ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ
ホーム > 作品情報 > 映画「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」
メニュー

ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ

劇場公開日

解説

死後の世界で大暴れするジャネンバと、孫悟空はじめおなじみのメンバーの戦いを描くシリーズ第15弾。“'95春東映アニメフェア”の一本で、劇場用オリジナル。監督は「DRAGON BALL Z 危険なふたり!超戦士はねむれない」の山内重保。

ストーリー

閻魔大王の城で働く赤鬼がちょっと仕事をサボってしまったために“スピリッツ・ロンダリング”が爆発し、悪い魂に汚染してしまった赤鬼はジャネンバに変身した。巨大なジャネンバの力に閻魔大王も太刀打ち出来ず、あの世で修行に励んでいる孫悟空とパイクーハンに助けを求めるのだが、二人のパワーをしてもジャネンバを倒すことは出来なかった。その頃、地上では死人が蘇るという事件が発生しており、孫悟天やトランクスらがその解決にあたっていた。だが、その死人の数たるや孫悟天らの手に負えるものではない。そこで、神龍にこの事件を治めてもらうように頼むのだが、神龍にはあの世の事件までは力が及ばないと断られてしまった。一方、超サイヤ人に変身した孫悟空は一旦はジャネンバを倒したかに見えたが、ジャネンバの体はみるみる再生していき凶悪な戦士に生まれ変わってしまう。しかし、そこへあの世の混乱で蘇った死んだはずのベジータが助けにやって来た。孫悟空とベジータは“フュージョン”というパワーでゴジータに変身し、ジャネンバを倒す。これにより地上での事件も落着し、世界に平和が戻るのだった。...

スタッフ

監督
脚色
小山高生
原作
鳥山明
企画
森下孝三
蛭田成一
清水賢治
金田耕司
製作
高岩淡
安齊富夫
泊懋
作画監督
山室直儀
撮影
武井利晴
美術
徳重賢
美術設定
窪田忠雄
音楽
菊池俊輔
影山ヒロノブ
録音
二宮健治
編集
福光伸一
助監督
今村隆寛
記録
小川真美子
ナレーション
八奈見乗児

キャスト(出演(声))

作品データ

製作年 1995年
製作国 日本
配給 東映
上映時間 51分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi