メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
ホーム > 作品情報 > 映画「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」
メニュー

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬

劇場公開日

解説

「逃亡者」(93)でアカデミー助演男優賞を受賞、「メン・イン・ブラック」シリーズなどで活躍する名優トミー・リー・ジョーンズが劇場用長編映画を初監督。テキサスとメキシコの国境。カウボーイのピートは、友人のメキシコ人カウボーイ、メルキアデス・エストラーダが死体となって発見されたことから、彼を故郷の町に埋葬するため、彼を殺した新任の国境警備員マイクとともに遺体を運ぶ旅に出る。2005年のカンヌ映画祭でトミー・リーが主演男優賞、ギジェルモ・アリアガが脚本賞を受賞。

作品データ

原題 The Three Burials of Melquiades Estrada
製作年 2005年
製作国 アメリカ・フランス合作
配給 アスミック・エース
上映時間 122分

受賞歴

第58回 カンヌ国際映画祭(2005年)

受賞
コンペティション部門
脚本賞 ギジェルモ・アリアガ
男優賞 トミー・リー・ジョーンズ
出品
コンペティション部門
出品作品 トミー・リー・ジョーンズ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

クールにボケたおした笑いと共に綴る男泣き映画
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の映画評論・批評

劇場用映画初監督にして、この意欲作。トミー・リー、なかなかやってくれるじゃないの。メキシコとUSA、国境を接しながらも永遠のディスコミュニケーションを抱える荒涼たる土地。だがそこに辿りつき、根づいた者たちには、互いの文化への尊厳と深い...メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬の映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全5件)
  • トミーリーだからこそ ネタバレ! これはトミーリー監督・主演だからこそ成立した映画だと思う。 他の監督さん、キャスティングはちょっと思いつかない。 泣きたくなるほど贖いの物語であり、決別の物語でもあり、それでいて素っトボケた味が... ...続きを読む

    小二郎 小二郎さん  2014年2月21日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • 男泣き映画の傑作 素晴らしい。 トミーリーが男の美学、悲哀、覚悟をクラクラするような渋さで体現している。 散々な目に合うバリー・ペッパーの演技も必見。 驚くほど感動的な贖罪の物語。 ...続きを読む

    r rさん  2013年11月11日  評価:5.0
    このレビューに共感した/0人
  • It's a Man's Man's Man's World ネタバレ! 男達は皆故郷を、帰る場所を失った。ピートは不法移民の友の「死んだら故郷のヒメネスに埋めてくれ」という約束のため法を犯してお尋ね者となり、メルキアデスを殺害したマイクも旅の途中、身勝手な大きい子供... ...続きを読む

    2013年7月31日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
2012年12月14日
¥500
ビデオマーケット
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi