菅野美穂、実写吹き替えに初挑戦!「ジェミニマン」クールなヒロイン役

2019年9月10日 05:00

ヒロインの吹き替え声優に挑戦
ヒロインの吹き替え声優に挑戦

[映画.com ニュース] 女優の菅野美穂が、ウィル・スミス主演の「ジェミニマン」でハリウッド実写映画の吹き替え声優に初挑戦することがわかった。本作のヒロインであり、主人公ヘンリー(スミス)とともに謎の秘密機関に立ち向かうクールな潜入捜査官ダニー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)の声を務める。

ウィル・スミスVS若きウィル・スミス」という衝撃の対決を描く本作。「ブロークバック・マウンテン」「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」で知られるアン・リーがメガホンをとった。

菅野演じるダニーは、DIA(アメリカ国防情報局)の潜入捜査官。引退を決意した伝説のスナイパー、ヘンリー(スミス)の監視役として潜入捜査を行ううちに、彼を狙う正体不明の暗殺者の存在を知り、それがヘンリー自身のクローンであることを突き止める。やがて自らの命も狙われることになり、彼と共にクローンを作る謎の秘密機関“ジェミニ”の陰謀に立ち向かう。

実写映画の吹き替え声優に初挑戦した菅野は「演技で何かをするということより、すでにできあがっている素晴らしいものがあるので、それをどうやったら伝えられるかな、という“より分かりやすく伝える”お手伝いみたいな演技というところで、普段とは違う演技に緊張しました」とアフレコを振り返る。

本作については「アクションとかも本当にどうやって撮っているんだろうなと……ウィル・スミスウィル・スミスが戦うんですけど、これはぜひ見ていただきたいです」と魅力を紹介。映像技術やアクションシーンにも驚いたといい、「新しい映像体験ができると思いますので、劇場に足を運んでいただければと思います! アン・リーすごい! ウィル・スミスもっとすごい! と思いました」と太鼓判を押している。

なお、ヘンリーは江原正士、クローンは山寺宏一が演じることが発表されている。「ジェミニマン」は10月25日から全国公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース