「キャッツ」が全米で異例の本編差し替え VFXを修正して提供

2019年12月26日 13:00

米国映画批評家に叩かれた「キャッツ」
米国映画批評家に叩かれた「キャッツ」

[映画.com ニュース]米ユニバーサル・ピクチャーズが、現在「キャッツ」を上映中の全米の劇場に対し、VFXを修正した新たなバージョンを送付すると連絡していることが明らかになった。米ハリウッド・レポーターが報じている。

キャッツ」は、1981年にロンドンで初演されて以来、世界中で愛されているミュージカルの金字塔の映画化で、「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監督がメガホンをとる注目作。英国ロイヤルバレエ団のフランチェスカ・ヘイワードがヒロインを務め、ジェニファー・ハドソンテイラー・スウィフトジュディ・デンチイアン・マッケランイドリス・エルバら豪華キャストが脇を固めている。

だが、12月20日に封切られた「キャッツ」は、全米オープニング興収650万ドルと撃沈。映画批評家に軒並み叩かれたことが主な理由で、実際に映画を鑑賞した観客の評価を集計した「シネマスコア」もC+と低評価のため、クチコミによる観客増は期待できない状態だ。

最大の要因は、本作で導入された「デジタル・ファー・テクノロジー(Digital Fur Technology)」と呼ばれるVFX技術だ。人間の役者にネコの毛を生やすためのVFX技術だが、気持ち悪い、怖い、など否定的な反応を引き起こしていた。トム・フーパー監督自身、12月16日に行われたワールドプレミアにおいて、完成がぎりぎりだったとコメントしていたことから、満足できるレベルに達していなかったものと想像できる。

そんななか配給のユニバーサルは、VFXを改善したバージョンを配布すると発表。劇場はサーバーからダウンロードするか、ハードドライブで“改訂版”を受け取るという。公開中の映画が上映期間中に差し替えられるのは極めて異例であり、果たして状況を好転できるかどうか注目である。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース