「チャイルド・プレイ」マーク・ハミルの好きなセリフは? “ハン・ソロ”呼びを拒否する本編映像も

2019年7月27日 12:00

新時代のチャッキーが起動!
新時代のチャッキーが起動!

[映画.com ニュース]傑作ホラーを新たな設定でよみがえらせた「チャイルド・プレイ」(公開中)の本編映像が披露された。少年アンディ(ガブリエル・ベイトマン)とチャッキーの友情の始まりを収めている。

本作は、「チャイルド・プレイ(1988)」を元に、現代の殺人人形の恐怖を描く。友だちのいないアンディは、誕生日に母親から最新AI技術が詰まったバディ人形をプレゼントされる。自らをチャッキーと名乗る人形と一緒に暮らすようになるが、次第に周辺で異変が起こり始める。

映像は、アンディがバディ人形を起動させるシーンから始まる。スマートフォンとバディ人形を接続したアンディは、「スター・ウォーズ」シリーズに登場するハン・ソロの名前をつけようとするも、「『チャッキー』って言った? チャッキーがいい。僕はチャッキー」と拒否されてしまう。欠陥品のようなチャッキーからはすでに不穏な空気が漂っており、この後に訪れる惨劇を予感させる。

チャッキーの声を演じたのは、「スター・ウォーズ」シリーズのルーク・スカイウォーカー役で知られるマーク・ハミル。ハミルは好きなセリフについて「『一緒で楽しい?』というセリフが好きかな。本気でそう尋ねている。まだ何も知らないんだ。そこが今回の新しさだね」と明かし、「もともとは殺人鬼じゃない。ただAIで勉強の途中なんだ。誤った道に進んでしまっただけでね」と本作のチャッキーについて語っている。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース