インターステラー
ホーム > 作品情報 > 映画「インターステラー」
メニュー

インターステラー

劇場公開日 2014年11月22日

解説

「ダークナイト」「インセプション」のクリストファー・ノーラン監督によるオリジナル作品。世界的な飢饉や地球環境の変化によって人類の滅亡が迫る近未来を舞台に、家族や人類の未来を守るため、未知の宇宙へと旅立っていく元エンジニアの男の姿を描く。主演は、「ダラス・バイヤーズクラブ」でアカデミー主演男優賞を受賞したマシュー・マコノヒー。共演にアン・ハサウェイ、ジェシカ・チャステイン、ノーラン作品常連のマイケル・ケインほか。「ダークナイト」や「インセプション」同様に、ノーラン監督の実弟ジョナサン・ノーランが脚本に参加。撮影は、これまでのノーラン作品を担当していたウォーリー・フィスターが自身の監督作「トランセンデンス」製作のため参加できず、代わりに「裏切りのサーカス」「her 世界でひとつの彼女」などを手がけて注目を集めているホイテ・バン・ホイテマが担当。

作品データ

原題 Interstellar
製作年 2014年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 169分
映倫区分 G
オフィシャルサイト  

受賞歴

第38回 日本アカデミー賞(2015年)

ノミネート
外国作品賞  

第87回 アカデミー賞(2015年)

受賞
視覚効果賞  
ノミネート
作曲賞 ハンス・ジマー
美術賞  
音響編集賞  
録音賞  

第72回 ゴールデングローブ賞(2015年)

ノミネート
最優秀作曲賞 ハンス・ジマー

特集

【総力特集 第3弾】映画.com、映画ライターが確かめた“感動の正体”──それは《究極の父娘愛と絆》だった!!
特集

映画.comの「インターステラー」総力特集も今回がいよいよ最終回。11月22日の日本公開を前に、いち早くその全貌を目撃してきた映画.com、映画ライターが、同作が持つ“感動の正体”を確かめてきた。天才監督クリストファー・ノーランが初め...特集

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

マコノヒーの体温が 宇宙の果てでも感じられる
インターステラーの映画評論・批評

量子力学や相対性理論は皆目わからない。SF映画(とくにスペースオペラ系)は年々苦手になってきた。CGやVFXにはわれながら冷淡だと思うし、重々しい哲学や宗教的な荘厳さにはついそっぽを向きたくなる。にもかかわらず、私は「インターステラー...インターステラーの映画評論・批評

映画レビュー

平均評価
4.1 4.1 (全487件)
  • またもう一度 勧められての視聴。 楽しかったが自分の知識の不足が多くまたどこかで ...続きを読む

    ひかる ひかるさん  2016年9月24日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 最初は分からなかった だんだんと、意味が1つ1つ解けていく 最後は最愛の娘さんのためだったんだなって 私は心が温かくなる映画だと感じました。 ...続きを読む

    もりくん もりくんさん  2016年9月6日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • 切ないのお 宇宙と親子の愛は壮大なんだなあ ...続きを読む

    もうふう もうふうさん  2016年9月5日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

インターステラー(吹替版) インターステラー(字幕版) インターステラー(日本語吹替版) インターステラー
インターステラー(吹替版) インターステラー(字幕版) インターステラー(日本語吹替版) インターステラー
2015年3月25日 2015年2月26日 2015年3月28日 2015年3月25日
¥400 ¥2,000 ¥1,000 ¥1,028
Amazonビデオ iTunes iTunes ニコニコ動画
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi