アイアンマン声優・藤原啓治「アベンジャーズ」新作の“注目ポイント”は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2018年4月27日 > アイアンマン声優・藤原啓治「アベンジャーズ」新作の“注目ポイント”は?
メニュー

アイアンマン声優・藤原啓治「アベンジャーズ」新作の“注目ポイント”は?

2018年4月27日 16:30

シリーズを長らくけん引 (C)Marvel Studios 2018「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」

シリーズを長らくけん引
(C)Marvel Studios 2018
(C)Marvel Studios 2018
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する声優の1人で、長らくアイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr.)の吹き替えを務める藤原啓治が、「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の魅力を映画.comに語った。

シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」で分裂してしまったアベンジャーズの面々が、宇宙の半分の生命を消し去ろうとする史上最強の敵サノス(ジョシュ・ブローリン)の出現を前に再結集し、壮絶な死闘を繰り広げる本作。予告編では、アイアンマンの新アーマーや、ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、スター・ロード(クリス・プラット)との共演シーンも登場し、これまでにないヒーロー同士のかけ合い・連携に期待が高まるところだ。

吹き替え声優として、「基本的に映画の味わい、面白さの邪魔にならないように、ということを1番に考えています。『私はこうしたいんだ』ではなく、キャラクターや演じている俳優の“情緒”を最優先して、(観客に)違和感なく見ていただきたいんです」と信条を明かした藤原は、「字幕を追いかけて、せっかくの迫力のある映像を見逃してしまうのはもったいない。吹き替え版の良さというのは、そういった画面に集中できる所にもあるのかもしれません」と続ける。特に、本作は全編がIMAXカメラで撮影されており、密度の濃い映像のポテンシャルを最大限引き出すには、日本語吹き替え版での鑑賞が最適といえるかもしれない。

では、肝心の中身の方はどうなのか。本作は徹底した秘密主義により、詳細が一部の関係者以外にはまったく知らされておらず、どのような物語が展開するのかほとんど明かされていない状況だ。そんななか、藤原は本作の“内側”を知る数少ない人物。多くを語れない中で“ヒント”を求めると、藤原からは「サノスが強すぎる。これまでにないくらい、(ヒーローが)みんな必死って感じです」という答えが返ってきた。「ヒリヒリする、追い込まれたシリアスな感じというんでしょうか。今までとは、大分違った雰囲気のものが見られると思います」。

アイアンマンとしても、「これまでは(スタークの恋人)ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロウ)との会話などで“日常感”があったんですが、今回は特にアクションや戦闘に重きが置かれていた気がします。(『アイアンマン』の)初期はトニー・スタークにもうちょっと“軽み”があったし、そういったお芝居を求められたんですが、今回は抑制したお芝居への意識の方がより強かったですね」とよりシリアスな展開が待ち受けている模様。

さらに、藤原が注目ポイントに挙げたのが、「スパイダーマン ホームカミング」でアイアンマンと共闘したスパイダーマンことピーター・パーカー(トム・ホランド)との関係性だ。藤原からは、「『スパイダーマン ホームカミング』からもそうなんですが、ピーターに対して、トニーがお父さんっぽいような様子も見られて、そのあたりの会話が僕としては面白かったところです。本作で、2人の仲はより深まったといえると思います」とシリーズのファンにはうれしい発言も飛び出した。

「この2人の会話は、他の人たちとは違っていて、すごい近しいものを感じるというか、茶化しあってるような感じに見えちゃうところもある。今回は、僕の中では割と緊迫したシーンが多かったっていう印象が強いので、そういった中でトニーとピーターの会話はホッとするという部分がありましたね」と、前述した“日常感”に近いものを感じたという。逆に、プライドの高い者同士、アイアンマンとドクター・ストレンジとの間にはひと悶着ありそうだ。「結構、ドクター・ストレンジとの会話も印象に残っていますね。『なんか感じ悪いな、この人』みたいな。(アイアンマン役としては)そんな感じで今回は見ちゃっていました」。

シリーズファンにとってさまざまな楽しみが用意されている本作だが、藤原は「これ1本でも楽しめるのは間違いない」とシリーズ未見者に対してもメッセージを送る。「色々なヒーローが出てくるからこそ、シリーズの最初の方に戻っていくこともアリな作品です。例えば、本作を見ることでアベンジャーズの成り立ちが気になる方も出てくるはず。本作で興味を持って、過去作を見て、『なるほど、こうなってたのね』っていう楽しみもできるから、本作から過去作に帰っていくのは悪いことじゃない」と、本作ならではの楽しみ方を提示した。

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」は、4月27日から全国公開。

(映画.com速報)
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ MovieNEX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,337 アベンジャーズが再結集し、前作よりもスケールアップした壮大な世界観で贈るアクション超大作。
スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] スパイダーマン:ホームカミング ブルーレイ & DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,097 スパイダーマンの新シリーズ第1弾、青春系ヒーローアクション作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ(広告案件)
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi