ジョージ・クルーニー、J・R・モーリンガーの回顧録「The Tender Bar」映画化を監督

2020年8月5日 15:00

ジョージ・クルーニー
ジョージ・クルーニー

[映画.com ニュース] ジョージ・クルーニーが、米アマゾン・スタジオの新作「The Tender Bar(原題)」を監督することがわかった。

米Deadlineによれば、脚本は「ディパーテッド」「オブリビオン」のウィリアム・モナハンが執筆。クルーニーは現在アマゾンと交渉中で、製作パートナーのグラント・ヘスロブとプロデュースも手がけるという。

「The Tender Bar(原題)」はピュリッツァー賞受賞ジャーナリストで作家のJ・R・モーリンガーの同名回顧録が原作。米ニューヨーク州ロングアイランドで、おじの経営する酒場の常連客のなかに、父親的な存在を求めていたモーリンガーの若き日々が描かれている。もともと米ソニー・ピクチャーズ製作、セオドア・メルフィ監督で映画化される予定だったが、進捗がなく企画がアマゾンの手に渡った。

クルーニーは、次回作としてダニエル・ジェームズ・ブラウン著のノンフィクション「ヒトラーのオリンピックに挑んだ若者たち ボートに託した夢」を米MGMが映画化する「Boys in the Boat(原題)」のメガホンを検討していた。同作は、1936年のベルリンオリンピックでワシントン大学ボート部が金メダルを獲得した実話を描く作品だが、新型コロナウイルスの影響を鑑みて、この時期に撮るのは相応しくないと判断したようだ。

替わって次回作となった「The Tender Bar(原題)」は、クルーニーが監督、製作を手がけるが、出演も兼ねるかは明らかになっていない。

クルーニーは現在、自身が監督・製作・主演を務め、作家リリー・ブルックス=ダルトンのSF小説「世界の終わりの天文台」を映画化するNetflixの新作「The Midnight Sky(原題)」を製作中。人類滅亡の危機に瀕した世界を舞台に、北極圏の天文台にいる孤独な老学者オーガスティン(クルーニー)が、撤収便に乗れず取り残された幼い少女を見つけて保護する物語と、ミッションを終えた木星探査船の乗組員サリー(フェリシティ・ジョーンズ)が、地球との交信が途絶えるなか帰還を目指す物語を描く。Netflixで今年配信の予定。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
オブリビオン(吹替版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 発狂する唇
  • 霊的ボリシェヴィキ
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • オーディション
  • 吐きだめの悪魔
  • ファンタズム
  • バスケットケース
  • フェノミナ
  • 幽幻道士(キョンシーズ)
OSOREZONE

Powered by 映画.com

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」日本版予告編&ポスター公開

    1

    イーストウッド最新作「クライ・マッチョ」日本版予告編&ポスター公開

    2021年10月23日 12:00
  2. 「ホーム・アローン」がレゴ化! 家の外観・内観を忠実に再現、ペットのタランチュラも

    2

    「ホーム・アローン」がレゴ化! 家の外観・内観を忠実に再現、ペットのタランチュラも

    2021年10月23日 08:00
  3. 櫻井翔、「嵐」ライブフィルムへの思いを語るインタビュー映像 「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」

    3

    櫻井翔、「嵐」ライブフィルムへの思いを語るインタビュー映像 「“チーム嵐”の熱を感じていただきたい」

    2021年10月23日 10:00
  4. 「SW」のデイジー・リドリー、再び宇宙へ 「カオス・ウォーキング」本編導入シーン

    4

    「SW」のデイジー・リドリー、再び宇宙へ 「カオス・ウォーキング」本編導入シーン

    2021年10月23日 12:00
  5. 【独占インタビュー】菅田将暉&杏、“親子”の縁が繋いだ確かな信頼関係

    5

    【独占インタビュー】菅田将暉&杏、“親子”の縁が繋いだ確かな信頼関係

    2021年10月23日 10:00

今週