米ディズニー、アニメ版「ロビン・フッド」をリメイク Disney+向けに開発中

2020年4月15日 12:00

ディズニーが「ロビン・フッド」をリメイク
ディズニーが「ロビン・フッド」をリメイク

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニーが、ストリーミングサービス「Disney+」向けに1973年(日本公開は75年)のアニメ映画「ロビン・フッド」をリメイクするため、開発に入っている。

同作には、「ブラインドスポッティング」のカルロス・ロペス・エストラーダ監督が名乗りを上げている。Disney+用に「わんわん物語」を実写とCGの融合で新たに描き直すリメイク版「Lady and the Tramp(原題)」の脚本を書いたカリ・グランルンドが、新たな「ロビン・フッド」を執筆することになる。「ダンボ」を制作したジャスティン・スプリンガーが、プロデュースを担当する。

新「ロビン・フッド」は、「ジャングル・ブック」や「ダンボ」のリメイクで採用されたCGと実写を組み合わせた手法で製作される模様。ディズニーにとって長編アニメ映画第21作となる73年版では、ウォルフガング・ライザーマン監督のもと、ロビン・フッドの伝説を擬人化した動物で描かれた。

フッドはキツネとして描かれているほか、リトル・ジョンは熊、神父のタックはアライグマ、プリンス・ジョンはライオン、ノッティンガムの保安官はオオカミ、マリアンはキツネとして登場している。製作費500万ドルだったが、累計興行収入約3200万ドルのヒットを飾った。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「るろうに剣心」シリーズ4作品、金曜ロードショーで放送! 佐藤健「どうしたってこの作品は特別」

    1

    「るろうに剣心」シリーズ4作品、金曜ロードショーで放送! 佐藤健「どうしたってこの作品は特別」

    2022年8月12日 06:00
  2. 戦慄する橋本環奈、松明を握る眞栄田郷敦 “赤い人”に立ち向かう「カラダ探し」場面写真5点披露

    2

    戦慄する橋本環奈、松明を握る眞栄田郷敦 “赤い人”に立ち向かう「カラダ探し」場面写真5点披露

    2022年8月12日 07:00
  3. トップクリエイター・丹治匠、“ポンコツロボ”のかわいらしさを追求 「TANG タング」制作秘話

    3

    トップクリエイター・丹治匠、“ポンコツロボ”のかわいらしさを追求 「TANG タング」制作秘話

    2022年8月12日 12:00
  4. 地球全土に猛毒ガス!“最後の聖夜”をどう過ごす? キーラ・ナイトレイ主演作、11月公開

    4

    地球全土に猛毒ガス!“最後の聖夜”をどう過ごす? キーラ・ナイトレイ主演作、11月公開

    2022年8月12日 10:00
  5. 【トリビア解説】「天空の城ラピュタ」シータの名前の由来、「バルス」収録裏話

    5

    【トリビア解説】「天空の城ラピュタ」シータの名前の由来、「バルス」収録裏話

    2022年8月12日 20:00

今週