この世界の片隅にのレビュー・感想・評価

この世界の片隅に

劇場公開日 2016年11月12日
800件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

「描く」ことへのこだわりが革新的な映像表現を生んだ

昭和の戦時の暮らしを描くアニメで、これほど新しい映像体験になるとは!郷愁、お涙頂戴のありがちな作品かと思いきや、当時を題材にした従来のアニメとは一線を画する傑作だ。

主人公すずは、描くことが大好きな女性。親に縁談を決められる時代、女性の自由意志がろくに認められない世界に、自分の存在を刻むかのように、目にしたものを絵に描く。すずが描く風景画は、時にアニメの中の実景を書き換える。その表現手法が新鮮だ。

小気味よい編集テンポも新味に貢献。市井の人々の生活を語るならゆるいペース配分もありだろう。だが、日常を淡々と、ごく短いカットで次々に描写を連ねる手法は、じっくりと共感することを拒むかのよう。しかし、物足りなさがあるからこそ、二度三度と観賞したくなる。

能年玲奈=のんの声の存在感も大きい。すずが「あまちゃん」のヒロインに通じる天然系キャラであることも、感情移入のしやすさに寄与している。

AuVis
AuVisさん / 2016年12月2日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 42 件)

思い出すたびに涙が溢れてくる

戦争の悲惨さを訴える従来の映画とはまるで違う。えも言われぬ幸福感、温かさを抱きしめながら、ふとこれはラブレターなのではないかと思った。あの時代を生き、必死に日常を耐え忍んだ人たち。それは観客一人一人にとって決して他人などではなく、誰もが世代をさかのぼればすぐに当人たちへと辿り着く。物心ついた頃には既にシワクチャだったおじいちゃん、おばあちゃんたち。彼らが初々しい少年や少女だった頃のことをこれまで考えたこともなかった。どんな風に成長し、新婚を迎え、戦火の中でどれほど大切なものを失い、そして新たに生まれた生命にどれほど希望を得たのか。すずさんの心の機微はきっと多くの日本人に共通していただろう。私の祖父祖母もとうに亡くなってしまったが、もっと当人から話を聞いておけばよかったと心が苦しくなる。だからこそ、こうしてこの映画へ足が向いてしまう。すずさんに会いたくてたまらなくなる。何度でも、何度でも。

ぐうたら
ぐうたらさん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 70 件)

観た人に語らせる力の凄まじさよ。

泣いた映画がいい映画とは思わないが、この映画は泣かせの演出はほぼないのに文字通り洟をすすりながら観た。自分は映画から入って原作を読んでまた映画を観た。原作ファンが映画の改変について物申したくなるのもわかる気がしたし、監督が原作カットしたプロットをあの手この手で行間やエンドクレジットに仕込んできたこだわりもわかった。

自分は映画単体で傑作だと信じているし、原作ファンもてんでダメなシロモノだったらこんなに反論や検証で盛り上がったりしなかっただろう。自分が思うことは、とにかく素晴らしい原作があり、映像でしかできない表現で映画化し、自分を含めた受け取った観客が平静ではいられないものができたということ。

言葉を尽くしても二時間強に込められたディテールを解析し切ることはできないし、エモーショナルな衝撃を説明することは不可能。ただこれほど繰り返し観て考える価値がある映画もないと断言しておきたい。

バッハ。
バッハ。さん / 2016年11月30日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 2 件)
  • 共感した! (共感した人 48 件)

衝撃

年代が進むにつれて、観ている自分が緊張して涙目になりながらその世界観に没入してしまった。
その年代に生きてないのにどこか懐かしい感じがしました。
悲しいけど傑作です。

