マイケル・キートン、バットマン復活か 「ザ・フラッシュ」から登場の可能性

2020年6月26日 11:00

バットマンに復帰!?
バットマンに復帰!?

[映画.com ニュース] ティム・バートン監督の「バットマン」(1989)と続編「バットマン リターンズ」(92)に主演したマイケル・キートンが、米ワーナー・ブラザースの新作で再びバットマン役を演じる可能性が出てきた。

米Deadlineによれば、キートンが再びバットマンに扮する場合、マーベル映画シリーズでサミュエル・L・ジャクソンが演じたニック・ヒューリーのように、ワーナーのDC原作映画シリーズの複数の新作に登場が検討されている。キートンは現在出演交渉中で、契約が決まればエズラ・ミラー主演の新作「ザ・フラッシュ(原題)」 、続いて「バットガール(原題)」などに出演することになるようだ。

なお、キートンのバットマンは「バットマン リターンズ」後の設定で描かれるという。また、マット・リーブス監督、ロバート・パティンソン主演のリブート版「ザ・バットマン(原題)」(21年10月1日全米公開予定)とは関連しないと言われている。

アンディ・ムスキエティ監督(「IT イット “それ”が見えたら、終わり。」)、クリスティーナ・ホドソン(「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」)脚本の「ザ・フラッシュ(原題)」は、22年6月3日全米公開の予定。

(映画.com速報)

Amazonプライムビデオ
THE BATMAN-ザ・バットマン-(字幕版)
をプライムビデオで今すぐ見る!
Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

オソレゾーン

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「TANG タング」原作者、二宮和也を絶賛「まさに想像通り」 三木孝浩監督との特別インタビュー

    1

    「TANG タング」原作者、二宮和也を絶賛「まさに想像通り」 三木孝浩監督との特別インタビュー

    2022年8月16日 10:00
  2. 「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の“もっと楽しいバージョン” 札幌、名古屋、福岡でも上映決定!

    2

    「スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム」の“もっと楽しいバージョン” 札幌、名古屋、福岡でも上映決定!

    2022年8月16日 14:00
  3. 「ONE PIECE FILM RED」公開10日間で興収70億円&動員500万人突破! シリーズ史上最高の興収&動員を記録

    3

    「ONE PIECE FILM RED」公開10日間で興収70億円&動員500万人突破! シリーズ史上最高の興収&動員を記録

    2022年8月16日 12:43
  4. 「なにわ男子」高橋恭平、映画初主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」実写映画化 ヒロインは畑芽育

    4

    「なにわ男子」高橋恭平、映画初主演「なのに、千輝くんが甘すぎる。」実写映画化 ヒロインは畑芽育

    2022年8月16日 07:00
  5. 「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」クリエイター新ドラマをめぐり争奪戦勃発

    5

    「ブレイキング・バッド」「ベター・コール・ソウル」クリエイター新ドラマをめぐり争奪戦勃発

    2022年8月16日 11:00

今週