“オーロラ姫”エル・ファニングの希望で実現!アニメ版のピンクドレスが「マレフィセント2」に登場

2019年8月21日 12:00

可憐なピンク色のドレスを身にまとった エル・ファニング
可憐なピンク色のドレスを身にまとった エル・ファニング

[映画.com ニュース] アンジェリーナ・ジョリーが主演する「マレフィセント」の続編「マレフィセント2」の場面写真が公開された。ディズニー・アニメーションの名作「眠れる森の美女」に登場するピンク色のドレスを身にまとった、オーロラ姫の姿を活写。同役を務めるエル・ファニングは「私たっての希望で『眠れる森の美女』の誰もが知るピンクのドレスを登場させたかったの。アニメーションで描かれたデザインに強くインスパイアされていて、とてもお気に入りよ」と語っている。

マレフィセント」は、世界中で愛される「眠れる森の美女」を、ヴィラン(悪役)であるマレフィセント(ジョリー)の視点から描いたダークファンタジー。前作から数年後が舞台となる「マレフィセント2」では、「めでたしめでたし」では終わらない、衝撃の“その後”を描く。オーロラ姫は、フィリップ王子とめでたく結婚することになり、婚礼の日が迫っていた。しかし、王子の母であるイングリス王妃の罠によって、マレフィセントとオーロラ姫の絆が引き裂かれ、究極の愛が試されることになる。

美しい心を持ち、いつか夢が叶うと信じるオーロラ姫を象徴するのは、可憐なピンクのドレス。「眠れる森の美女」でオーロラ姫は、マレフィセントに「糸車の針に指を刺して死ぬ」と呪いをかけられるが、フィリップ王子のキスでロマンチックに目覚める。呪いが解けた後、王子とダンスを踊る幸せに満ちたラストシーンで、オーロラ姫はピンクのドレス姿を披露する。ファニングの希望で実写化されたドレスは、大人になったオーロラ姫に合わせ、アニメよりも淡い色に仕上げられた。

衣装を担当したエレン・マイロニックは「今回のピンクのドレスは、私たちも今まで見たことないほど美しくて本当に大好きなデザインになったわ」と自信をにじませる。そして、「『眠れる森の美女』に登場したドレスのデザインに少しアレンジを加えて、ピンク色を少し薄くしてチュールに刺しゅうを施したの。襟の形は元のドレスの形と同じで、エル・ファニングの華奢で美しいデコルテがキレイに見えるようなデザインになっているのよ」と、こだわりを明かした。

マレフィセント2」は、10月18日に日米同時公開。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース