史上最強ヒロインが愛する人のため闘う!名曲「リフレクション」が彩る「ムーラン」予告

2019年12月17日 04:00

力強い眼差しのムーランが剣を構えた新カット
力強い眼差しのムーランが剣を構えた新カット

[映画.com ニュース] 米ウォルト・ディズニー・スタジオの実写映画「ムーラン」の日本版予告編と新カットがお披露目された。名曲「リフレクション」が彩る映像には、男性と偽り兵士となった史上最強のヒロイン・ムーランが愛する家族のために闘う、美しくたくましい姿がおさめられている。

美女と野獣」のベルや「アラジン」のジャスミンら様々なヒロインを誕生させてきたディズニーが、それまでと大きく異なるヒロイン像をイメージして創出したムーラン。愛する父の身代わりとなり、兵士として国の運命をかけた闘いに身を投じていくさまを描き出す。

予告編は敵の攻撃に備え、皇帝の遣いが「全ての家族から男をひとりずつ兵士とする」と命じるシーンで幕を開ける。ファ家には男子がひとりもいないことから、病気の父が志願するが、歩くことすらままならない状態。ムーランは息子ファ・ジュンとして戦地に赴くことを決意する。敵の側近である魔女シャンニャンの「本当の姿を知られたら、どんな罰が待っていることか」という警告が響くなか、勇ましく闘う一方で、仲間にも知られてはならない大きな秘密を抱え涙する、ムーランの葛藤に満ちた姿を活写。「それでも私は闘う」と呟くムーランの強い覚悟と、壮大なスケールで描かれるアクションシーンが印象的な映像となった。

ムーラン役に抜てきされたのは、透明感の中にしなやかな強さを感じさせるリウ・イーフェイコン・リードニー・イェンジェット・リーというハリウッドでも活躍する実力派俳優陣が脇を固める。ニュージーランド出身の女性監督ニキ・カーロがメガホンをとった。

新カットは、力強い眼差しのムーランが剣を構えたもの。「ムーラン」は、2020年4月17日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース