この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
777件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 39 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 69 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 47 件)

ある意味で退屈

戦争時代の人々の日常を淡々と描いた作品。といってしまえばそれまでなんですが、この類の映画を私は知らなかった。

観ていてとにかく退屈。何かおきる?何がおきる?とドキドキしていてもずーと何も起きない。

それでも観なきゃ行けない、そう感じさせる何かがある映画。

見どころはラストの20分くらいかな。
それまではずーと前フリという感じ。

ちゃんたく
ちゃんたくさん / 2017年7月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一番幸せで一番恐ろしい戦争映画

それこそ小学生の頃からいろいろな戦争ものを観て来たが、このような描写は初だったのでひどく心に刺さった。自分達のちょっと上の世代が実際体験したことで、彼らの生活が今と繋がっているというのがよくわかり、ただひたすら厳格に粛々と戦時中を暮らす…というよりも、現代の人間と当時の人間がまったく同じなのだった。でも考えてみたら当たり前なのだ。兵隊で広島に派遣されていた祖父も、顔が長い教官をガスマスクとあだ名をつけて同期達と陰でいじってからかってたり、今の若者とやることは同じだった。映画では野良猫や野鳥、虫もたくさん登場するが、空襲の時は彼らもやはり慌てふためく。ほんとうにそれが現実なんだよなあと思った。空襲警報がしょっちゅう鳴るから「どうせ今回も大したことないっしょ」とか、家族が亡くなっても意外と飄々としてたりとか、実際もこんな感じだったのだろうと感じたし、今の人間だって戦時下に放り込まれたら必ずこうなるだろう。だから本当にリアル。ゾッとしたのは空襲でアメリカの飛行機達が群れをなして飛んで来るところ。祖父母の生活の追体験をしたみたいで泣きそうになった。こんなにゾッとする描き方をした映像を今まで観た事がなかった。正直最初から最後までずっと涙腺が緩んでいたけど、戦争孤児がすずさんの腕にしがみついてくるところはめっちゃ泣いた。
このアニメはジブリと同じで”狙ってます感”がないので余計にまっすぐ観ることができたと思う。あと、当時の女性は忙しい。男よりも忙しいんじゃないか。現代の女性達が保育園に入れないとか国のバックアップが足りないとかどうとか色々言うけど、どれだけ恵まれてるんだろうと思った。スイッチひとつでたっぷりの白米が炊け、洗濯や脱水までしてくれて、お湯で皿洗いができ、安い金額で服も買える。家事がこんなに簡単にできる幸せをものすごく感じた。丁寧に生きたくなった。すずさんがまだ日が昇らない時間から必死に朝ごはんの支度をする。と同時に、竃の煙が、それぞれの家から昇って来る。それぞれの家にそれぞれの人間の生活があって、それだけでも涙が出るほどとても愛おしい。男はつらいよでも、家族が揃って食卓を囲む姿が本当の人間の生活であるとし、吉本隆明も、普通に生きている人、あるいはそういう生き方を既にやっている人の生き方が、一番価値ある生き方だと言っている。でも本当にそうだなぁと思う。そして自分の命がどれだけすごいことか!祖父は原爆投下時、まさに広島県庁の近くにいた。そんな爆心地に近かったのに、祖父が生きていてくれたおかげで今の私がいるのだ。それなのに私は、社会に対してプンスカ文句を言ったり、恋人が風呂に入らないで寝てしまって汚いだの、早番は眠くてキツいだの、暑いだの寒いだのわめいている。彼らの暮らしを思うとなんてばかばかしい。だけど、やっぱり、そんなばかばかしいことでわめいていられることは幸せなのだ。わめいてもいいんだ。でも意識は必要だ。これからもわめきながら生きるだろうけど、どこかでちゃんと感謝をしながら生きたい。
最後に、この映画が公開される前年に亡くなった祖父に観せてあげたかった。どんな感想を言ってくれただろうか。幸い祖母はまだ生きている。広島での兵隊生活の話を祖父からたっぷり聞かされてきた祖母は何て思うだろうか。祖母は足腰が弱ってしまって映画館には行けない分、早くDVDを一緒に観たい。

numero13
numero13さん / 2017年7月5日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

映画を超えている。

映画は年に一度も見ない時もある私が、首都圏のいろんな劇場で15回も鑑賞したこと自体が50代半ばの私にとって特別なことです。そして回数はまだまだ増えそうです。
映画の内容は他のコメントに譲るとして、片渕監督の尋常ではないリツィートの嵐と100回に迫ろうかという舞台あいさつが成功の大きな要因でもある。
実際、上映終了後出口で深々と頭を下げてお礼を言い続ける監督は過去にいただろうか。
いっぺんに監督のファンになってしまう。

もうひとつ、シネコン全盛のなか、古くからの小さな映画館主たちがこの映画に惚れ込んで上映し続けていることを知り、本当に嬉しくなり、応援したくなりました。下高井戸に映画館があったなんて知らなかったし。
必ずではないが、エンドロールが終わると拍手が起きる映画も私は他に知らない。
杖をついたおばあちゃんが上映中に大きな声ですずさんに話しかけてしまうがそれすらも微笑ましい。
そうした普段映画館に来ない人たちを呼び込んだ功績も大きい。
非劇場上映も盛んで、およそ200会場だそうです。そして満席情報がたくさん。イギリスでも好評のようで海外の人たちをも引き込む魅力があるようです。

多分ですが、毎年8月中旬には必ずどこかの映画館でリバイバル上映されると思います。
そして予算の関係でカットした部分を足した完全版もいずれ作られることでしょう。

観客動員200万人達成の日に映画館の人に「見た人みんなで記念撮影してください」とお願いして実現できたことは本当にいい思い出になりました。

「過ぎたこと、選ばんかった道、みんな冷めた夢と変わりゃせんな」

私はこの映画とともにこれからを生きて行きます。

katokichi
katokichiさん / 2017年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

うーん。やっぱりどこかグッとこない歯痒さがなあ

2/28にユナイテッド・シネマ阿久比で一度目鑑賞

gnr_gr
gnr_grさん / 2017年7月1日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

激動の時代を日常と共に流される話

この世界の普通のことや辛いことを、面白かったり綺麗だったりする絵に変えてしまう、すずさんの右手。それを、いろいろな物と一緒に失うシーンは辛かった。
作中でお義姉さんが、すずさんは結婚とか生き方を自分で決められずに気の毒だと言っていたが、子供の頃一度出会ったきりの自分を探し出して迎えに来てくれたっていうのは、それ以上に凄いことかもしれない。
激動の時代を、ひたすら日常と共に流されていく話だった。

有無
有無さん / 2017年6月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

この世界の片隅に

原作の世界観を忠実に映像化した点が良かった。淡い水彩画のような色合いを大きなスクリーンで再現したところは素晴らしい。映画と原作は別物というくだらない逃げ口上の映画とは逆に、スタッフの原作を大切に思う気持ちが伝わる。
プロの声優ではないが、この作品に限って能年玲奈が担当していた事が良い結果となった。もし事務所とのゴタゴタが無ければ別の女優としての仕事を優先していたかもしれないし、この作品に辿り着いたのは運命の導きだったのかもしれない。それくらい、主人公「すず」との相性がいい。
時限爆弾の悲劇の場面はどう映像化するか楽しみにしていたが、あれで良かったと思う。尺の関係と思うが、原作では重要なキャストである白木りんが1シーンのみの出演というのが残念。
というわけで満点を付けたいところだけれど、予告編でも感じた本編中のコトなんちゃらの歌がどうも気持ち悪い。死にかけの病人の歌みたいで、前向きで明るい結末に水を差すだけである。この歌手を起用したのが減点。
エンドロール後の、クラウドファンティングに協力した方々の名前がずらりと出るところも感動的だった。

Hawkwind
Hawkwindさん / 2017年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 2 件)

泣いた。

戦争の中の生活を垣間見得て良かったです。

戦争は何も生まない。ご飯とかも大変になる。某国にも見せてあげたい。
流行ってた『君の名』よりこっちが好き

物語好き。
物語好き。さん / 2017年6月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

かなり感動

ほのぼのとした日常を描いているのに、だんだん胸が締め付けられる。戦っているシーンがほとんど無いのに、戦争の悲惨さもしっかり伝わる。心に深く残る名作。

おやしらず
おやしらずさん / 2017年6月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

本当の戦争映画

ゆるふわな世界観の中に描き出される残酷な現実が絶妙でした。
戦争を生きた人たちも私たちと同じ日本人だったんだ。少し、虚しくクスクス笑える素敵な映画です。

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年6月17日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

日常と、戦争

戦争を題材にした映画としては
異質と言えるほどの悲壮感のなさ。

あくまで戦争は時代背景で、
そこに暮らしている人々の日々を描いた本作。

すずさんの日々はとても楽しそうで、
とてもほっこりさせられる。

しかしそんな楽しい日常が、
戦争によって壊される。

配給の減少程度だった戦争の影が
徐々にすずさん達に忍び寄ってくる。
そしてーーー

悲壮感がないといっても、
それは前半までのお話。
やはりこんな時代では幸せなまま
生きていくのは難しい。

幼稚な感想になってしまうが、ただ漠然と
「あぁ、やっぱり戦争ってよくねぇなぁ…」
という気持ちになる。

「火垂るの墓」のように
悲しいばかりではないので、余計に
そう思わされるのかもしれない。

なんでこんなに楽しく過ごしてるのに、
こんな目に遭わなきゃいけないんだろう…
みたいな。

とにかく悲しくてやりきれない。

しかし、本作は希望を残してくれる。
悲しいだけで終わらないのがスゴい所。
だから何回でもすずさんに会いたくなる。

そしてもう一つスゴいのが、
感動が押しつけがましくない所。
だから人によって泣くところも違う。
まさに十人十色の感想を持てるのだ。

最初は能年ちゃんの声に違和感もあったけど、
どんどんすずさんと能年ちゃんがシンクロ
していくのがわかる。
もはや彼女しか考えられないほど。
本作はキャスティングまで素晴らしかった。

俺の映画帖
俺の映画帖さん / 2017年6月10日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 4 件)

素晴らしい映画

とても素晴らしい映画だと思いました。いつまでもジーンと心に残ってます。

Yuuji
Yuujiさん / 2017年6月9日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

評判どおりの傑作映画

とても面白かったです。
評判を聞いてAmazonで視聴。大東亜戦争当時の話ということで悲しい物語と思いきや、終盤を除いてくすくす笑えたりほっこりするような楽しいお話でした。クライマックスのシーンもとにかくお涙頂戴ストーリーやお説教臭い教訓めいたスト―リーにならず、いろいろな出来事を乗り越えて前に進むという力強さを感じられて、今までの戦争映画の常識を変えるエポックメイキングな作品になっていたと思います。
また、日常系アニメのようなのほほんとした空気を持ちながら、日常系アニメほど世界は狭くなく、周りにしっかりとした世界があるリアリティさを感じらました。
そしてなによりも美しい作画と圧巻の背景美術。特に背景はそれだけを映していても見ていられそうな美しさでした。
さらに主演ののん氏の演技と主人公すずのイメージがぴったり合っていて、奇跡的なグッドキャスティングになっていました。
一部、りんさんはどうなったかとか、あの口紅どこからきたのかよくわからなかった部分はあれども、日本アニメ映画の最高傑作と言う人がいるのもわかるとてもいいアニメでした。

まさくん
まさくんさん / 2017年5月29日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 楽しい 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 5 件)

まあまあ

戦争映画で内容は重いけど火垂るのはかほどみていて辛くならなかったです。能年れなの声がはまっていたと思います

blue sky
blue skyさん / 2017年5月27日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

心に残る映画でした

内容的には、心えぐられるシーンが多々ありましたが、なんとも言えない良さがありました。

のんさんが声優をやっていたそうですが、何ら違和感も無く、むしろ合っていたと思います。

とよぴ
とよぴさん / 2017年5月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

数少ない日常の戦争映画

戦争とは、ほとんどの日常に時々の残酷なのではないかと想像していますが、多くの戦争映画は残酷ばかりで日常が乏しいような気がしていました

しかしこれは平凡な日常が戦争で壊される様子が描かれていました。ストーリーは飛躍があるかもわかりませんが、平凡な家族でも誰かが亡くなると涙がとまらなくなります

しんのすけ
しんのすけさん / 2017年5月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

機銃掃射と天気雨

普通ではない日常を、普通であるかのように過ごすこと。機銃掃射を天気雨かのように、空襲をゲリラ豪雨かのように、戦艦や駆逐艦をクジラかイルカかのように。
「耐え難きを耐え、忍び難きを忍」んで生きること。とてもやりきれない悲しみと、やさしさと安堵と、時折の本音。サトウハチローの詞と加藤和彦の曲が歌い継がれてきた理由を、この作品に教えてもらった。
今年は「真田丸」「シン・ゴジラ」「君の名は。」「逃げ恥」「この世界の片隅に」の5つを押さえておけば、日本のいまを語れる、少なくともそのふりができそうだ。僕は真田丸はまだ見てないけれど。

hideaqui
hideaquiさん / 2017年5月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

四コママンガのようだった ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

観ていて、展開が「四コママンガのようだなあ」と思った。いくつもの話を一つの作品にしたような感じで、構成は「ホーホケキョとなりの山田くん」を思い出しながら観ていた。
しかし、「ホーホケキョとなりの山田くん」には「適当」というテーマがあったのだが、この映画のテーマが何であったのか、それが訴えて来るものが今ひとつ見えてこなかった。それは自分の歴史認識の甘さだったり、考え方の浅さだったりするのかもしれない。
街並みだったり、人物だったり、描きこみの深さはあったと思う。
そして声も良かった。
ラストの展開、束ね方というのも夢うつつのようで、ファンタジーのようなところもあったように感じる。
しかし自分は、戦争はファンタジーでは無いと思っている。
謎めいた作品だったという印象が深い。

とけい
とけいさん / 2017年5月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

777件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi