清水崇×平山夢明、ジョーダン・ピール「アス」を読み解く

2019年8月30日 16:00


清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏
清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏

[映画.com ニュース] ハリウッドの鬼才ジョーダン・ピール監督の最新作「アス」のトークイベントが8月29日、都内で開催され、「呪怨」の清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏が作中の重要なモチーフや見どころを解説した。

本作は、自分たちにそっくりな謎の集団に襲われる、あるアメリカ人一家の物語。長編監督デビュー作「ゲット・アウト」でアカデミー賞脚本賞を受賞したピール監督が、監督・脚本・製作を兼ね、前作と同様に敏腕プロデューサーのジェイソン・ブラムとタッグを組んだ。

前作「ゲット・アウト」が全米で大ヒットし日本でも一躍脚光を浴びたピール監督に対し、、平山氏は「1作目がヒットしたからといって、観客に媚びることを拒否して、生々しい恐怖を植え付けて去る」と手腕を称え、清水監督も「僕は今回の方が好き。投げっぱなしかよ、と思う人もいるかもしれないけど」と同調。さらに、「ひとひねりがコメディ作家ならでは」(平山氏)、「ユーモアとひねりが各所にある」(清水監督)と語った。

そして、「自分と瓜二つの分身」というモチーフが描かれることから、平山氏はジャック・フィニイの「盗まれた街」の映画化作品(ドン・シーゲルの「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」など)との共通点として、アメリカの現代社会が反映されていることを挙げ、「怖いなと思ったのは、隣の人が困っているから全財産で救えと言われてもできない。救うべき人を救えない。イチかバチかを賭けた、革命的・社会的な運動をつくりずらい時代になっている」と考察した。

さらに2人は、ピール監督が本作の着想のひとつに挙げる1986年の慈善イベント「ハンズ・アクロス・アメリカ」や、劇中で不気味な雰囲気を出すのに一役買っているウサギの群れが「繁栄」や「過剰な生殖」のシンボルであることなどにも言及。、劇中で繰り返し出現するエレミヤ書11章11節は旧約聖書の預言書の1節であり、「民が神の声を聴かないから、神はもう民を助けない」という趣旨で、「これを知るとより怖く感じる」と清水監督。平山氏も、解消できない格差が世界的に蔓延し、限界に達していることに対して「監督からのメッセージが込められている」と指摘した。

アス」は9月6日から全国で公開。

Amazonで今すぐ購入

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

映画ニュースアクセスランキング

本日

  1. 「伝説の頭 翔」高橋文哉主演で実写ドラマ化 初の一人二役で“最強と最弱”を演じ分ける

    1

    「伝説の頭 翔」高橋文哉主演で実写ドラマ化 初の一人二役で“最強と最弱”を演じ分ける

    2024年5月29日 05:00
  2. 「ミッション:インポッシブル8」の撮影が再び延期 潜水艦セットの故障が原因

    2

    「ミッション:インポッシブル8」の撮影が再び延期 潜水艦セットの故障が原因

    2024年5月29日 11:00
  3. 【絶望】大都市ニューヨークで音を立てずに、生き残れるか 「クワイエット・プレイス:DAY 1」無数の火球が降り注ぐ新ポスター入手

    3

    【絶望】大都市ニューヨークで音を立てずに、生き残れるか 「クワイエット・プレイス:DAY 1」無数の火球が降り注ぐ新ポスター入手

    2024年5月29日 09:00
  4. 驚異の迫力!超巨大竜巻vs人類「ツイスターズ」日本版本予告&本ポスター公開、ラージフォーマット上映決定

    4

    驚異の迫力!超巨大竜巻vs人類「ツイスターズ」日本版本予告&本ポスター公開、ラージフォーマット上映決定

    2024年5月29日 07:00
  5. スピルバーグ監督の新作、2026年夏に全米公開

    5

    スピルバーグ監督の新作、2026年夏に全米公開

    2024年5月29日 17:00

今週