草なぎ剛「ミッドナイトスワン」9月25日公開 聖母のような姿とらえたティザービジュアルも

2020年7月8日 04:00

草なぎ剛がトランスジェンダー役に挑む「ミッドナイトスワン」
草なぎ剛がトランスジェンダー役に挑む「ミッドナイトスワン」

[映画.com ニュース]草なぎ剛が主演し、トランスジェンダー役に挑む「ミッドナイトスワン」の公開日が、9月25日に決定。あわせて、草なぎ演じる主人公・凪沙(なぎさ)の聖母のような、はかなげで美しい表情をとらえたティザービジュアルと新場面写真もお披露目された。

全裸監督」の監督・脚本で知られる内田英治監督がメガホンをとり、都会の片隅でひたむきに生きるトランスジェンダーの凪沙と、育児放棄にあっていた孤独な少女・桜田一果が出会い、様々な感情が芽生えるさまを描く。新人・服部樹咲が一果役で女優デビューを果たし、水川あさみ田口トモロヲ、真飛聖、田中俊介吉村界人、真田怜臣らが共演した。

ティザービジュアルは、薄暗い楽屋の中で、きらびやかな衣装を背に物思いにふける凪沙を活写。ふさぎがちな瞳の奥に、母のような優しさも垣間見える。場面写真は、凪沙が大切にしていた白鳥の羽飾りを一果に授けるシーンが切り取られており、ふたりの絆が感じられる1枚となっている。草なぎは「凪沙という役は、僕にとって、自分の人生を踏まえてこそ、いちばん力を発揮できる役かもしれない」(「週刊文春WOMAN」インタビューにて)と、役どころを語っている。

さらに企画、脚本、演出を手掛けた内田監督による同名小説が、7月8日に発売(文春文庫刊、税込770円)。劇場版だけでは知ることのできない、登場人物の知られざる物語やバックグラウンドが描かれる。初めて小説を出版する内田監督は、「小説の原稿を書くことは脚本執筆とまったく異なり、試行錯誤の連続でしたが、本当に書いてよかったと思っています。とくに映画では描かれていない、凪沙の恋の話や、一果に対する心の声、さらには一果がなぜバレエに夢を抱くようになったのか、など、新エピソードを交えております。映画の前でも、後でも、ぜひ読んでください」とコメントを寄せた。

ミッドナイトスワン」は、9月25日からTOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
ミッドナイトスワン
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

(C)2020Midnight Swan Film Partners

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース