大林宣彦監督「これから3000年生きる」と力強くアピール 東京国際映画祭の特別功労賞に輝く

2019年11月1日 22:45

東京国際映画祭の特別功労賞を受賞した大林宣彦監督
東京国際映画祭の特別功労賞を受賞した大林宣彦監督

[映画.com ニュース]大林宣彦監督が11月1日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた最新作「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」上映後の舞台挨拶に出席した。開催中の第32回東京国際映画祭「Japan Now」の特集「映像の魔術師 大林宣彦」での公式上映。今年、同映画祭の特別功労賞を受賞し、チェアマンの安藤裕康氏からトロフィーが授与された。

大林監督はトロフィーを手にし「貴重な功労賞というものをいただきました。すごいね、これが功労賞。重いですよ」と誇らしげ。「やっていないことの方がいっぱいあるんだから、やらないことをやれば、星の数ほど面白いことができる。だから、これから3000年は生きますよ」と力強くアピールすると、会場は大きな拍手に包まれた。

この日披露された最新作「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」は、今夜限りで閉館する尾道の映画館を舞台に、最終のオールナイト上映に駆けつけた若者3人が、“戦争映画”の世界にタイムリープするという、大林節全開のファンタジーだ。「ある方が前作の『花筐 HANAGATAMI』がさよならホームランで、今回は場外ホームランだって言ってくれて。とにかく仰天してください。仰天することが何よりも映画の魅力ですから」と呼びかけた。

舞台挨拶には、出演する厚木拓郎細山田隆人細田善彦吉田玲(新人)、山崎紘菜常盤貴子が駆けつけ、特別功労賞の受賞を祝福。「野のなななのか」「花筐 HANAGATAMI」に続き、大林作品に出演する常盤は「周りにあるネタすべてを映画にする、サービス精神旺盛な大林監督が、わたしたちに前倒しで走馬灯を見せてくれた。こんな奇天烈な体験(笑)、前代未聞ですし、こんな映画を撮れる人はいないと思います」と最上級の敬意を示した。

常盤をはじめ、新人の吉田を除くと多くのキャストが大林組の出演経験者。作品ごとに成長を見せる俳優陣に対し、大林監督は「映画は学校。いろんなことを学ぶ場なんです。他人事ではなく、すべて自分事として、俳優もお客さんも(登場人物に)体を入れ替えて、人生の涙を流すことができる。だから、映画はすばらしい、ありがとう! 以上、校長からでした」と締めくくった。

第32回東京国際映画祭は、10月28日~11月5日に六本木ヒルズ、東京ミッドタウン日比谷などで開催。「Labyrinth of Cinema=海辺の映画館 キネマの玉手箱」は2020年4月に公開される。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 【映画.comアクセスランキング】「TENET テネット」V、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は7位に登場

    1

    【映画.comアクセスランキング】「TENET テネット」V、「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は7位に登場

    2020年9月21日 16:00
  2. コロナ禍で撮影されたゼンデイヤ主演のラブストーリー、Netflixが獲得

    2

    コロナ禍で撮影されたゼンデイヤ主演のラブストーリー、Netflixが獲得

    2020年9月21日 14:00
  3. 第72回エミー賞は「ウォッチメン」が最多11冠!「シッツ・クリーク」はコメディ7部門を完全制覇

    3

    第72回エミー賞は「ウォッチメン」が最多11冠!「シッツ・クリーク」はコメディ7部門を完全制覇

    2020年9月21日 16:30
  4. 「ウォーキング・デッド」俳優ノーマン・リーダス、製作会社を設立&AMCとファーストルック契約締結

    4

    「ウォーキング・デッド」俳優ノーマン・リーダス、製作会社を設立&AMCとファーストルック契約締結

    2020年9月21日 19:30
  5. 2019年カンヌ映画祭ダブル受賞、名匠エリア・スレイマン「天国にちがいない」1月29日公開

    5

    2019年カンヌ映画祭ダブル受賞、名匠エリア・スレイマン「天国にちがいない」1月29日公開

    2020年9月21日 12:00

今週