声優の藤原啓治さん死去、55歳 「クレヨンしんちゃん」野原ひろし、「アイアンマン」トニー・スターク役など

2020年4月16日 18:00

死去した藤原啓治さん
死去した藤原啓治さん

[映画.com ニュース] アニメ「クレヨンしんちゃん」の初代・野原ひろし役や、映画「アイアンマン」「アベンジャーズ」シリーズでアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の吹き替え声優などを務めてきた声優の藤原啓治さんが、がんのため4月12日に死去したことがわかった。55歳だった。

藤原さんが代表取締役を務める「AIR AGENCY」の公式サイトで訃報が伝えられ、「ここに生前のご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。尚、通夜及び告別式につきましては親族のみにて執り行われました。誠に勝手ながらご香典ご供花の儀はご辞退申し上げます」と記されている。

藤原さんは2016年8月に病気療養のため休養し、17年6月から徐々に仕事を再開していた。「クレヨンしんちゃん」のひろし役で長年親しまれたほか、「鋼の錬金術師」のマース・ヒューズ役などでも活躍。映画では「アイアンマン」以降、ダウニー・Jr.のほとんどの出演作品で彼の吹き替えを担当。新型コロナウイルスの影響で公開延期となった「ドクター・ドリトル」でもダウニー・Jr.の吹き替え声優を務めることが発表されていた。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース