アダム・ドライバー、サム・ライミ&「クワイエット・プレイス」脚本家のSFスリラーに主演

2020年9月7日 16:00

アダム・ドライバー
アダム・ドライバー

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ」「マリッジ・ストーリー」の俳優アダム・ドライバーが、米ソニー・ピクチャーズの新作SFスリラー「65(原題)」に主演することがわかった。「クワイエット・プレイス」の脚本家スコット・ベックブライアン・ウッズが監督・脚本を務め、「死霊のはらわた」「スペル」のサム・ライミ監督がプロデュースする。

米Deadlineによれば、「65(原題)」はオリジナルストーリーでプロットは不明。ベックとウッズは新たに立ち上げた製作会社を通じて、ライミ・プロダクションズとともにプロデュースも手がける。

ベックとウッズのオリジナル脚本を映画化した、ジョン・クラシンスキー監督「クワイエット・プレイス」(エミリー・ブラント主演)は世界興収3億4000万ドルの大ヒットを記録。ベックとウッズは同作で放送映画批評家協会賞、脚本家組合賞の脚本賞にノミネートされ、サターン賞脚本賞を受賞した。ふたりは、ライミが制作総指揮を務めるQuibiのホラーアンソロジー「50 States of Fright(原題)」の1話で、監督・脚本を務めている。

ドライバーは現在、撮影再開したリドリー・スコット監督の新作「The Last Duel(原題)」(マット・デイモンベン・アフレック共演)に取りかかっており、同作クランクアップ後はスコット監督の別の作品「Gucci(原題)」(レディー・ガガ主演)が控えている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • クリーピー 偽りの隣人
  • 招かれざる隣人
  • ロスト・フロア
  • ライアー・ハウス
  • アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち
  • 恐怖ノ白魔人
  • 恐怖ノ黒鉄扉
  • ABC・オブ・デス
  • ABC・オブ・デス2
  • メキシコ・オブ・デス
OSOREZONE

Powered by 映画.com