M・デイモン&C・ベールが“最速の絶対王者”に挑む!「フォードvsフェラーリ」新予告

2019年10月2日 07:00

ル・マン24時間耐久レースをめぐる 奇跡の実話を映画化
ル・マン24時間耐久レースをめぐる 奇跡の実話を映画化

[映画.com ニュース] マット・デイモンクリスチャン・ベールが豪華共演を果たした映画「フォードvsフェラーリ」の最新予告映像が、このほどお披露目された。

ナイト&デイ」「LOGAN ローガン」のジェームズ・マンゴールド監督が、ル・マン24時間耐久レースをめぐる奇跡の実話を映画化。カーエンジニアのキャロル・シェルビー(デイモン)は、フォード・モーター社からル・マンでの勝利という困難なミッションを与えられる。常勝チームのフェラーリに勝つべく、破天荒なイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(ベール)とタッグを組み、意地とプライドをかけた闘いへと身を投じていく。第44回トロント国際映画祭でプレミア上映された。

“最速の絶対王者”フェラーリに立ち向かおうとするシェルビーとマイルズだが、2人の相性は最悪のようだ。予告編では、「俺は約束を破らない。お前をル・マンに出したいんだ。黙って信じてくれ」と説得を試みるシェルビーに、マイルズはアンサー代わりのパンチを繰り出し、取っ組み合いに発展。どうにか矛を収めた2人は「クソ野郎」「お前がな」とののしり合いながらも、打倒フェラーリに向けて動き始める。

5年連続ル・マンを制覇していたフェラーリは「フォードは車も工場も醜い」と見下し、フォード社社長の体型をバカにする始末。“レーシングカー業界の巨人”を叩き潰すため、コンピューターに頼らないアナログなスピードテストをするシェルビー、昼夜問わずにハンドルを握るマイルズ――男臭い愚直な姿が映し出されていく。映像の後半では、ラフプレーが頻発する死と隣り合わせのル・マンの様子を活写。「車の美しさを競うなら負けだな」というマイルズの分析に、シェルビーは「それ以外で勝つぞ」と言い放っている。

フォードvsフェラーリ」は、2020年1月10日から全国公開。なお、第32回東京国際映画祭(10月28日~11月5日)の特別招待作品として上映されることも決定している。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース