題材にした作品を幾つも観てきて、すずさんと同世代の祖父母に多少はあの時代の話を聞いた記憶が、観ているうちにどんどんストーリーと重なって思い出されました。

観るのは辛いけど、これからもこういう作品は作り続けなければならないと強く思いました。大勢のすずさんがいたことを忘れちゃいけない。

A.TAKE
A.TAKEさん / 2017年4月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

戦争

一般市民の普通の感情をアニメーションで上手く表現している。アニメーションにする事によって、主人公の内面を可視化して分かりやすいですし、声優陣も表現力が豊かだし、絵も綺麗です。この映画の価値を認められない人もいると思うけど、若い世代は必ず見た方が良い。今の日本は平和だけど、世界に目を向けたら、70年以上前の日本と同じ国がある事を忘れない為にも…

しげはりゅ
しげはりゅさん / 2017年4月13日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

オススメしません。映画としてはつまらない

ネットで高評価だった為、
妻と見に行きましたが、
正直2人の感想は微妙でした。
DVDで良いかなレベルで、
映画館まで出向いて見る作品ではないかな。

ONEA
ONEAさん / 2017年4月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 4 件)

ネットの異常な高評価が逆効果に

少しのんびりした雰囲気の主人公で彼女を可愛いと観客に思わせながら物語は進みます。
この映画はこれを受け入れないと楽しめません。自らのキャラ設定に忠実な女だなと思ってしまったら終わりです。もしくは何かしらのハンデを背負ってる人なのでしょうか?そのへんがハッキリしないのでストーリーは主人公が腕を失うあたりまでは見なくてもいいレベル。いかにもアニメキャラっぽいので現実的ではありません。ラスト近くの突然のグロ描写など理解し難い場面は多いですが能年玲奈の声は主人公の謎キャラに合ってて良かったです。
ただ自分にはシンゴジラや君の名はに続くネットの異常な高評価が理解できないレベルだったので評価はあえて厳しめで。

kumashan
kumashanさん / 2017年4月8日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

美しくリアルな世界

水彩画を見ているような世界でした。
その時代を生きた人のリアルが描かれていて、心を揺さぶられました。
自分の生きがいを奪われて、それでもなお生きていかなければいけない人たち。見てて苦しい。でも現実。

jios100
jios100さん / 2017年4月6日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

重たい話を重たすぎないようにしてる

重たい話を重たすぎないようにしてる

なおや
なおやさん / 2017年4月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

普通の人のリアルな日常

この映画には私たちのおじいさん、おばあさんのような大勢の普通の人たちのリアルな日常がたくさん詰まっているように感じました。決して悲惨一辺倒ではなかったし、だからこそなんでもないところでじわっと来てしまう。その時代を生きた人が世を去って個としての記憶にアクセスすることはできなくなったとしても、このような形で記憶は継承されるのですね。
主人公すずの得意な絵と絡めて織りなされる表現も素晴らしかったです。

あひる
あひるさん / 2017年4月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

当たり前に生きていることが奇跡であることを思い知る

 戦時中の昭和18年広島に住むすずは、幼い頃出会った周作から求婚を受け、軍港のある呉へと嫁ぐ。縁もゆかりもない土地で、すずは美しい街の光景の中、自分の居場所を見つけていくが、やがて戦火が街を変えていく。

 映画は大体三部構成になっていて、すずの幼少期から嫁に行くまでは、ただひたすら美しい故郷の風景や幻想的な出来事が描かれ、呉へ嫁いでから一年の間は、周作との夫婦生活や家族関係の絆・美しい呉の街並みについて語られ、そして最後に戦争の理不尽さが美しい世界を奪っていく過程を描く。
 前半は情景描写がただひたすら瑞瑞しい美に溢れていて、主人公すずを取り巻く世界が如何に美しく、優しい時間であることを見せる。戦争が始まり、食糧難になっていっても、本で読んだ調理法を実践したり、純真に創意工夫で乗り切ろうとするすずの生活には、楽しさがあって、彼女は自分らしく生きようとする。
 しかし、昭和19年後半から呉の街は空襲に見舞われ、人々とすずの生活を変えていく。それでもあくまで生来の明るさと純粋さを失わず生きていくすずを、周りの人々は温かく見守るが、戦況が激しくなり、物語の後半、すずは絶望的な喪失を味わうことになる…。
 主人公すずはのんびり屋で「抜けている」と周りから言われて育つけれど、その生来の純粋さを通して見た彼女の世界は、本当に優しく温かさに満ちていて、過酷な現実があっても、いつも彼女の世界は美しい輝きに溢れている。そして、やがて広島を襲う悲劇を知っている鑑賞者は、その美しさに胸が締め付けられるのだ。

 「この世界の片隅に」は、面白い作品に出会った感動とはちょっと違って、見終えた時、素敵な人と友人になれたような喜びがある。すずさんという主人公に出会って、海の波がうさぎに見えること、すみれの花がお味噌汁になること…世界が瑞瑞しい美しさに溢れている事を、すずさんに教えてもらった気分…。
 活気のある広島の町があって、豊穣な海があって、呉の軍港があって、街の灯りと人々がいて、その中ですずさんという一人の女の子が生きていたということ。一人の普通の女の子が、戦時中という状況で普通に生きていこうとしたこと。当たり前のすずさんの毎日がある奇跡が美しいのだと。
 私も泣いてしまったクチなのだけれど、それは戦争の悲惨さに泣いたんじゃなくて、それは、すずさんの世界が瑞瑞しくてきらきら輝いていたから。世界の優しい美しさに、涙を溢したのだ。
 私は時々、当たり前に生きていることが当たり前じゃないことを忘れそうになる。だからたぶん、やっぱりまた観に行くだろう。当たり前に生きていることが奇跡であることを思い知るために。

 主人公役の能年ちゃん(のん)が好きなので、半分位彼女目当てで行ったんだけど、彼女の演技が神憑り的に素晴らしく、おっとりとした主人公すずの純粋さは、彼女でなければ演じられなかったと思うくらいハマり役だった…。本当に、こんな美しい世界を見せてくれてありがとう…って言いたい映画だった。

追記。素晴らしかったので、映画を観た直後、原作の漫画三巻も読みました。原作でのすずさんの苦悩はアニメより深く…特に映画では省かれてしまった、すずさんの分身とも言えるりんさんのエピソードや、終戦直後の彼女の言葉は、この映画を観て感動した人は、是非とも読むべきものだと感じました。尺の関係で映画では省かれてしまった原作の箇所は、それほど重要なものでした。もし映画でこの作品に惹かれた方が居れば、原作で描かれているりんさんの境遇と、すずさんの苦悩を知ってほしいと思うので、原作漫画をお薦めします。

めい
めいさん / 2017年4月2日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

評判ほどではない。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

戦前、戦中、戦後の暮らしが良く描かれていて、映画の画面の中に引き込まれた。この点は高く評価したい。

しかし、戦中での暮らしの中で、主人公が、戦争や、人の死に向き合う姿勢が「平和ボケ主義」的で、違和感を感じた。日本でしか通用しないと思った。この映画は、海外では閑古鳥だろう。

人の死のシーンがあるが、張り詰めた様な緊張感がない事が気になった。私が若い頃、目の前で友人が高所から滑落し、大けがをし、人里離れていたために、救助が間に合わず、目の前で死んで行くのを見た。20年以上過ぎた今でも、鮮明に覚えていて、忘れる事ができない。深い慟哭と、何もできなかった自分への怒り、、様々な感情は、今も忘れる事はできない。

時代は違うが、戦争中、人が死ぬ度に、同様の事があったはずだ。
この映画の中の戦争は、人が命を掛けているのに、緊張感が希薄で戦中暮らしごっこのファンタジーにしか見えなかった。

映画の中で、主人公が手を引いていた子供が死に、自分も右手を失うシーンがある。人の命が掛かった出来事なのに、どこか軽すぎる気がした。悲しみに、現実感がなく、全く涙も出なかった。

子供が爆死するシーンがあるが、その部分は全く描かれず、スリガラスの向こうを見ているように思えた。戦前、戦中、戦後の暮らしを現実的に描くなら、街の爆撃での人の死の具体的描写を加えて欲しかった。但し、街の人の死のシーンを、リアルに入れたら、この映画は作品として成立しないのかもしれない。。

後半の一部のシーンは、作画やストーリー展開の粗雑さを感じた。もし可能なら、予算の制約で取りやめたシーンを加え、監督の思う完成版を見せて欲しいと思った。

また、戦後の暮らしを取り扱った続編が作られれば良いなと思った。

シバの女王
シバの女王さん / 2017年3月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 5 件)

クチコミとは、恐ろしい

追記。
(さすが、話題作なだけあって、
レビューに対する意見も頂きました)

コメント欄が荒れてます。笑っ
顔が見えなければ
皆さん、強気。強気(笑)

★コメントの返信を書きます。

原作やこの映画のFAN。
作品に思い入れがない限り
誰しも食い入るように、
映画の細部まで、理解しようとこの映画を観ていないと思います。
そんなのは、どの映画にも言える事なので、分かりやすく大衆向けに作られていない以上、
二時間の娯楽を
『つまらない』という人もいれば、
『傑作』だと。
いうのは、人それぞれだと思います。

私自身、莫大の数の映画の中で、
『つまらない』と感じたまでの事。

傑作か駄作か、人それぞれが
決める事なので、価値観の押し付けは
やめて頂きたいものです。

☆レビュー

でるわ。でるわ。

の高評価で、昨年の11月からの
ロングラン。

おまけに、賞まで獲って

そんなに話題なら、
観なければならない。と
期待感、煽りまくり。
勝手に期待したのでは、
私自身では、ありますが。

『戦争もの。広島といえば原爆?』

と、何の予備知識も無いので、

いきなり、物語が淡々と説明もなく

ジェットコースターのように

はじまります。

戦争だからといって、
亡くなった人達の弔いも
さほど無く、絶賛されてる女優の
聞き慣れない方言に、違和感を
覚えて、、。
彼女自身は、
干されてますが、
個人的に好感度高いので
好きです。

この映画の見せ場は、
何処だったんでしょうか。

家に帰って『火垂るの墓』
を見直して、泣きたいと思いました。

消化不良です。

☆ペニクリNH★
☆ペニクリNH★さん / 2017年3月31日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 5 件)
  • 共感した! (共感した人 6 件)

日々の生活の向こう側にある戦争が迫ってきて、怖かった…

「となりのトトロ」以来、二度目のキネマ旬報の日本映画の1位になったアニメだ。遅ればせながら、ようやく映画館で観た。戦争物のアニメというと、私はどうしても「火垂るの墓」を思い出してしまうのだが、この映画は、描かれている期間も長いし、真正面から戦争の悲劇を描いている訳ではない。その前に、日常生活が横たわっているのだ。丹念に描いて

瑞
さん / 2017年3月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

750件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi