「アンナ・カレーニナ」がドラマ化

2019年7月13日 13:00

英エクスペクテーション・エンタ テインメントが制作
英エクスペクテーション・エンタ テインメントが制作

[映画.com ニュース] 小説家レオ・トルストイの名作「アンナ・カレーニナ」が、ドラマ化されることがわかった。

1878年に出版された「アンナ・カレーニナ」は、19世紀ロシアを舞台に、政府高官を夫にもつ美貌の妻アンナ・カレーニナが愛のない結婚生活と華やかな社交界を捨て、青年将校との恋に身をゆだねようと決意する物語。「つぐない」のジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ主演コンビで2012年に映画化された作品をはじめ、過去に何度も映像化されている。

米Deadlineによれば、新ドラマの脚本は、米HBO&英BBCによるテレビ映画「ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女」(シエナ・ミラー主演)や、ウィリアム・メイクピース・サッカレー著「虚栄の市」をドラマ化したアマゾン&ITVのミニシリーズ「Vanity Fair(原題)」(オリビア・クック主演)の脚本家グウィネス・ヒューズが手がける。英エクスペクテーション・エンタテインメントが制作する。

(映画.com速報)

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース