鈴木拡樹×安井謙太郎×崎山つばさ「死神遣いの事件帖」 色鮮やかな着物姿の場面写真11点

2020年3月31日 13:00

江戸で探偵業を営む久坂幻士郎と死神・十蘭(安井)のコンビが活躍!
江戸で探偵業を営む久坂幻士郎と死神・十蘭(安井)のコンビが活躍!

[映画.com ニュース]鈴木拡樹安井謙太郎(「7ORDER project」)、崎山つばさが共演した映画「死神遣いの事件帖 傀儡夜曲」の場面写真11点がお披露目された。江戸で探偵業を営む久坂幻士郎(鈴木)と死神・十蘭(安井)のコンビ、侠客のリーダー・庄司新之助(崎山)、「乃木坂46」の鈴木絢音演じるヒロイン・お藤の色鮮やかな着物姿が写し出されている。

東映と東映ビデオが共同で手掛け、作品世界を共有した映画と演劇を連動させる「東映ムビ×ステ」第2弾。映画版では、徳川三代将軍・家光の時代に活躍する“死神遣い”の探偵・幻士郎の物語を紡ぐ。

死神・十蘭との契約により、自分の寿命の一部と引き換えに不思議な能力を有する幻士郎。ある日、ある女の行方を捜してほしいという依頼が舞いこむが、手掛かりは「右目の端に黒子(ほくろ)」「桐紋の短剣」のみ。破格の手付金に気を良くした幻士郎は、早速調査を開始する。時を同じくして、吉原遊郭の惣名主・庄司甚右衛門は頭を抱えていた。大門が閉まれば出入り不可能な吉原で、真夜中に遊女が大門の外に連れ出され、次々に殺されていたのだ。幻士郎は庄司甚右衛門の息子である侠客・新之助とその姉・お藤も巻きこみ、「黒子の女」と「遊女連続殺人」の謎を追う。

場面写真は、幻士郎が十蘭と事件の真相に思いを巡らせるシリアスなシーンから、十蘭がおさまっている人形・十蘭ドールとともに挨拶するコミカルな場面まで様々。新之助率いる侠客メンバーの勇ましい姿や、見つめ合う幻士郎&お藤、さらに幻士郎と新之助の殺陣も切り取られ、物語の多彩な魅力とユニークな世界観を垣間見ることができる。

映画「死神遣いの事件帖 傀儡夜曲」は5月29日に公開。崎山と安井が共演する舞台「死神遣いの事件帖 鎮魂侠曲」は7、8月に上演される。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

(C)2020 toei movie st

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース