白鯨との闘いのレビュー・感想・評価

メニュー

白鯨との闘い

劇場公開日 2016年1月16日
139件中、1~20件目を表示 映画レビューを書く

凄い迫力

鯨漁の迫力が凄いです。生き延びる為に全ての生き物が全力で闘っているんだなと考えさせられました。

ayu
ayuさん / 2017年7月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見応え十分

濃い内容。見応え十分といった感じです。
まあ、男たちの物語ってことで女性受けはしないでしょう。
「回想」にした構成も良いと思います。ライフオブパイとかぶりますけど。
しかし完成度のわりに感動はなかったりする。なんでだろう。
白鯨の迫力はすごいですが、張りぼて感満載の老人と海(あれはカジキだったか?)のほうが好みだったりする。

okaoka0820
okaoka0820さん / 2017年7月12日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

まさに怪物

こんな怪物に海で狙われたら、そりゃ怖いな
題材は良いのに、あまり盛り上がらなかったのは残念

おのもん
おのもんさん / 2017年6月25日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

壮絶だったな~ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「白鯨との闘い」字幕版 PSvitaで鑑賞。

*概要*
一等航海士オーウェンと船長ポラードが乗るエセックス号が太平洋沖で巨大なマッコウクジラに襲われ、乗組員たちの死闘を描く。

*主演*
クリス・ヘムズワース

*感想*
PSNで100円レンタルだったので、即借りました。あまり情報を入れずに鑑賞しましたが、壮絶でした。鯨が怖すぎる。。
エセックス号の沈没と壮絶な無人島でのサバイバルがリアルに描かれていて、とにかく凄かった。
イケメン一等航海士と生意気な船長との関係が常にピリピリ。でも、途中から次第に二人の関係との絆が深まっていくのが良かったかな。

ちょっと予想外だったのが、漂流するところ。タイトルが「白鯨との闘い」だったので、まさか無人島でサバイバルするとは思ってもみませんでした。予想外でしたけど、なかなか緊張感が伝わってきました。

現在と過去が行ったりきたりするのがいい。

全然複雑じゃない。最後の方は感動しました。

ひろっぴ
ひろっぴさん / 2017年5月9日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  怖い 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「白鯨」の元ネタの話し メルビィルが何十年も口を閉ざしていた たっ...

「白鯨」の元ネタの話し メルビィルが何十年も口を閉ざしていた たった一人 生き残った船員の告白を取材する形で物語が進んでいく。
鯨や海のシーン 漂流の内容はすごい訳だが、最もゾッとするのは…
鯨がエネルギー資源であった頃の話
何があっても 捕鯨は止めれない だから、この事実は隠蔽されていく。

国家的事業の使命を背負った(と思い込んでいる) エリート船長は死を簡単に選ぼうとする。いたずらに嵐に突っ込もうとする
今も昔も 同じ事
IMAXで観たかった

U-TA
U-TAさん / 2017年5月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

フランケンハイマーのよう・・・

原題は【In the Heart of the Sea】
生存者が語ることの無かったエピソード、それが本作の主題だ。
メルヴィルの【白鯨】とは別物。
Moby-Dickには頼りきらずにロマンの欠片もない主題を的確な短いショットの積み重ねを観客の腑に落とし続けていく手法でエンターテインメント映画として成立させているのがフランケンハイマーのようだった。

蛇足軒瞬平太
蛇足軒瞬平太さん / 2017年4月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

タイトルを忠実にしたら… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

視聴:1回目
推薦:映画マニアのみ
感想:語りの最初にあるが二人の男の物語であり、鯨はスパイスに過ぎないかなと。それぞれがどう考えてどう行動し、物語の終盤にむかってどう変わっていくかを見ていくと面白かった。

ほんげ
ほんげさん / 2017年4月11日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

泣けました ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

最初は退屈でしたが、後半一気に引き込まれました。泣けました。
どこまでが真実かわからないけど、現実はもっと過酷だったろうなぁ。

ボケ山田ひろし
ボケ山田ひろしさん / 2017年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サバイバル

白鯨との戦いより、そこからのサバイバルに重点が置かれてる。

上みちる
上みちるさん / 2017年2月4日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

いい作品

船長と一等航海士の対立しながらも最後には正義を貫くいい話ですね。、捕鯨のみならず、海洋生物保護のメッセージあり?
それはともかく場面が迫真的で面白かった。

素子
素子さん / 2017年1月22日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

飢餓との闘い??

映像、描写は素晴らしい。一緒にそこにいて試練を共にしているかのような気分になる。白鯨のシーンも凄い。ただ邦題の白鯨との闘いはストーリーのメインではなく、どちらかというと漂流中のサバイバルが印象的。そこでのやむにやまれぬ行為が、一人残ったトーマスのトラウマとなっていたわけだし。命懸け過ぎ、当時の捕鯨。

Sheeta
Sheetaさん / 2017年1月21日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

緻密な描写が素晴らしい

アメリカ文学を代表するメルヴィルの小説「白鯨」は,今から 165 年も前に書かれたもので,私は高校の英語のテキストとして読んだのが最初であった。エイハブ船長や,一等航海士スターバック,黒人のモリ撃ち名人クイークェグ,ネイティブ・アメリカン(インディアン)のタシテゴなど個性的な乗組員が登場し,白鯨に片足を食いちぎられたエイハブ船長が復讐を果たすべく白鯨を追いつめる物語であるが,実はエイハブ船長と白鯨(モビー・ディック)との死闘が書かれているのは終盤の非常に限られた部分だけで,小説のほとんどは捕鯨と捕鯨船の描写に費やされている。

アメリカ人が捕鯨を盛んに行っていたのはクジラの皮下脂肪から取れる鯨油が目的で,肉や骨はほとんど利用せずにその場で捨てていた。ヒゲクジラのヒゲまで一切捨てることなく全身を利用していた日本の捕鯨とは目的が全く異なっている。鯨油は街灯の燃料や工業用の潤滑油等に利用されていたが,やがて石油の採掘が始まると,アメリカの捕鯨はあっという間に衰退した。鎖国をしていた幕末の日本にペリーが大統領親書を持って現れて開国を求めたのは,まさにこの小説の時代であり,捕鯨船の補給基地が欲しかったためである。捕鯨が衰退すると、黒船は全く来なくなったのであるから、この当時からアメリカは全く自分本位な国だった訳である。その体質は現在も変わっておらず、テメーらの都合で捕鯨をやめたからといって他国にもやめろと強制しているのは周知の通りである。

小説の原作者メルヴィルは,自身が捕鯨船の船員だったという経歴の持ち主で,このため,非常に詳細に当時の捕鯨や捕鯨船の様子が書けた訳だが,本作品の原作は,「復讐する海 捕鯨船エセックス号の悲劇」という別の小説で,白鯨に遭遇して船を沈められた船員の最後の生き残りにメルヴィルが話を聞くという設定になっている。エイハブ船長もクイークェグもタシテゴも出て来ないこの話の方が,本家の「白鯨」より遥かに衝撃的な内容であり,映画はグロテスクな描写を巧みに避けながら,その衝撃的な話をこれでもかと見せつけるような内容で、「白鯨」を全く知らない人が見ても楽しめる内容になっている。

メルヴィルの「白鯨」でも詳細に描かれていた当時の捕鯨の様子は,この原作でも同様に詳細に描かれており,非常に興味深く見ることができた。勿論白鯨も出て来るのだが,ほぼ一方的に人間側がやられっ放しなので,「白鯨との闘い」という邦題や,やたら勇ましさを強調した TV CM にはかなり疑問を感じる。非常にリアリティのある話で,各人物も一本調子の描写でないところに好感が持てた。特に完全に悪役かと思った人物の豹変ぶりには目を見張らせられる思いがした。

原語で聞きたかったので 2D 版を見たが,映像は非常に見事で,帆船や海中のシーンの美しさと迫力は筆舌に尽くし難かった。物語の後日談をナレーションだけで済ませてしまったところだけが残念であったが,脚本はよく頑張っていたと思う。俳優陣も豪華で,メルヴィル役が「007 スカイフォール」以降でQ役を演じていた人だと気付くまで暫くかかった。他にも,船長や一頭航海士,その他のクルーにも実力者を揃えていた。メルヴィルが話を聞く相手の俳優が,ブラームスの肖像に良く似ていたのが面白かった。

音楽は見覚えのない人であったが,Hans Zimmer を彷彿とさせるような素晴らしく耳に残る曲を書いていた。特に金管楽器の使い方が見事だと思った。「ダ・ヴィンチ・コード」や「天使と悪魔」の監督を務めたロン・ハワードらしく,画面の隅にまで細かな注意の行き届いた映画である。非常に面白かった。字幕はまたも林完治であった。「Star Wars フォースの覚醒」でも気になったのだが,字幕を入れるべき台詞をいくつか飛ばすのが気になった。
(映像5+脚本4+役者5+音楽5+演出5)×4= 96 点。

アラカン
アラカンさん / 2017年1月17日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

海上遭難してサバイバルな〜

二人の男のキャラ対立なはずだが、船長の描写が少ない。
でも全体的には良い映画だ。

yuriko
yurikoさん / 2017年1月16日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

邦題が非常に惜しい

大画面で見ることをお勧めします。白鯨との闘いというよりサバイバル要素の方が強いです。

おねむねこ
おねむねこさん / 2017年1月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予想外

白鯨との戦闘シーンを期待していたが、内容は少し違った。実話ということもあり、あまり戦いがメインでは無かったがそこそこ楽しめた。

かんてぃー
かんてぃーさん / 2017年1月8日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

SFかと思ってたら… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

原作を知らない無知な人間なので、
てっきり白鯨とは巨大鯨だと思わせといて、実は海底から現れた地球外生命体の操る未確認物体で、船を失った乗組員達がそれに乗り込んで港に帰還…という話しを想像していたら、全然違った!こんな瀕死の人喰いサバイバルが待っているとは!!
安心してください。巨匠ロン・ハワード監督ですから、ちゃんとしたいい映画です。フツーにお勧めです。

yookie
yookieさん / 2017年1月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小説白鯨の映画化ではないのね!

白鯨との闘いよりも漂流サバイバルがメイン
悲しみも漂う

eli
eliさん / 2016年12月23日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

メルビルの「白鯨」

メルビルの「白鯨」のモデルとなった実話を映画化したらしい。
上流階級の若き船長とたたき上げの一等航海士の反目をベースに、モビー・ディックとの戦いを繰り広げ、コテンパンにやっつけられ、ボートで漂流することに。
CGの使い道としてはありかな。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月18日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリス

ヘムズワーズがとてもカッコよかった!私の大好きなキリアンも素晴らしかった。映画館で観ればよかったなー。

るるこ
るるこさん / 2016年11月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リアルな映像と濃い内容。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

映像もすごいし、話も単に鯨と戦うというよりは、後半になるとひかりごけ的展開にまでなってしまい、鬼気迫るものがあった。

海の下に泳ぐ鯨のなんとも言えぬ凄まじさがとってもリアルで圧倒された。波のかんじや船の様子もリアルで、映画館で見たらすごそう。酔いそう。
海の果てしなさ、鯨の底知れぬパワー、それに立ち向かう人間の執着心とプライド、生への渇望。

自然の前で人間は無力だ、自然に立ち向かうなんておこがましい、という分かりやすいテーマかと思いきや、人間心理の深い部分を考えさせられる映画。

laika
laikaさん / 2016年10月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  怖い 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

139件中、1~20件目を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi