清水崇×平山夢明、ジョーダン・ピール「アス」を読み解く

2019年8月30日 16:00

清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏
清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏

[映画.com ニュース] ハリウッドの鬼才ジョーダン・ピール監督の最新作「アス」のトークイベントが8月29日、都内で開催され、「呪怨」の清水崇監督とホラー作家の平山夢明氏が作中の重要なモチーフや見どころを解説した。

本作は、自分たちにそっくりな謎の集団に襲われる、あるアメリカ人一家の物語。長編監督デビュー作「ゲット・アウト」でアカデミー賞脚本賞を受賞したピール監督が、監督・脚本・製作を兼ね、前作と同様に敏腕プロデューサーのジェイソン・ブラムとタッグを組んだ。

前作「ゲット・アウト」が全米で大ヒットし日本でも一躍脚光を浴びたピール監督に対し、、平山氏は「1作目がヒットしたからといって、観客に媚びることを拒否して、生々しい恐怖を植え付けて去る」と手腕を称え、清水監督も「僕は今回の方が好き。投げっぱなしかよ、と思う人もいるかもしれないけど」と同調。さらに、「ひとひねりがコメディ作家ならでは」(平山氏)、「ユーモアとひねりが各所にある」(清水監督)と語った。

そして、「自分と瓜二つの分身」というモチーフが描かれることから、平山氏はジャック・フィニイの「盗まれた街」の映画化作品(ドン・シーゲルの「ボディ・スナッチャー/恐怖の街」など)との共通点として、アメリカの現代社会が反映されていることを挙げ、「怖いなと思ったのは、隣の人が困っているから全財産で救えと言われてもできない。救うべき人を救えない。イチかバチかを賭けた、革命的・社会的な運動をつくりずらい時代になっている」と考察した。

さらに2人は、ピール監督が本作の着想のひとつに挙げる1986年の慈善イベント「ハンズ・アクロス・アメリカ」や、劇中で不気味な雰囲気を出すのに一役買っているウサギの群れが「繁栄」や「過剰な生殖」のシンボルであることなどにも言及。、劇中で繰り返し出現するエレミヤ書11章11節は旧約聖書の預言書の1節であり、「民が神の声を聴かないから、神はもう民を助けない」という趣旨で、「これを知るとより怖く感じる」と清水監督。平山氏も、解消できない格差が世界的に蔓延し、限界に達していることに対して「監督からのメッセージが込められている」と指摘した。

アス」は9月6日から全国で公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 封印映像27
  • 封印映像28
  • ハロウィンII
  • ファンハウス
  • モーガン・ブラザーズ
  • ハロウィン2016
  • ロスト・ボディ
  • トランストリップ
  • 道化死てるぜ!
  • 監禁/レディ・ベンジェンス
OSOREZONE

Powered by 映画.com