シャーリーズ・セロンが「バベル」脚本家の監督デビュー作に主演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2007年7月17日 > シャーリーズ・セロンが「バベル」脚本家の監督デビュー作に主演
メニュー

シャーリーズ・セロンが「バベル」脚本家の監督デビュー作に主演

2007年7月17日 12:00

これぞ演技派路線の 作品選び!「バベル」

これぞ演技派路線の
作品選び!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優シャーリーズ・セロンが、メキシコ人脚本家ギジェルモ・アリアガの監督デビュー作「The Burning Pain」の主演に決定した。

アリアガは、アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督作品「アモーレス・ペロス」「21グラム」「バベル」の脚本を手掛け、「バベル」でアカデミー脚本賞にノミネートされ、トミー・リー・ジョーンズ監督作品「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」でカンヌ国際映画祭脚本賞を受賞するなど、数々の受賞歴を持つ脚本家。メキシコで短編映画の監督歴はあるが、長編劇映画の監督は今回が初めて。

米バラエティ紙によると、同作は「異なる場所と時間で起こる、とても真剣な愛を描いたもので、それぞれのキャラクターは愛の力を癒し、許し、贖罪しようとする」というから、イニャリトゥ作品のストーリーラインに似ているようだ。この映画で、シャーリーズは子供時代に苦しめられた過去を持ち、両親と和解しようとするヒロインを演じる。撮影開始は今年11月の予定。

シャーリーズの最新出演作には、ポール・ハギス監督・脚本によるトミー・リー・ジョーンズ共演の群像ドラマ「In the Valley of Elah」(9月21日全米公開)、私生活のパートナーでもある俳優スチュワート・タウンゼントが初監督(脚本も)したアクション映画「Battle in Seattle」(12月全米公開)などがある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi