トミー・リー・ジョーンズがコナリー「リンカーン弁護士」を映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2009年10月19日 > トミー・リー・ジョーンズがコナリー「リンカーン弁護士」を映画化
メニュー

トミー・リー・ジョーンズがコナリー「リンカーン弁護士」を映画化

2009年10月19日 12:12

最近、映画館でお見かけしませんね「リンカーン弁護士」

最近、映画館でお見かけしませんね
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] サントリー缶コーヒーBOSSのお茶目な「宇宙人ジョーンズ」でおなじみのトミー・リー・ジョーンズが、マイクル・コナリーの世界的ベストセラー小説「リンカーン弁護士」(講談社文庫)を映画化。自身がカンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞した監督・主演作「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」(05)以来のメガホンをとることになった。

同作は、高級車「リンカーン・タウンカー」の後部座席を事務所代わりに、ロサンゼルスに点在する裁判所を駆けめぐる中年の刑事弁護士ミッキー・ハラーが主人公のリーガルサスペンス。そんなハラーが「フランチャイズ事件」と呼ばれる、多額の報酬が約束されたおいしい依頼を受けるというストーリー。

米ハリウッド・レポーター誌によれば、ジョーンズと同郷の米テキサス出身のマシュー・マコノヒーが主役のハラー弁護士を演じる。ジョーンズは今のところキャラクターが明らかではないが、何らかの役で共演する予定だ。「ディボース・ショウ」の原案、「最後の初恋」の脚本を担当した脚本家ジョン・ロマーノが脚色。レイクショア・エンターテインメントが製作する。

マイクル・コナリーといえば、日本にもファンが多い、現代アメリカ屈指の犯罪小説の書き手。ロサンゼルス市警の刑事ハリー・ボッシュを主人公としたハードボイルドタッチの警察小説シリーズが有名だが、ロサンゼルスのヨットハーバーで暮らす元FBI捜査官の探偵テリー・マッケイレブを主人公としたシリーズもある。後者の代表作が「わが心臓の痛み」であり、クリント・イーストウッド監督・主演の「ブラッド・ワーク」の原作だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi