草なぎ剛「ミッドナイトスワン」映像初披露 トランスジェンダーと孤独な少女の愛の形

2020年7月23日 04:00

草なぎ剛演じる、トランスジェンダーの凪沙の愛情がにじむ予告編
草なぎ剛演じる、トランスジェンダーの凪沙の愛情がにじむ予告編

[映画.com ニュース] 草なぎ剛が主演し、トランスジェンダー役に挑む「ミッドナイトスワン」の予告編(https://youtu.be/zBzdu0EURH4)がお披露目された。音楽家。渋谷慶一郎が書き下したメインテーマが流れる映像には、都会の片隅でひたむきに生きるトランスジェンダーの凪沙が、育児放棄にあっていた少女・桜田一果に、母性にも似た愛情を注ぐさまが映し出されている。

全裸監督」の監督・脚本で知られる内田英治監督がメガホンをとり、“切なくも美しい現代の愛の形”を描くラブストーリー。草なぎは身体と心の葛藤を抱えながらも、新宿のショーパブを舞台に生きる凪沙を演じる。オーディションで抜てきされた新人・服部樹咲が親の愛に恵まれずに育つも、バレエダンサーを夢見る一果役で女優デビュー。そのほか水川あさみ田口トモロヲ、真飛聖、田中俊介吉村界人真田怜臣らが共演した。

予告編は、凪沙と一果が本当の親子のように食卓を囲む、ふたりきりの生活が切り取られている。階段でバレエを踊る一果を眩しそうに見上げ、髪を櫛でときながら、優しい笑みをこぼす凪沙。「私ね、あの子の可能性をつぶしたくない」と呟き、深い愛情を垣間見せる。バレエ講師・片平実花(真飛)、若くして一果を生んだ母親・早織(水川)、凪沙が働くショーパブの洋子ママ(田口)ら、ふたりを取り巻く人々も登場。凪沙が一果を抱きしめ、「うちらみたいなんは、ずっと一人で生きていかんといけんのんじゃ。強ならんといかんで」と、ふたりの故郷である広島の方言で語りかけるシーンに、胸が締めつけられる。

ミッドナイトスワン」は、9月25日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。なお、「新しい地図」のYouTube公式チャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCad4VUyyzWqenlkjfCTQ47A)では、予告編の他のバージョンも視聴することができる。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース