ミア・ハンセン=ラブ

ミア・ハンセン=ラブ
英語表記
Mia Hansen-Love
誕生日
1981年2月5日
出身
フランス/パリ

仏パリ出身。17歳のときオリビエ・アサイヤス監督と出会い、同監督の「8月の終わり、9月の初め」(98)で俳優デビュー。続いて「感傷的な運命」(00)にも出演し、その頃から公私ともにパートナーとなる。映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ」に寄稿する傍ら映画製作を志し、2004年に短編「Après mûre réflexion」を発表。長編第1作「すべてが許される」(06)に続き、身近な独立系映画プロデューサーの死という実体験をもとに29歳の若さで撮り上げた「あの夏の子供たち」(09)でカンヌ国際映画祭ある視点部門の審査員特別賞を受賞した。イザベル・ユペールを主演に迎えた「未来よ こんにちは」(16)でベルリン国際映画祭の最優秀監督賞(銀熊賞)を受賞。スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが愛した島を舞台に据えた「ベルイマン島にて」(21)はカンヌのコンペティション部門に出品された。

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

未来よ こんにちはEDEN エデンベルイマン島にてラ・ラ・ランド天気の子万引き家族この世界の片隅に1917 命をかけた伝令アリー スター誕生君の膵臓をたべたい(2017)

GEM Partners調べ/2022年9月|Powered By U-NEXT

関連作品(映画)

ミア・ハンセン=ラブの関連作品(映画)をもっと見る

受賞歴

ミア・ハンセン=ラブの受賞歴の詳細を見る

関連動画・予告編

ミア・ハンセン=ラブの関連動画・予告編をもっと見る

関連記事

ミア・ハンセン=ラブの関連記事をもっと見る