ジェームズ・ワン監督の新作ホラーにイギリスの新鋭

2019年9月27日 21:30

端正なルックスと確かな演技力を備えた新人
端正なルックスと確かな演技力を備えた新人

[映画.com ニュース]「インシディアス」「死霊館」シリーズのジェームズ・ワン監督が新たに放つホラー映画「Silvercup(仮題)」の主演に、作家・テレビパーソナリティとしても活躍する英俳優ジョージ・ヤングが抜てきされたことが、米バラエティによってわかった。

ワン監督と「死霊館のシスター」で修道女オアナ役を演じた女優イングリッド・ビス原案によるホラー映画という以外、ストーリーなど詳細は明らかになっておらず、脚本家もまだ決まっていないという。メガホンをとるワン監督が、自身の制作会社アトミック・モンスターを通じてマイケル・クリアとプロデュースにあたること、また、「死霊館」に登場する実在の人形、アナベルが巻き起こす恐怖を描いたスピンオフシリーズ第1弾「アナベル 死霊館の人形」で知られるアナベル・ウォーリスが、再びヒロインを演じることが決まっている。

公 開時期についても現時点で未定とは言え、ワン監督は年明け早々、DC映画「アクアマン」続編(2022年12月16日全米公開予定)の準備に入るため、今秋クランクインを目指して急ピッチで準備を進めているという。

今作が長編映画初主演となるヤングは、英BBCの長寿医療ドラマ「カジュアルティ」へのゲスト出演を経て、ボリウッド映画「Jhootha Hi Sahi(原題)」で銀幕デビュー。HBOアジアのミニシリーズ「Grace(原題)」(14)や米CWのリミテッドシリーズ「Containment(原題)」(16)など、高評価を獲得したテレビドラマに相次いで出演。端正なルックスと確かな演技力で今後の活躍が期待されている。

(映画.com速報)

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 特捜部Q 檻の中の女
  • 特捜部Q キジ殺し
  • ぼくのエリ 200歳の少女
  • アンチクライスト
  • ニンフォマニアック vol.1
  • ニンフォマニアック vol.2
  • ボーグマン
  • 46億年の恋
  • スガラムルディの魔女
  • 刺さった男
OSOREZONE

Powered by 映画.com