ドゥニ・ビルヌーブ監督「デューン」スピンオフをドラマ化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2019年6月13日 > ドゥニ・ビルヌーブ監督「デューン」スピンオフをドラマ化
メニュー

ドゥニ・ビルヌーブ監督「デューン」スピンオフをドラマ化

2019年6月13日 11:00

ドゥニ・ビルヌーブ監督「砂の惑星」

ドゥニ・ビルヌーブ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家フランク・ハーバートのSF小説「デューン 砂の惑星」シリーズを映画化する新作を撮影中のドゥニ・ビルヌーブ監督が、スピンオフとなるドラマ「Dune: The Sisterhood(原題)」も手がけることがわかった。

米バラエティによれば、ドラマは米ワーナー・メディアがシリーズ化にゴーサインを出しており、ビルヌーブ監督がパイロット版のメガホンをとるほか制作総指揮を務める。

原作は、デューンと呼ばれる砂に覆われた惑星アラキスを舞台に、抗老化作用を持つ香料メランジを巡る戦いと権力闘争を描く壮大な叙事詩で、1984年にデビッド・リンチ監督が「砂の惑星」として映画化している。

米ワーナー・ブラザース製作、ビルヌーブ監督でリブートする新作映画「デューン(原題)」は、主人公をティモシー・シャラメが演じるほか、レベッカ・ファーガソン、デビッド・バウティスタ、ステラン・スカルスガルドシャーロット・ランプリングハビエル・バルデムジョシュ・ブローリンジェイソン・モモア、ゼンデイヤ、オスカー・アイザックチャン・チェンといった豪華キャストが結集。2020年11月20日全米公開が予定されている。

ドラマ「Dune: The Sisterhood(原題)」は、ビルヌーブ監督の映画で共同脚本を務めているジョン・スペイツがパイロット版を執筆。ベネ・ゲセリットと呼ばれる、身体と精神を支配する驚くべき能力をもつ女性たちが、帝国による封建政治や陰謀を巧みにすり抜けながらある計画を進め、惑星アラキスに向かうというストーリーのようだ。ワーナー・メディアが立ち上げる新ストリーミングサービスで配信される。

(映画.com速報)

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報