トミー・リー・ジョーンズ、奥さん同伴で来日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2005年11月1日 > トミー・リー・ジョーンズ、奥さん同伴で来日
メニュー

トミー・リー・ジョーンズ、奥さん同伴で来日

2005年11月1日 12:00

右が奥さんのドーン・ジョーンズ「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」

右が奥さんのドーン・ジョーンズ
[拡大画像]

10月30日に無事閉会した第18回東京国際映画祭の特別招待作品「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」のPRのため、監督・主演のトミー・リー・ジョーンズが来日。10月25日、東京・六本木の六本木アカデミーヒルズにて記者会見を開いた。

メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」は合衆国南西部とメキシコの国境を舞台に、人種問題などを織り交ぜて作り上げたトミー・リー・ジョーンズ入魂の一作。長編初監督ながら、本年度のカンヌ映画祭で最優秀男優賞と脚本賞を受賞している。初監督作について「TV映画はすでに監督していたので、劇場長編映画が初めてということになる。それだけのことじゃないかな。あと、ジャン・リュック・ゴダール、日本の能、黒澤明の作品群などなど色々な作品、アーティストに影響を受けた作品だと言えるね」とのコメントを披露。

終始顔をこわばらせての会見だったが、フォトセッションでは本作でスチル・カメラマンを務めたご夫人を披露、いかつい強面からようやく笑みがこぼれた。「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」は来春公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi