栗田貫一、ルパン三世演じて24年……亡くなった井上真樹夫さんに感謝の意

2019年12月6日 19:00

劇場版最新作「ルパン三世 THE FIRST」が公開
劇場版最新作「ルパン三世 THE FIRST」が公開

[映画.com ニュース]故モンキー・パンチさん原作の国民的アニメ「ルパン三世」の劇場版最新作「ルパン三世 THE FIRST」の初日舞台挨拶が12月6日、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われ、栗田貫一(ルパン三世役)、小林清志(次元大介役)、浪川大輔(石川五ェ門役)、沢城みゆき(峰不二子役)、山寺宏一(銭形警部役)、ゲスト声優を務める広瀬すず吉田鋼太郎藤原竜也、脚本も担当した山崎貴監督が顔をそろえた。

ルパン三世の初代声優、山田康雄さんからバトンを受け取り、今年で24年を迎えた栗田は、「当時は右も左もわからなかった。いっぱいいっぱいでしたね」と振り返り、「ここにいらっしゃる小林さんたち先輩に温かく包まれて、今のルパンが確立された」としみじみ語った。

11月29日には、1977年から石川五ェ門の声を担当していた声優の井上真樹夫さんが逝去したばかり。栗田が「真樹夫さんにもずいぶん可愛がっていただいた」と感謝の意を示すと、“盟友”小林は「斬鉄剣も泣いている、だな。安らかに眠ることを希望しております。以上です」と追悼し、「48年次元を演じてきましたが、これからもう少しだけやらせてもらいたい。もうすぐ行っちゃうから、安心してちょうだい」と笑いを交えて、意欲を燃やしていた。

単独では23年ぶりとなる「ルパン三世」の劇場長編アニメ。過去にルパン一世が唯一盗むことに失敗したという伝説のお宝「ブレッソンダイアリー」奪取にルパン三世の一味が挑む姿を3DCGアニメーションで描いた。全国389スクリーンで封切られた。

「ルパン三世」の3DCG化は、モンキー・パンチさんの念願企画だったといい「先生は新しいもの、特にデジタル大好きでしたから、ご覧になったらどれだけ喜ばれたことか。喜んでいる顔が目に浮かぶ」(栗田)、「大喜びで、よみがってくるかも。早く帰ってこいと言いたい」(小林)。山崎監督は「ファンの皆さんが抱くルパン像を(3DCGで)どう作るかが課題だった。今までとは違う流れで、1つのお祭りとして、これぞルパンと言える作品にしたかった」と話していた。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース