亀梨和也が事故物件に住んでみた…! 中田秀夫監督×松原タニシによるホラーに主演

2020年1月21日 06:00

本格ホラー作品に初出演!
本格ホラー作品に初出演!

[映画.com ニュース] 「KAT-TUN」の亀梨和也が、“事故物件住みます芸人”松原タニシのノンフィクションを映画化する「事故物件 恐い間取り(仮題)」に主演することが決定。「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(2月21日公開)も控えるホラー映画の巨匠・中田秀夫がメガホンをとり、8月28日に公開される。

事故物件とは、以前の居住者が自殺、殺人、孤独死、事故などで亡くなっている部屋や家のこと。松原は、12年からテレビ番組「北野誠のおまえら行くな。」(エンタメ~テレ)の企画で事故物件に住み始めた松竹芸能所属のお笑い芸人だ。著書「事故物件怪談 恐い間取り」(二見書房刊)は、大阪、千葉、東京、沖縄などにあった9軒の事故物件を“間取り付き”で紹介。発売から2カ月で異例の増刷14刷、累計発行部数10万部を突破したベストセラーだ。

映画は、松原の実話をベースに、売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨)が先輩から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むという展開からスタート。1軒目の部屋で撮影された映像には白いものが映り、音声が乱れていた。番組からの期待も高まるなか、ヤマメは様々な怪奇現象が起こる事故物件を転々としていく。本編では、松原が体験した怪奇現象がリアルに再現され、ヤマメが室内に設置したビデオカメラの映像が臨場感と恐怖を増幅させる仕掛けとなっている。

松原タニシ
松原タニシ

5本目の主演作となった亀梨は、今回が本格ホラー作品初参加の場に。「ジャニーズに入って間もない頃に日本テレビの『怖い日曜日』という番組で案内役を務めた事はあったんですが、自分自身がホラー作品に出演するのは今回が初めてです。またJホラーを代表する中田監督とも初めてご一緒させて頂きますが、撮影現場の雰囲気も今からとても楽しみです」「普段自分を応援してくださっている方々にとっても初めての姿をお見せできると思いますし、ホラーファンの方々にとっても自分は初めましての存在だと思うので、色んな方に楽しんで頂ける作品にできるよう撮影に励みたいと思います」とアピール。また、19年末に“不思議な体験”を出くわしてしまったようだ。

亀梨「昨年末に中田監督との顔合わせに行く時、急に移動車のエンジンがかからなくなって故障してしまったんです。直したはずなんですが、昨夜、車内でマネージャーさんから台本をもらった時にまたエンジンが止まってしまったんです! 不思議な出来事でしたが、これも撮影に向けて気を引き締めろということかなと思いました。ただ、できることなら車は変えてもらいたいですね(笑)」

中田監督は、「事故物件に住む=前住者である亡霊との共同生活」という松原の体験について、「ホラー映画をこれだけ撮ってきた私も今回ばかりは、さすがにリアルに恐いのだが、幸い主演の亀梨和也さんが、面白いアイデアをどんどん提案してくださっていて、彼との初タッグをとても楽しみに撮影準備できている」と説明。一方、松原は「これは単なるホラー映画ではありません。『事故物件怪談 恐い間取り』を原作として実写化されるということは、ファンタジーの世界ではなく、映画に登場する事故物件が現実にこの日本のどこかに存在するということです。果たして僕が過ごした『恐い間取り』たちが、スクリーンの中でどう生まれ変わり、どんな恐怖を見せてくれるのか、非常に楽しみです」とコメントを寄せている。

事故物件 恐い間取り(仮題)」は、1月下旬に撮入し、2月末頃にクランクアップ。都内近郊での撮影を予定。8月28日に全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像「ヤドカリ」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 封印映像「四角い跡」【OSOREZONE先行配信エピソード】
  • 死霊の罠
  • 死霊の罠2 ヒデキ
  • 映画「怪談新耳袋Gメン 復活編」【TBSオンデマンド】
  • オーディション
  • レザーフェイス 悪魔のいけにえ
  • 封印映像38
  • ジェーン・ドウの解剖
  • フェノミナ
OSOREZONE

Powered by 映画.com