「劇場版 Fate [HF]」第3章の4D上映決定 レベル最大の“4DXエクストリーム上映”も

2020年8月22日 08:00

9月4日から全国82館で実施
9月4日から全国82館で実施

[映画.com ニュース] 8月15日から公開中の「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] III.spring song」の4D上映が決定した。4DXとMX4Dの2システムでの上映で、9月4日から東京・グランドシネマサンシャイン、愛知・TOHOシネマズ赤池、109シネマズ大阪エキスポシティなど全国82館で実施される。

4D版では、動く座席や光、ミストなどを用いた演出により、臨場感ある体験を楽しめる。東京・シネマサンシャイン平和島では9月4~10日に、シートモーションのレベルを最大にして激しい座席の揺れを体感できる“4DXエクストリーム上映”が行われる。

画像2

来場者特典は、アニメーション制作を担当するufotableによる描き下ろしイラストを使用したポストカード。4DXとMX4Dそれぞれに用意されており、4DX特典では、アーチャーと彼の片腕を受け継いだ主人公・衛宮士郎が背中合わせに立つ様子、MX4D特典では、士郎とかつて彼に仕えていたセイバーオルタの激突シーンが描かれている。

画像3

「劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel]」は、歴史上の英雄や偉人たちが“サーヴァント”として現代によみがえり、あらゆる願いをかなえる“聖杯”を奪い合う“聖杯戦争”を描く、TYPE-MOONの人気ゲーム「Fate/stay night」の劇場アニメ化。ヒロインのひとり間桐桜に焦点をあてた“桜ルート”をベースにした3部作で、2017年に第1章「presage flower」、19年に第2章「lost butterfly」が公開されており、第3章「spring song」が完結作となる。第2章「lost butterfly」の終盤では、士郎と結ばれた桜の身に変調が起こり、物語の舞台である冬木市に“影”の脅威が迫っていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース