佐久間由衣×奈緒! 芥川賞作家・津村記久子「君は永遠にそいつらより若い」映画化

2020年2月13日 10:00

2021年に全国公開
2021年に全国公開

[映画.com ニュース] 「ポトスライムの舟」で第140回芥川賞を受賞した作家・津村記久子氏のデビュー作「君は永遠にそいつらより若い」が映画化されることが決定。「“隠れビッチ”やってました。」の佐久間由衣、テレビドラマ「あなたの番です」の怪演が話題を呼んだ奈緒が出演し、「あかぼし」「スプリング、ハズ、カム」の吉野竜平監督がメガホンをとる。

小説「君は永遠にそいつらより若い」
小説「君は永遠にそいつらより若い」

小説「君は永遠にそいつらより若い」は、第21回太宰治賞の受賞作(発表時のタイトルは「マンイーター」)。卒業間近の大学生が、なんとなく過ごす日常の中で、“暴力”“児童虐待”“ネグレクト”といった社会の闇、それに伴うやり切れない哀しみに直面する物語が描かれている。

吉野竜平監督
吉野竜平監督

児童福祉職への就職が決まった堀貝佐世(佐久間)は、大学卒業を間近に控え、手持ち無沙汰な日々を送っていた。身長170センチ超え、22歳の処女――変わり者扱いされているが、さほど自覚はない。バイト、学校、下宿を行き来し、友人とぐだぐだした日常を過ごしているなかで、同じ大学に通う猪乃木楠子(奈緒)と知り合うことに。過去に痛ましい経験を持つ猪乃木と、独特な関係を築いていく佐世。 やがて、友人の友人・穂峰が自ら命を絶ち、日常の裏に潜む“暴力”と“哀しみ”が顔を見せる。

君は永遠にそいつらより若い」は、今春に撮影。2021年に全国公開される。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース