知英が体重100キロに!? 主演最新作「どすこい!すけひら」映画化で変幻自在の熱演

2019年5月30日 08:00

[映画.com ニュース] 「KARA」元メンバーで女優の知英が、原案・清智英氏、作・たむら純子氏の漫画を映画化した「どすこい!すけひら」に主演することがわかった。元デブの女性が経験する、ジェットコースターのような三角関係を描くラブコメディ。体重100キロ超の女性を表現するため、知英はファットスーツを着込み撮影に臨んでいる。

大好きなチョコレートに囲まれて暮らすため、イタリアに移住したぽっちゃり体型の主人公・助平綾音(知英)。ひょんなことから事故に巻き込まれてしまい、昏睡状態から目覚めると、誰もがうらやむ“ナイスバディ”に変身していた。その後、日本に帰りエステティシャンとして人気を博すが、体重超過の過去からか恋愛には無関心で、チョコレートとゲームに没頭する日々を送っていた。しかしある日、人気アイドルの湊拓巳から食事に誘われる。淡い恋心を抱く綾音だったものの、拓巳に恋人がいることが発覚。「元デブの私なんかを好きになってくれるわけがない」と心を閉ざしてしまう。

レオン」「殺る女」など、これまで変幻自在とも言える表現力を見せてきた知英。5回目の主演を果たす今作では、特殊メイクの第一人者・江川悦子氏が手がけたファットスーツを着用し、綾音役を熱演している。「一人二役のようでそうじゃない役。ドジで、みんなから“どすこい”と呼ばれる太った綾音は、クスッと笑えるキュートな子です」と説明しつつ、「特殊メイクはとても細かな作りで、(着用に)3時間以上かかりました。季節は真夏だったので、ファットスーツを着込んでの撮影は、暑くて暑くて大変でしたが、スタッフの皆さんが一生懸命(映画を)作ってくださいました」と感謝を交えて振り返る。

さらに「痩せた綾音は中身は変わらないのに、見た目が変わり人生が一変します。綾音自身も、周囲からの“扱われ方の変化”に戸惑いが。不器用で繊細な、愛すべきキャラクターを表現しています」と語る。「自分に自信がない綾音が夢や恋の展開をきっかけに、自分自身を好きになることで、大きな壁を乗り越え仲間たちと成長していく姿が見どころ」とし、「笑いあり涙ありのラブコメディでもあり、人生のエールのような映画になってます、公開を楽しみにしてください」と呼びかけた。

なお「あのコの、トリコ。」などの新鋭・宮脇亮監督がメガホンをとっている。「どすこい!すけひら」は、11月から全国で公開。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

Powered by価格.com

関連ニュース