ファイナルだけど… 藤原竜也「カイジ」さらなる展開に期待「応援次第で」

2020年1月10日 21:00

応援次第で!?
応援次第で!?

[映画.com ニュース] 俳優の藤原竜也が1月10日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われた主演作「カイジ ファイナルゲーム」の初日舞台挨拶に登壇。前作「カイジ2 人生奪回ゲーム」から9年ぶりの新作であり、本作が文字通り“ファイナル”。それでも藤原は「僕がこういうこと言っちゃいけないんですけど」と前置きし、「皆さんの応援次第で、続けさせていただけるんじゃないかと。『帰ってきたカイジ』とか(笑)」とさらなる展開に期待を寄せていた。

東京オリンピック終了を機に、景気が急激に悪化した2020年の日本を舞台に、カイジら“弱者”たちが、原作者の福本伸行氏が考案した「バベルの塔」「最後の審判」「ドリームジャンプ」「ゴールドジャンケン」という新ゲームに挑む。全国333スクリーンで封切られた。

シリーズ第1弾から10年の歳月が経ち、藤原は「長いような短いような10年間。その間、芸人さんにネタも提供できて(笑)、愛されるキャラクターになった。宝物のような役をいただき、感謝したい」としみじみ。「今回の4つのゲームもそうですし、福本先生にはまだアイデアがありますから、違う形でも(シリーズ続行して)いいかなと」と話していた。

初日舞台挨拶には藤原をはじめ、シリーズに初参加した共演者の福士蒼汰関水渚新田真剣佑吉田鋼太郎、前2作に続きメガホンをとった佐藤東弥監督が登壇した。福士は「藤原竜也さんと共演するのが夢だった」と明かし、「藤原さんがカイジを作り上げる姿を、目の前で見られたのは財産です」と感無量。ただ「お会いする前は、怖い人というイメージもあり、緊張した」そうで、「意外と(笑)優しいんですよ。実際には、とてもフレンドリーで、気さくに雰囲気作りをしてくださった。皆さんが思っている以上に(笑)、優しいですよ」と人柄を語っていた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • スペイン一家監禁事件
  • ゲーム・オブ・デス
  • 寄性獣医・鈴音 GENESIS
  • 寄性獣医・鈴音 EVOLUTION
  • ヒューマン・レース
  • ライアー・ハウス
  • THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~
  • ドクムシ
  • 忍者狩り
  • ザ・ブラック・ベア
OSOREZONE

Powered by 映画.com