ジェニファー・ローレンス主演のR指定過激コメディ映画、ソニーが獲得

2021年10月16日 16:00

ジェニファー・ローレンス
ジェニファー・ローレンス

ジェニファー・ローレンス主演、製作総指揮のコメディ映画「No Hard Feelings(原題)」を、米ソニー・ピクチャーズが争奪戦の末に獲得した。米Deadlineが報じている。

同作は、「ジ・オフィス」や「バッド・ティーチャー」の脚本家で、「グッド・ボーイズ」で長編映画デビューを果たしたジーン・スタプニツキー監督が、ジョン・M・フィリップス(「ダーティ・グランパ」)と共同で脚本を執筆したオリジナル映画。詳しい内容は不明だが、「バッド・ティーチャー」や「メリーに首ったけ」のようなR指定の過激なコメディだという。「No Hard Feelings(原題)」を巡り、ハリウッドで争奪戦が勃発し、潤沢な資金を持つストリーミング勢が獲得に動いたものの、劇場公開を約束したソニーが配給権を勝ち取ったという。

レオナルド・ディカプリオメリル・ストリープティモシー・シャラメジョナ・ヒルなど豪華キャストを誇るNetflix映画「ドント・ルック・アップ」(アダム・マッケイ監督)の撮影を終えたローレンスは、「グレート・ビューティー 追憶のローマ」のパオロ・ソレンティーノ監督によるハリウッドの有名エージェント、スー・メンジャースの伝記映画や、医療ベンチャー企業を立ちあげたものの詐欺罪で告発されたエリザベス・ホームズの伝記映画「Bad Blood(原題)」(アダム・マッケイ監督)などの撮影を控えている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース