実写版「シンデレラ」にピアース・ブロスナン

2019年12月17日 11:00

[映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズが準備を進めている実写版「シンデレラ(原題)」に、ピアース・ブロスナンが出演すると米ハリウッド・レポーターが報じた。

本作は、有名な童話「シンデレラ」を新たに実写映画化するもの。米ガールズグループ「フィフス・ハーモニー」脱退後もソロアーティストとして躍進を続けるカミラ・カベロが、シンデレラ役で女優デビューを飾る。ほかに、「アナと雪の女王」のイディナ・メンゼルが意地悪な継母トレメイン夫人役、LGBTQドラマ「POSE ポーズ」のエミー賞俳優ビリー・ポーターがフェアリー・ゴッドマザー役、英若手俳優ニコラス・ガリツィンがプリンス・ロバート役を演じることが決まっている。ブロスナンは、王子の父役を演じる。

俳優・コメディアンのジェームズ・コーデンによるオリジナルのアイデアから映画企画へと発展した本作は、「ピッチ・パーフェクト」シリーズの脚本家で、昨年はコメディ「ブロッカーズ」で長編監督デビューも果たしたケイ・キャノンが脚本・監督を務める。プロットの詳細はまだ明かされていないが、物語の舞台を現代に移すとともに、ミュージカルの要素をよりふんだんに盛り込んだ内容になるようだ。

元ジェームズ・ボンド俳優のブロスナンは、過去にミュージカル映画「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」に出演している。実写版「シンデレラ(原題)」は、2021年2月5日に全米公開の予定。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース