佐藤大樹×橋本環奈が“ナイーブ&ドS”の高校生作家に! 「小説の神様」実写映画化

2019年12月16日 12:00

原作は相沢沙呼氏の人気小説
原作は相沢沙呼氏の人気小説

[映画.com ニュース] 佐藤大樹(「EXILE/FANTASTICS」)と橋本環奈が、相沢沙呼氏の人気小説を実写映画化する「小説の神様」にダブル主演することがわかった。「HiGH&LOW」シリーズや500本以上のMVを世に送り出した久保茂昭監督がメガホンをとり、2020年5月22日に全国公開される。

著者の相沢氏は、最新作「medium 霊媒探偵城塚翡翠」で「このミステリーがすごい! 2020年版」 「2020本格ミステリ・ベスト10」で第1位を受賞するという快挙を遂げたばかりの気鋭の作家だ。講談社タイガレーベルの「小説の神様」は、夢を見失い自身の才能と現実のギャップに悩み、傷つきながらも挑戦していく登場人物の姿がダイレクトに心に響く物語として、SNS、書店員の間で話題に。1年間で7刷が決まるほど人気を集めていた。

物語の中心となるのは、中学生で作家デビューを果たしたものの、発表した作品は酷評され売り上げも振るわない“ナイーブな高校生小説家・千谷一也(佐藤)と、同じクラスの人気者でヒット作を連発する“ドSな高校生小説家”小余綾詩凪(橋本)。性格、クラスでのポジション、売れている、売れていない――すべてが真逆の2人に、編集者からミッションがくだされる。それは2人で協力して“ひとつの物語”を作り上げ、世の中の人の心を大きく動かすベストセラーを生み出すことだった。

佐藤は「僕が一番大好きで最も尊敬している久保監督から『この作品を一緒にやらないか?』とオファーを受けた時、断る理由が見つかりませんでした。企画から数年経ち、ようやく実現した映画化に僕を指名してくれた事、本当に嬉しかったです」と胸中を吐露。「僕が演じる一也は普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。だからこそ演じ甲斐がありましたし、役作りやどんな作品にしたいかなどを監督と密に話し合い共に作りあげていきました!」と振り返っている。

橋本は「過去作で高校生役は数多く演じさせて頂きましたがクラスに職業作家が2人いるというリアリティの有りそうで無さそうなこの役はある種新たなる挑戦でもありました」と述懐。「そんな詩凪と佐藤大樹さん演じる千谷一也が仲間とどう葛藤を乗り越え、また小説を紡いでいくのか久保監督演出の素晴らしい映像美と共に是非ご注目頂きたいと思います」と語っている。

「(原作から)小説という能動的な美しい文体の芸術を映像という受動的な芸術で挑戦していく」という夢を与えられた久保監督は、「自分の器の限界、人生に行き詰まりを感じたとき、自分が世界に発信したいものができた時、その子の背中を押してあげる映画を作りたいと思いました」と告白。一方、原作者・相沢氏は「映像化されることなんて、まるで考えていないお話でした。青春小説とは名ばかりの、暗澹(あんたん)とした心理描写が延々と続くというこの作品は、あまり映像化には向いていないのかもしれません」と明かす。そして「主演のお二人をはじめ、監督やスタッフの皆さんが、どのようにこの困難に立ち向かい、そしてどのような映像作品へと変換されたのか。生まれる物語を、楽しみに待ちたいと思います」とコメントを寄せている。

小説の神様」は、7月10日から撮影が始まり、8月4日にクランクアップ。20年5月22日に全国公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース