米アマゾン、エイミー・ポーラー&「ガールズ・トリップ」脚本家の新コメディをシリーズ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年7月14日 > 米アマゾン、エイミー・ポーラー&「ガールズ・トリップ」脚本家の新コメディをシリーズ化
メニュー

米アマゾン、エイミー・ポーラー&「ガールズ・トリップ」脚本家の新コメディをシリーズ化

2019年7月14日 17:00

エイミー・ポーラー

エイミー・ポーラー
Photo by Emma McIntyre/FilmMagic/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気女優エイミー・ポーラーと脚本家のトレイシー・オリバーが制作総指揮を務める新ドラマに、米アマゾン・スタジオがシリーズ化のゴーサインを出した。

米ハリウッド・レポーターによれば、オリバーが執筆したタイトル未定の新作は、ニューヨーク大学時代からの友人である黒人女性4人の恋愛とセックス、夢を追い求める姿を描くコメディ。1話30分、全10話構成となる。

オリバーは、学生時代からの親友である黒人女性4人が再会し、ニューオーリンズで開催される音楽フェスティバルで思い切り羽目をはずすという内容のコメディ映画「ガールズ・トリップ」の脚本で知られ、同作は世界興収1億4000万ドルを記録する大ヒットとなった。

またオリバーは、1996年のコメディ映画「ファースト・ワイフ・クラブ」をドラマ化する新作も控えており、こちらはミシェル・ブトー(「いつかはマイ・ベイビー」)、ジル・スコット(「理想の夫婦のつくり方」)、ライアン・ミシェル・ベイズ(「THIS IS US 36歳、これから」)が主演することが決定している。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 存在のない子供たちの評論 存在のない子供たち 「存在のない」少年の告発のまなざしは、すべての大人に向けられている
  • マーウェンの評論 マーウェン 現実と虚構をVFXで融合させる名手、R・ゼメキスが出会った箱庭の心象風景
  • アルキメデスの大戦の評論 アルキメデスの大戦 戦艦大和沈没のフェティッシュな描写が、作品の全体像をも脅かす
映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報