たかやん
たかやんさん / 2017年9月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

今日も明日も ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

生きていかないけんのですけ。

すべてはこの言葉に集約されてるように思いました。
元々、こうのさんのお話が大好きで、この作品も読んでいました。戦争映画というカテゴリーでありながら、日々を懸命に生きていくすずさんの姿は現代の私たちにも通じるものがあると思います。
存命の祖母が戦中は某軍港に住んでいて、B29が焼夷弾を落としにきた話や防空壕に逃げそびれて側溝で耳を塞いでやり過ごした話など聞いていました。でも、それより驚いたのは空襲の後に普通にヨモギとか食べられる草なんかを採って帰っていたということです。
祖母が、食べていかないけんけねぇ、と言っていたことが思い出されました。
戦争はもちろん悲惨で、二度とあってはならないことですが、そんな中でも懸命に生きていこうした人たちがいて、今の自分があるのだということに改めて気付かされました。

りんさんと周作さんのお話は完全版(長尺版)で描かれるそうなので周作のノートの話や二河公園の花見のシーンなど今から楽しみです。

能年玲奈さんの演技はとても良かったです。
『ほいで、ここはどこねーーー!?』と叫ぶシーンは私的必見シーンです(笑)

るーしー
るーしーさん / 2017年9月22日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 幸せ
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

胸に突き刺さる

戦時中、呉で過ごした女性の物語
そこには戦時中でもちゃんとした生活があって、1人の人生があって、生きることの素晴らしさと同時に戦争の惨さも伝わってきた

蓮
さん / 2017年9月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ある日を境に笑顔を奪われる出来事が起こるのは何も戦に限った事では無...

ある日を境に笑顔を奪われる出来事が起こるのは何も戦に限った事では無いだろう。背負いきれないものを背負わされた時人は笑顔を失うのだ。それでも生きて行かなければ。

sakahiro
sakahiroさん / 2017年9月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

等身大の日本人

今までみた戦争映画の中で一番好きで一番引き込まれたアニメ映画でした
多分、あの戦争の中を生きた方の多くはこの映画のすずサンと似た経験をしたのではないかと思う

いままで邦画の戦争映画の作り方表現が嫌いだったけど、これはホントに等身大の日本人で大好きな映画でした

アクアMARINE
アクアMARINEさん / 2017年9月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

評判通りよかったです。 すごくスローペースな作品。それがいい。 「...

評判通りよかったです。
すごくスローペースな作品。それがいい。
「っふっ」と笑わせるシーンがなんどもありました。
最後母親を失った子供の姿に泣きそうになった。

へまち
へまちさん / 2017年9月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

素敵でした。

新感覚でした。
原爆と言えばマイナスなイメージがあるのに
こんなに明るく(いや決して明るい訳じゃないけど、火垂るの墓などと比べれば)映像化することができるなんて思いませんでした。
たまに挟んでくるリアルな描写に胸がグッときました。
私が見てきた映画の中では回りくどい描写が多いのが普通なのですが、この映画は考察もしやすくわかりやすい映画でした。特に心に残ったのが、「でも全部は食べないようにしよう、また明日も明後日もあるんじゃけぇ」みたいなセリフです。また明日も明後日もある…その言葉に何だか戦争というものに対してイメージが変わりました。
戦争=ダメなもの、としてしまっては、その時代に懸命に生きた人達が何だかなかったことのようになってしまうような気がしました。広島に原爆が落ちても、生き残り、懸命に今日を生きた人がいる…。
最近、北朝鮮がミサイル打ったりして、近々戦争が起こりそうですが、私も1日1日を大切にして生きていこうと思いました。素直に泣きました。
周作とすずの2人が仲良くなっていく過程も素敵だと思いました。すずが「広島に帰る」と言った時に、周作が言った言葉がグッときました。
本当にあっと思わされる映画でした。

恵未香
恵未香さん / 2017年9月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

このクソッタレなアニメの片隅に

少人数の人たちがネットで大宣伝しただけのアニメですw
見なくても損はありません

Aniota師寝
Aniota師寝さん / 2017年9月11日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 0.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 3 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

優しくて悲しい…

平和な今でも
戦争の最中でも
人は心に愛を持ち続ける

前向きに、前向きに
生きる具体例を
アニメで見せてもらった感じ

とっても良かった。
広島や呉、そこに住む人々に会いたいと思った。

子ども達にも確実に響いていた。

戦争は良くない。

サマースノー
サマースノーさん / 2017年9月5日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

絶対観てほしい映画。

2016年No. 1作品。全世界の人に観てほしいアニメ。

あみ
あみさん / 2017年8月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

絵柄も話も優しかった

絶賛されていたので期待度を上げて観に行ったのが良くなかったのか、自分の中では最高の作品とは思えませんでした。(とても丁寧に作られた良い作品だとは思います)

戦時中の庶民の生活を淡々と描いたところには好感が持てます。ヒロインのおっとりした性格も相まって、ほのぼのとした雰囲気でした。

反面、戦争の悲惨さがオブラートに包まれていたところに残念な気持ちになりました。
同じ太平洋戦争を扱ったアニメ映画『火垂るの墓』と比べてしまうと、取っ付きやすさでは勝っていてもメッセージ性では劣っているような気がします。
もっとも、そこを高評価する方も多いようですが・・・

とち
とちさん / 2017年8月30日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 怖い 幸せ
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

戦争の皮を被った青春譚 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

この作品は「戦争」に本質がある訳ではないらしい。
実はたんなる一田舎娘の青春譚なのでせう。
仮に戦争要素がごっそり抜けていても、普通に物語として成立していたやうに思われる。
この作品には戦争映画特有の切実さがない。
『野火』『永遠の0』『火垂るの墓』『はだしのゲン』などを見て感ずるあの呼吸器が締め付けられる切実感がない。それはやはり距離感の問題であらう。
『この世界の片隅に』はまさに戦争の片隅に位置する人々の話で、戦争映画によく漂う腐臭と吐き気、醜悪さ、絶望、目を背けたくなる感がまるでない。始終、流れるやうな綺麗な筋書きである。だがそれでよい。おかげで何度も観れる。

舞台は第二次世界大戦中の広島。
いかにも虐げられし人々の描写がなされそうだと予感せられる。が、蓋を開けてみるとそんな事は殆どない。普通(とはいかないまでも、それなり)に暮らしは成り立っているやうだった。
その上で勝手な縁談、若い男女が抱く感情、周囲との人間関係、葛藤、ウーマンリヴ精神これだけ素材が揃っていれば別に戦争映画でなくてもよい気がする。だが、ここに戦争といふスパイスが加わることによって我々はある種の感動パターンに嵌められて涙してしまうでせう。

戦争はあくまで付加価値なのかもしらん。

「従来の戦争映画とは違う」というより、「従来の青春譚に戦争要素を染み込ませただけの映画」であらう。

福田恆存
福田恆存さん / 2017年8月29日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 6 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

一番心に残る映画

終始泣きっぱなしだった。
観てからしばらく経つけど、今でも思い出すたびに泣きそうになるくらい大好きな作品。
主人公が、見知らぬ土地に嫁いで一生懸命頑張って生きている女の子なので、多分女性のほうが惹きつけられると思う。
あんまり書くとネタバレになっちゃうから書けないけど、女性には観てほしい。
戦争の話というより、強く生きる女性の話。

らむね
らむねさん / 2017年8月27日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 3 件)

戦争だろうが平和だろうが、すずさんは映画の中と変わらず生きていたん...

戦争だろうが平和だろうが、すずさんは映画の中と変わらず生きていたんだろうなぁ。戦時下でも素朴に生きていることに焦点を当ててる感が、何処か懐かしくなるように観た人を引き込んでいく。

susumu takeda
susumu takedaさん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

この世界の片隅に

いい映画。今過ごしている、なんて事ない日常に感謝しました。

HIDEARMY
HIDEARMYさん / 2017年8月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

そんなに、、、

評価が高いので観てみましたが、思ったほどではなかった。期待しすぎたのかな、、、

am167たぅーの
am167たぅーのさん / 2017年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

NONちゃん素晴らしい。

やっぱり入り込む演技が上手いんでしょうこの人は。
戦争の悲惨さは勿論のこと、そんな時でも毎日の生活を全うしなくてはいけない人達の強さを垣間見る事が出来ました。
後世に残すべき映画だと思います。

KID
KIDさん / 2017年8月18日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

800件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi